式亭三馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
国文学名家肖像集

式亭三馬(しきていさんば、安永5年(1776年) - 文政5年閏1月6日1822年2月27日))は、江戸時代後期の地本作家で薬屋、浮世絵師滑稽本浮世風呂』『浮世床』などで知られる。名は菊地泰輔、字は久徳。通称は西宮太助。戯号は四季山人・本町庵・遊戯堂・洒落斎(しゃらくさい)など。名が久徳で字が泰輔とする文献もある[1]

生涯[編集]

浅草田原町(現・東京都台東区雷門一丁目)の家主で版木師、菊地茂兵衛の長男に生まれた。晴雲堂と号する父は、後に三馬の作品の版木を彫った。祖先は八丈島の神官だったと言う。

幼少の頃から読書を好いたと、成人後に回想している。

天明4年(1784年)8歳から、寛政4年(1792年)16歳まで、本石町(現・中央区日本橋本石町)の地本問屋翫月堂掘野屋仁兵衛方に住み込み、出版界の事情を知った。父が版木師で奉公先が版元……、戯作者へと歩み、寛政6年18歳のとき、黄表紙『天道浮世出星操』などを、親友の春松軒西宮新六から初出版した。平賀源内・芝全交・山東京伝を慕った。

寛政9年(1797年)頃、本屋の蘭香堂万屋太治右衛門の婿養子となり、作家と出版屋を兼業した。寛政11年に出した『侠太平記向鉢巻』で火消人足らが騒ぎ、処罰され、翌年は新刊を出せなかったものの、名は広まった。妻が亡くなって文化3年(1806年)万屋を去り、古本屋を開き、戯作に励んだ。

故掘野屋仁兵衛の娘を後妻に迎えた。文化6年の『浮世風呂』がヒットした。文化9年、一子虎之助(式亭小三馬)を得た。

古本屋をやめ、文化7年(1810年)(34歳)から売薬の販売製造を始めた。著書で薬を宣伝し、薬の客が読者にもなり、暮らしが豊かになった。酒に親しんだ。前からの病弱が募った。そして書き続けた。三馬は戯作の執筆をする傍ら、自ら肉筆浮世絵も描いている。代表作として「三味線を持つ芸妓図」が挙げられる。本図は、立てた三味線を持つ大島田の芸妓が、片膝を立てて振向いている様子を描いており、自画賛を入れている。

文政5年(1822年)に没した。享年47。歓誉喜楽奏天信士。深川の雲光院寺中の長源寺(現・江東区三好二丁目)に葬ったが、関東大震災後の大正15年(1926年)、墓は碑文谷(現・東京都目黒区碑文谷一丁目)の正泉寺に改葬され、現存する。

著作には古典の翻案や既存作品の模倣・剽窃が混ざるにせよ、多作だった。黄表紙から書き始め、洒落本・合巻・滑稽本・読本と、当時の作家がそうだったように、いろいろな形式の地本を書き、主題も郭咄・仇討ち・武勇伝・歌舞伎もの・狂歌と広範囲だったが、中でも江戸庶民の日常を描いた滑稽本類が評価されている。短気ながら親分肌の人柄で、為永春水・楽亭馬笑・古今亭三鳥・益亭三友らを門弟にした。

なお、1806年の『雷太郎強悪物語』が合巻の始まりとは、三馬の自己宣伝で、先発があったと言う[2]

作品抄[編集]

詳細な著作目録は、たとえば本田康雄『式亭三馬の文芸』(笠間書院 1973)に載っている。以下では『近年の復刻・改版』の項の本に載る作品に限って、初出を列記する。

行の冒頭の (A) または (B) は、『近年の復刻・改版』の項の、それぞれ『式亭三馬集』全4巻(本邦書籍 古典叢書、1989)と棚橋正博校訂『式亭三馬集』(国書刊行会 叢書江戸文庫、1992)に収録されていることを意味する。

