平田実音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ひらた みお
平田 実音
本名 平田 実音
別名義 水沢 舞
舞ちゃん
ミーオ
生年月日 (1983-06-01) 1983年6月1日
没年月日 (2016-08-05) 2016年8月5日(満33歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都港区
身長 159cm
血液型 A型
職業 タレント
女優
活動期間 1985年 - 2000年代
主な作品
ひとりでできるもん!

平田 実音(ひらた みお、1983年6月1日 - 2016年8月5日)は、日本のタレント女優[1]である。子役として活躍しその後、芸能界を引退した。

東京都港区出身。青山学院中等部・高等部青山学院大学文学部心理学科卒業[2]血液型A型。星座は双子座

経歴[編集]

  • 1985年、2歳の時にモデルとして芸能界にデビュー[3]
  • 1991年から始まった『ひとりでできるもん!』(NHK教育テレビ)で初代舞ちゃん役を担当し人気を集める[4]。同年『NHK紅白歌合戦』にもゲストとして出場[5]
  • 1994年に『ひとりでできるもん!』を卒業するが、1998年1999年にも、『ひとりでできるもん!』でお姉さん役として再出演[5]2000年、『みんなの広場だ!わんパーク』にミーオ役で出演して、司会進行を務める[5]
  • 大学進学を機に学業専念の為、芸能活動を休止[4]
  • その後は、ファミリーイベントや朗読会、手話通訳(大学では手話サークルに所属[2])などの活動をしてきたものの、程なく芸能界から引退[5][3]
  • 肝臓の具合が悪くなり入退院を繰り返していたが、2016年8月5日に自宅で倒れているのを母親に発見され、搬送先の病院で肝不全のため33歳で死去[6]8月7日に『みんなの広場だ!わんパーク』の製作に携わったという、芸能事務所ゲンプランニングの代表取締役社長、加藤元が自身のFacebookで明らかにし[7]9月1日にマスコミが報道した[8][5]

作品[編集]

シングル[編集]

  • ときめきランド(1992年) - 『ひとりでできるもん!』1992年度オープニングテーマ及びエンディングテーマ。
  • ワクワクしてる!(1993年) - 『ひとりでできるもん!』1993年度オープニングテーマ及びエンディングテーマ。
  • ソウルわんパーク[2](2000年) - 『みんなの広場だ!わんパーク』テーマソング。ミーオ名義。

出演[編集]

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “33歳の平田実音さん死去 NHK『ひとりでできるもん!』舞ちゃん役”. 夕刊フジ (産経新聞社). (2016年9月2日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160902/enn1609021200012-n1.htm 2016年10月20日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j mio”. 2007年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月30日閲覧。
  3. ^ a b “『ひとりでできるもん!』の“初代・舞ちゃん役”、平田実音さん 33歳の若さで逝く”. T-SITEニュース エンタメ (TSUTAYA). (2016年9月1日). http://top.tsite.jp/entertainment/geinou01/i/30274096/ 2016年9月30日閲覧。 
  4. ^ a b “「ひとりでできるもん!」初代・舞ちゃん役、平田実音さん死去”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2016年9月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160902/geo16090205000006-n1.html 2016年9月30日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “元子役・平田実音さん死去、33歳「ひとりでできるもん!」初代・舞ちゃん役”. スポニチアネックス. (2016年9月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/01/kiji/K20160901013273020.html 2016年9月1日閲覧。 
  6. ^ “初代「舞ちゃん」死去の報に「まだお若いのに...」 「ひとりでできるもん!」世代に衝撃”. J-CASTニュース. (2016年9月1日). http://www.j-cast.com/2016/09/01276756.html 2016年10月20日閲覧。 
  7. ^ 加藤元(ゲンプランニング代表取締役社長)の2016年8月7日の投稿 - Facebook なお、一部報道でかつてゲンプランニングに所属していたとされる内容については、この投稿に自身がコメントする形で否定している。
  8. ^ “平田実音さん死去 「ひとりでできるもん!」の舞ちゃん”. 朝日新聞. (2016年9月1日). http://www.asahi.com/articles/ASJ9143LJJ91UCFI001.html 2016年9月1日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 平田 実音”. ファイブ☆エイト. 2005年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月1日閲覧。
  10. ^ a b 高倉文紀; 小波堂; 北川昌弘; 松井俊夫; 山下剛一, 渡辺水央、「第4部 今後活躍が期待される子役美少女のみなさま」、小松克彦, オフィスK21編 『Jr.アイドルPERFECT名鑑』 ティーツー出版、1999年2月10日、144頁。ISBN 4-88749-704-0。 

参考文献[編集]

  • 高倉文紀; 小波堂; 北川昌弘; 松井俊夫; 山下剛一, 渡辺水央、小松克彦, オフィスK21編、 『Jr.アイドルPERFECT名鑑』 ティーツー出版、1999年2月10日ISBN 4-88749-704-0。 

関連項目[編集]