度会博文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
度会 博文
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県船橋市
生年月日 (1972-01-26) 1972年1月26日(45歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手外野手
プロ入り 1993年 ドラフト3位
初出場 1998年4月3日
最終出場 2008年10月12日(引退試合)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 東京ヤクルトスワローズ (2009 - 2012)

度会 博文(わたらい ひろぶみ、1972年1月26日 - )は、千葉県船橋市出身の元プロ野球選手内野手外野手)。

ポジションは内野手だが、投手捕手以外の全てのポジションを守れるユーティリティープレイヤーとして活躍した。

来歴・人物[編集]

八千代松陰高校から中央学院大学を経て、大学2年から頭角を現し始め、首位打者3回など、数々のタイトルを手中に収める。1993年、ドラフト3位でヤクルトに入団。明治神宮外苑で草野球をしていたところ、片岡宏雄スカウトの目に留まり入団に至った[1]

入団後4年間は一軍での起用はなかったが、1996年1997年と2年続けて二軍で3割以上を打つ活躍を見せていた。翌1998年には手薄な内野陣の中、8番三塁で開幕スタメンに抜擢されるなど、レギュラーを奪うかに見えたが、宮本慎也の復帰で1番一塁に回されるなど、スタメン定着には至らなかった。

1999年は一軍では打撃不振で、二軍中心のシーズンとなる。この年は.357で、二軍の首位打者のタイトルを獲得。その後は主に代打として活躍。また守れるポジションが多いため、緊急事態に備えて一軍ベンチに置かれることも多かった。二軍の試合に出場する事もあるが、流石に二軍では力が上で、1996年以降3割を切ったシーズンは2003年の一度だけである。

一軍ではレギュラーを奪取する事は最後までなかったが、2006年には非常に高い代打率を残し高い打撃技術を見せた。また同年は右の代打の切り札であった土橋勝征が引退したため、度会がその任を受け継ぐ形になり、主に左投手相手に起用された。2008年9月29日現役引退を発表。神宮球場の最終戦で、同年限りで引退する真中満小野公誠河端龍と共に引退セレモニーが行われた。最終打席はレフトフライ。

2016年現在、ヤクルト球団広報を務めている。

エピソード[編集]

いつもニコニコと笑顔を絶やさずチームを元気付けるムードメーカーである。古田敦也元選手兼任監督からの信頼も厚かった。

古田敦也のブログによると、お勧めの映画は「ショーシャンクの空に」である。実は度会は一度も見たことが無いらしい。受けが良いので適当に口にしていたところ、ストーリーが分かってきたそうである。

テレビのボウリング大会で、ヤクルト選手の代表として宮本慎也と共に出場し、何と度会がMVPを受賞したが、宮本が「度会じゃキャラが薄い。本当はテレビ局的にも他の有名選手に上げたかったんでしょうね」と冷やかしていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 ヤクルト 85 227 205 26 54 9 0 4 75 12 1 1 8 1 12 2 1 32 4 .263 .306 .366 .672
1999 19 41 38 3 8 0 0 0 8 2 0 0 1 0 2 1 0 4 1 .211 .250 .211 .461
2000 60 61 53 8 14 2 1 0 18 4 0 0 5 0 3 0 0 10 1 .264 .304 .340 .644
2001 53 53 49 11 15 5 0 1 23 8 1 0 3 0 0 0 0 4 0 .306 .306 .469 .775
2002 72 89 83 6 18 4 0 2 28 9 0 0 1 0 5 0 0 16 3 .217 .261 .337 .598
2003 39 45 40 8 12 3 0 2 21 4 0 1 2 0 3 1 0 8 1 .300 .349 .525 .874
2004 56 64 60 1 17 4 0 0 21 11 0 1 0 1 2 0 1 14 1 .283 .313 .350 .663
2005 45 64 60 1 7 1 0 0 8 0 0 1 3 0 1 0 0 10 0 .117 .131 .133 .264
2006 27 31 28 3 10 2 0 0 12 3 0 0 1 0 2 0 0 4 1 .357 .400 .429 .829
2007 68 95 88 9 18 4 0 0 22 8 0 0 6 1 0 0 0 16 1 .205 .202 .250 .452
2008 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:11年 527 772 707 76 173 34 1 9 236 61 2 4 30 3 30 4 2 119 13 .245 .276 .334 .610

記録[編集]

背番号[編集]

  • 47 (1994年 - 2000年)
  • 4 (2001年 - 2008年)
  • 83 (2009年 - 2012年)

脚注[編集]

  1. ^ トータルテンボス・藤田が夏の甲子園を“総括””. 東京スポーツ. 2014年8月31日閲覧。

関連項目[編集]