幾野道子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
いくのみちこ
幾野道子
本名 斉藤安紀子
生年月日 1924年10月12日(91歳)
出生地 東京府(現:東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 女優
活動期間 1939年 -
主な作品
『はたちの青春』(1946年)

幾野 道子(いくの みちこ、1924年10月12日 - )は、日本女優。本名は斉藤安紀子東京府(現東京都)出身。特技は日本舞踊

来歴・人物[編集]

1939年松竹少女歌劇団へ入団する。1945年に映画『新風』でデビューする。1946年に占領軍の指導により『はたちの青春』(5月公開)で大坂志郎と日本映画初の接吻シーンを演じた。ただし、『はたちの青春』公開に先立つ1946年1月公開の映画『ニコニコ大会 追ひつ追はれつ』において、森川信と幾野の接吻シーンがあり、こちらを日本映画初の接吻シーンのある映画とみなすむきもある[1]。いずれにせよ、「日本映画初の接吻シーンを演じた女優」ならば幾野道子となる。

1960年頃まで松竹映画に出演する。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 新風(1945年)
  • ニコニコ大会 追ひつ追はれつ(1946年)
  • 女生徒と教師(1946年)
  • はたちの青春(1946年)
  • 人生画帖(1946年)
  • 金ちゃんのマラソン選手(1946年)
  • 最後の鉄腕(1947年)
  • 処女は真珠の如く(1947年)
  • 若き日の血は燃えて(1947年)
  • シミ金の拳闘王(1947年)
  • 旅装(1948年)
  • 受胎(1948年)
  • 追跡者(1948年)
  • 五人目の目撃者(1948年)
  • 武装警官隊(1948年)
  • 緑なき島(1948年)
  • 嫉妬(1949年)
  • 美しき罰(1949年)
  • 花婿三段跳び(1949年)
  • 殺人鬼(1949年)
  • 悲恋模様 前篇東京篇(1949年)
  • 悲恋模様 後篇大阪篇(1949年)
  • 乾杯!若旦那(1951年)
  • 男の哀愁(1951年)
  • 天明太郎(1951年)
  • 天使も夢を見る(1951年)
  • 夢多き頃(1951年)
  • 適齢三人娘(1951年)
  • とんかつ大将(1952年)
  • 紅扇(1952年)
  • 伊豆の艶歌師(1952年)
  • 黄色い鞄(1952年)
  • 女のいのち (1952年)
  • 母の山脈(1952年)
  • 新婚の夢(1952年)
  • 坊ちゃん重役(1952年)
  • うず潮(1952年)
  • 明日は月給日(1952年)
  • 若奥様一番勝負(1952年)
  • 関白マダム(1953年)
  • 花吹く風(1953年)
  • 嫁の立場(1953年)
  • ぶらりひょうたん シミ抜き人生(1953年)
  • 美貌と罪(1953年)
  • 女学生の手帳 乙女のめざめ(1953年)
  • 天馬往来(1953年)
  • 朝霧(1953年)
  • 別離(1954年)
  • 裸形家族(1954年)
  • 忠臣蔵 花の巻、雪の巻(1954年)
  • 風雲日月双紙(1955年)
  • 新婚白書(1955年)
  • 燃ゆる限り(1955年)
  • 父と子と母(1956年)
  • 続二等兵物語 五里霧中の巻(1956年)
  • 次男坊故郷へ行く(1956年)
  • 楽天夫人(1956年)
  • 続二等兵物語 南方孤島の巻(1956年)
  • この女に手を出すな(1956年)
  • 漫才学校 ゴリラ大暴れ(1956年)
  • 婦警日誌 婦人科医の告白(1957年)
  • 娘三羽烏(1957年)
  • 黒い花粉(1958年)
  • 現代無宿(1958年)
  • 巌流島前夜(1959年)
  • 波の塔(1960年)
  • 青年の樹(1977年)

テレビドラマ[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]