広井王子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

広井 王子(ひろい おうじ、本名:廣井 照久(ひろい てるひさ)、1954年2月8日 - )は漫画アニメテレビゲームなどの原作を手掛けるマルチクリエイター、舞台演出家レッド・エンタテインメント顧問、金沢工業大学客員教授、ネクスト・メディア・アニメーションCCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)[1]
著名な作品は、『サクラ大戦シリーズ』・『魔神英雄伝ワタルシリーズ』。

来歴[編集]

東京都出身。立教中学校、現・立教高等学校卒業、立教大学法学部中退(3年次、なお、当人は単位不足を理由としている)。

幼少〜学生時代
実家は自営業。親はある日店を休みにして、従業員の皆で旅行に出かけることにした。そこで広井が学校はどうするのか、と訊いたところ「学校がお前に飯を食わせているのか」と叱りつけ同行させたという。ガキ大将の子分だった際、鉄くずを集めて換金し、駄菓子を買ったがその取り分でもめた経験がある。高校時代には映画にはまり、映画監督を志していたこともある。
付き人時代
かつては、俳優である森本レオの付き人をしていた。
マルチクリエーターへ
食玩・オマケ『ネクロスの要塞』の企画をきっかけに、『魔神英雄伝ワタル』でアニメのプロデュースを手がけ業界でその名を知られるようになる。その後、同作のゲーム関連のスポンサーだったハドソンからのオファーを受け、北海道に遊びに行ったところ、突然ハドソン社内に軟禁状態にされ、集中的にゲームについて教え込まれ、そのまま『天外魔境』の制作の仕事になだれ込んだというエピソードがある。
PCエンジンで発売された『天外魔境 ZIRIA』および『天外魔境II 卍MARU』がヒットした事で、これ以降ゲームの著名プロデューサーの一人となる。21世紀突入以降はゲーム開発者がメディアに登場することはそう珍しいことではないが、制作者が積極的に顔出しをするようになった流れを作った一人である。
その他
ラジオ番組広井王子のマルチ天国』『広井王子のマルチ天丼』『広井王子のマル天チャチャチャ!』『広井王子のマル天ミックス!』でパーソナリティを務めた。週刊ファミ通にて『Agean(エイジアン)1927極東より』を連載。
2010年10月、AKB48・チームKキャプテンの秋元才加との“お泊りデート”を週刊文春に報じられ、秋元はキャプテンを引責辞任する騒動になった(のち復帰)。これについてはブログで「そんな関係じゃない。いくら何でも56歳のジジイとデートじゃ彼女がかわいそうだ」と否定[2]。「今をときめくAKB48のメンバーと仕事をしているという自覚が足りなかった」と謝罪している。

人物[編集]

親交
さくまあきらとは同じ大学であることから親交があり、さくまあきらのブログなどでも、たびたび取り上げられている。さくまとは大学の同学年にあたるが、さくまは業界の先輩にあたることから、広井がさくまのことを先輩と呼んでいた。
声優との付き合い
数々の声優とパイプが太い事でも知られる。特に横山智佐とは関わった作品の殆どで、ヒロインに据えており縁が深い。スタッフや出演者に対する厳しさは半端ではなく、挨拶しないスタッフを殴ったこともあったという。また、ラジオやコラムなどでは、辛口で舌鋒の鋭さで知られる。
サクラ大戦
サクラ大戦』シリーズのCDを発売しているavex modeCCCD導入に踏み切った事に対して、「ゲーム機で再生出来ないゲーム関連のCDを出すとは何事か」と批判し、CCCDを強要する事態になれば原盤権をエイベックスから引き上げる旨の発言まで行い、その影響からか、『サクラ大戦』のCDに関しては当初から特例でCCCD採用が見送られていた。
サクラ大戦歌謡ショウ』では掃除人・広井、講談社マガジンイーノ』に連載中の『サクラ大戦 漫画版第二部』では、歌劇団の掃除人兼華撃団の整備士役として出演している。また、サクラ大戦歌謡ショウの舞台裏では石狩鍋などの鍋ものを作っており、花組カメラに時折その様子が映っている。

