広瀬みさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

広瀬 みさ(ひろせ みさ、1944年4月1日 - )は、昭和時代の日本の歌手映画テレビ女優

略歴[編集]

神奈川県横浜市出身。1962年、横浜学園高等学校を卒業後、大映第15期ニューフェースとして大映演技研究所で学び、1964年日本テレビ『ダイヤル110番・死のダイビング』で主役に抜擢されデビューした。それに先立つ1963年10月には、コロムビアレコードと専属歌手契約をし『甘い夢』[1](浜口庫之助作曲)で歌手デビューした。ただし、歌手活動は1967年にコロムビアとの契約が切れるまでの数年間のみで、1964年から1969年に結婚引退するまでの間は、女優としてテレビと映画を中心に活躍した。テレビでは竜雷太主演の『でっかい青春』にヒロインの女教師、高見紀美役に抜擢されたほか数多くのドラマにレギュラー出演した。初舞台は、1968年3月の『黒蜥蜴』。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 野郎に国境はない(1965年11月13日、日活)- 山内康子
  • 殴り込み関東政(1965年12月18日、日活)
  • 黒い賭博師 悪魔の左手執炎(1966年1月27日、日活) - 春野うらら
  • 大空に乾杯(1966年2月25日、日活)- 工藤冴子(全日空スチュワーデス・教官)
  • 放浪のうた(1966年6月15日、日活)- 近江杉子
  • 命しらずのあいつ(1967年4月8日、日活)- 武原美津子
  • 恋のメキシカンロック 恋と夢の冒険(1967年8月19日、松竹
  • 黄金の野郎ども(1967年12月23日、日活)- かおる

テレビドラマ[編集]

テレビ音楽番組[編集]

レコード[編集]

  • 甘い夢 コロムビア(1963年)
  • いつも二人で歩く街(梶光夫とのデュエット)コロムビアSAS-376(1964年10月)

参考文献[編集]

  • 『日本映画俳優全集・女優編』(キネマ旬報社、1980年12月)
  • 「週刊TVガイド」(東京ニュース通信社)

脚注[編集]

  1. ^ レコード・ジャケットでは『広瀬美砂』名義のクレジットになっている。