  • (A)(B)歌川豊国画『天道浮世出星操』寛政6年(1794)(黄表紙)西宮新六
  • (B) 歌川豊国画『人間一心覗替操』寛政6年(黄表紙)西宮新六版
  • 喜多川歌麿『辰巳婦言』寛政10年(1798)(洒落本)西宮新六版
  • 北尾重政画『侠太平記向鉢巻』寛政11年(1799)(黄表紙)西宮新六版
  • 式亭三馬画『稗史億説年代記』享和2年(1802)(黄表紙)西宮新六版
  • (B) 『麻疹戯言』享和3年(1803)(滑稽本)万屋太治右衛門版
  • (A) 『送麻疹神表』享和3年(滑稽本)
  • 勝川春英・歌川豊国画『戯場訓蒙図彙 巻1-8』享和3年(歌舞伎の解説書)万屋太治右衛門・西宮太助版
  • (A) 『狂言綺語』文化元年(1804)(滑稽本)万屋太治右衛門版
  • (A) 勝川春喬画『船頭深話』文化3年(1806)(洒落本)
  • (A) 歌川豊国画『酩酊気質』文化3年(滑稽本)上総屋佐助版
  • 歌川国直画『戯場粋言幕の外』文化3年(滑稽本)
  • 歌川豊国画『小野篁嘘字尽』、文化3年(滑稽本)上総屋中助版
  • (A) 歌川豊国画『敵討宿六始』文化5年(1808)(合巻)西宮新六版
  • (A) 歌川国貞画『吃又平名画助刃』文化5年(合巻)西村源六・西宮新六版
  • (A) 勝川春亭画『難有孝行娘』文化5年(合巻)森屋治兵衛
  • (A) 勝川春亭画『玉藻前三国伝記』文化5年(合巻)森屋治兵衛版
  • 歌川豊国画『鬼児島名誉仇討』文化5年(合巻)西宮新六版
  • (A) 北川美丸画『浮世風呂 初編』文化6年(1809)(滑稽本)西村源六・石渡平八版
  • (A) 歌川豊国画『冠辞筑紫不知火』文化7年(1810)(合巻) 鶴屋喜右衛門
  • (A)(B) 歌川国満画『腕雕一心命』文化7年(合巻)鶴屋金助
  • (A) 歌川国貞画『大尽舞花街濫觴』文化7年(読本)鶴屋金助版
  • (A) 北川美丸画『浮世風呂 第2編』文化7年(滑稽本)西村源六・石渡金助・石渡平助版
  • (A)(B) 歌川豊国画『早替胸からくり』文化7年(滑稽本)西村源六・石渡金助・石渡平助版
  • (B) 歌川国貞画『当世七癖上戸』文化7年(滑稽本)西村源六・西宮弥兵衛・西宮平兵衛合板版
  • 北川美丸画『腹之内戯作種本』文化8年(1811)(黄表紙)鶴屋喜右衛門版
  • (A) 楽亭馬笑と合作、歌川国直・喜多川歌麿画『狂言田舎操』、文化8年(滑稽本)西村屋源六・三木屋喜左右衛門版
  • (A) 歌川国直画『浮世風呂 第3編』文化8年(滑稽本)西村源六・石渡利助版
  • (A) 歌川国貞画『三芝居客者評判記』文化8年(滑稽本)鶴屋金助版
  • (A)(B) 歌川国直画『忠臣蔵偏癡気論』文化9年(1812)(滑稽本)鶴屋金助版
  • (A) 歌川国直画『四十八癖 初編』文化9年(滑稽本)鶴屋金助版
  • (A)(B) 歌川豊国画『一盃綺言』文化9年(滑稽本)津村三郎兵衛・西宮平兵衛・石渡利助版
  • (A) 歌川国直画『浮世風呂 第3編』文化10年(1813)(滑稽本)
  • (A) 『田舎芝居忠臣蔵 初編』文化10年(滑稽本)鶴屋金助版
  • (A) 歌川国直画『浮世風呂 4編』文化10年(滑稽本)
  • (A) 歌川国直画『浮世床 初編』文化10年(滑稽本)鶴屋金助・柏屋半蔵版
  • (A) 歌川国直画『四十八癖 第2編』文化10年(滑稽本)鶴屋金助版
  • (A) 歌川国貞画『日高川清姫物語』文化10年(合巻)鶴屋喜右衛門版
  • (A) 歌川国直画『浮世床 第2編』文化11年(1814)(滑稽本)鶴屋金助・柏屋半蔵版
  • (A)(B) 歌川国直画『古今百馬鹿』文化11年(滑稽本)蔦屋重三郎(2代目)・越前屋吉兵衛・山崎平八板
  • (A)(B) 歌川国直画『人心覗からくり』文化11年(滑稽本)西村与八・山崎平八・天満喜平・鶴屋長次ほか版
  • (A) 歌川国直画『素人狂言紋切形』文化11年(滑稽本)山青堂版
  • (A) 歌川国直画『田舎芝居忠臣蔵 後編』文化11年(滑稽本)鶴屋金助版
  • (A) 『女房気質異赤縄』文化12年(1815)(合巻)西宮新六版
  • (A) 歌川国貞画『艶容歌妓結』文化14年(1817)(合巻)西宮新六版
  • (A) 柳川重信画『契情畸人伝』文化14年(合巻)森屋次兵衛版
  • (A) 柳川重信画『四十八癖 第3編』文化14年(滑稽本)鶴屋金助版
  • (A) 『大千世界楽屋探』文化14年(滑稽本)鶴屋金助版
  • 『大全一筆啓上』文化14年(文例集)
  • (A) 歌川美丸画『四十八癖 第4編』文政元年(1818)(滑稽本)鶴屋金助版
没後
  • (A) 歌川豊国画『坂東太郎強盗譚 初編』文政7年(1824)(合巻)西宮新六版
  • (A) 歌川豊国画『坂東太郎強盗譚 中編』文政8年(1825)(合巻)西宮新六版
  • (A) 歌川国貞・二代目北尾重政画『雲竜九郎倫盗伝 1、第2編』文政10年(1827)(合巻)西宮新六版
  • (A) 渓斎栄泉・歌川国貞画『潮来婦志』天保元年(1830)(洒落本)