作品[編集]

アニメ[編集]

作品名 製作 担当
魔神英雄伝ワタル(1988年 - 1989年)(デビュー作品) サンライズ 原作
真 魔神英雄伝ワタル(1989年) サンライズ 原作
魔動王グランゾート(1989年 - 1990年) サンライズ 原作
桃太郎伝説(1989年 - 1991年) KNACK コンセプトプランナー
魔動王グランゾート 最後のマジカル大戦(1990年) サンライズ 原作
魔神英雄伝ワタル2(1990年 - 1991年) サンライズ 原作
ゲンジ通信あげだま(1991年 - 1992年) ぎゃろっぷ 設定
魔動王グランゾート 冒険編(1992年) サンライズ 原作
魔神英雄伝ワタル 終わりなき時の物語(1993年 - 1994年) サンライズ 原作
空想科学世界ガリバーボーイ(1995年) 東映アニメーション 原作
超魔神英雄伝ワタル(1997年 - 1998年) サンライズ 原作
サクラ大戦 桜華絢爛(1997年 - 1998年) RADIX 原作
聖少女艦隊バージンフリート(1998年) AIC 原作・総指揮
サクラ大戦 轟華絢爛(1999年 - 2000年) RADIX 原作
サクラ大戦TV(2000年) MADHOUSE 原作
サクラ大戦 活動写真(2001年) Production I.G 原作
サクラ大戦 神崎すみれ 引退記念 す・み・れ(2002年) RADIX 原作・総監督
サクラ大戦 エコール・ド・巴里(2003年) RADIX 原作・総監督
機動新撰組 萌えよ剣 (OVA)(2003年 - 2004年) ピクチャーマジック 原作
北へ。〜Diamond Dust Drops〜(2004年) スタジオディーン 原作
サクラ大戦 ル・ヌーヴォー・巴里(2004年 - 2005年) RADIX 原作
機動新撰組 萌えよ剣 (TV)(2005年) ピクチャーマジック 原作
サクラ大戦 ニューヨーク・紐育(2007年) AIC 原作
マッドボックスゾンビーズ(2013年) Next Media Animation Japan エグゼクティブディレクター

特撮[編集]

ゲーム[編集]

作品名 製作 担当
天外魔境シリーズ(1989年 - 2006年) ハドソン 企画・原案
空想科学世界ガリバーボーイ(1995年 - 1996年) ハドソンバンダイ 原作
サクラ大戦シリーズ(1996年 - 現在) セガゲームス 総合プロデューサー
火星物語(1998年) アスキー プロデューサー
火魅子伝 〜恋解〜(1999年) 博報堂 プロデューサー
北へ。(1999年 - 2004年) ハドソン 企画・原作・総合プロデュース
機動新撰組 萌えよ剣(2002年) エンターブレイン 原作・総監督
十三支演義 〜偃月三国伝〜(2012年) オトメイト×レッド・エンタテインメント ストーリー原案[3]

漫画[編集]

著書[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 春のドラマスペシャル 運命の逆転(1992年、TBS) - 構成協力

ミュージカル[編集]

  • AKB歌劇団「∞・Infinity」 - 企画・構成・演出(2009年10月30日 - 11月8日)
  • ミュージカル「ミンキーモモ 鏡の国のプリンセス」 - 脚本・作詞(2010年4月29日 - 5月5日 池袋サンシャイン劇場)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ネクスト・メディア・アニメーション経営陣紹介
  2. ^ 広井氏謝罪「秋元才加がかわいそう」 サンケイスポーツ2010年10月15日(iza!アーカイブ)
  3. ^ 「十三支演義 ~偃月三国伝~」ティザーサイト 公開!”. 十三支演義 〜偃月三国伝〜. 2011年7月20日閲覧。

関連項目[編集]