肉筆浮世絵[編集]

近年の復刻・改版[編集]

  • (A)『式亭三馬集 全4巻』本邦書籍 古典叢書(1989)
  • (B)棚橋正博校訂『式亭三馬集』国書刊行会 叢書江戸文庫(1992)
  • 八巻俊雄編『狂言綺語』星雲社 江戸の名コピー集2(2010)
  • 中村正明編『草双紙研究資料叢書 8』クレス出版(2006)(『稗史億説年代記』『腹之内戯作種本』を収録)
  • 国立劇場調査養成部芸能調査室編『戯場訓蒙図彙』(電子図書)日本芸術文化振興会(2001)
  • 朝倉治彦監修『訓蒙図彙集成 22』大空社(2000 (『戯場訓蒙図彙』を収録)
  • 神保五弥ほか校注・訳『新編日本古典文学全集80』小学館(2000)(『酩酊気質』『浮世床』を収録)
  • 石川松太郎監修『往来物大系 17』大空社(1993)(『小野篁嘘字尽』を収録)
  • 石川松太郎監修『往来物大系 28』大空社(1993)(『大全一筆啓上』を収録)
  • 『小野篁嘘字尽太平書屋 太平文庫(1993)
  • 神保五弥校注『新日本古典文学大系』岩波書店(1989)(『浮世風呂』『戯場粋言幕の外』『大千世界楽屋探』
  • 『腹之内戯作種本』河出書房新社 江戸戯作文庫(1987)
  • 洒落本大成編集委員会編『洒落本大成 28』中央公論新社(1987)(『潮来婦志』を収録)
  • 『鬼児島名誉仇討』河出書房新社 江戸戯作文庫(1985)
  • 小池正胤編『江戸の戯作(パロディー)絵本4』社会思想社 現代教養文庫(1983)(『侠太平記向鉢巻』『稗史億説年代記』を収録)
  • 本田康雄校注『浮世床』『四十八癖』新潮社 新潮日本古典集成(1982)
  • 『洒落本大成 17』中央公論新社(1982)(『辰巳婦言』を収録)

脚注[編集]

  1. ^ 棚橋正博:『式亭三馬』新装版、ぺりかん社(2007)p.2
  2. ^ 鈴木敏夫:『江戸の本屋(上)』、中公新書(1980)p.163 ほか

出典[編集]