御府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

御府(ぎょふ)とは、皇居吹上御苑の南端にある木造倉庫群を総称した呼び名である。

概要[編集]

「朕が子々孫々に至るまで、永く保存して忠勇なる陸海軍の功績を不朽に伝ふ」[1]ために建てられた施設で、大日本帝国が参戦した戦争の戦利品や記念品、また戦没者の名簿が納められていた。

第二次世界大戦後は廃止され、戦利品は関係各国に返還された。一部は破却・移築されたものの現在も倉庫として利用されており、天皇の所有物や宮中儀式の用具が保管されている。現倉庫群は吹上御苑内にあるため一般には公開されていないが、一部移築された建築物(懐遠府本館(現・諏訪の茶屋)及び建安府模型置場(現・那須町民俗資料館))は役割を変えた上で一般に公開されている。

施設[編集]

戦争毎に五つの施設に分かれていた。

振天府 (日清戦争[編集]

振天府

日清戦争、征台の役がおわったのち、明治天皇が忠勇な日本陸海将士の勲功を保存しようという聖旨により開戦後奉献された戦利品をおさめ、戦死諸勇士の肖像をあつめ、その姓名を勒して陳列し、これを振天府と命名した。中央に東西82尺、南北20余尺の本館と、その西、廊をへだててわずか2間余の御休所からなる。本館正面楣上には、小松宮彰仁親王が勅を奉じて書いた府の題額がかかげられ、館内南側には海軍戦利品を、北側には陸軍戦利品をそれぞれ戦闘の順番によって陳列され、御休所の床には広島大本営の図がかけられ、柱の時計にも1吊(つり)の花生もともに広島駐輦中玉輦の側ちかくに使用したもの、なかでもその花瓶は一名「四兵の御花生」といい、歩、騎、砲、工4兵科の武器の一片ずつをあわせて、天皇がしたしく考案して従軍将士の労苦を日夕あわれんだ記念の品であった。なお、御休所の北に、参考室があり、ここに有栖川宮熾仁親王北白川宮能久親王以下、陣没陸海両軍将校の写真をかかげ、室内3段の棚には戦病死将卒1万626人の姓名を録した十数巻の巻物が安置されていた。またべつに鹵簿の大砲をおさめた砲舎があり、庭上には清国兵が威海衛の海軍公署にたてた帆檣、敵艦定遠号の水雷防御鉄網、金州城永安門の門扉等が配置されていた。府の設計意匠はもちろん、凡百の列品の陳列にいたるまで、ことごとく天皇の案に出て、将士の写真を額面にはさむまでてづからおこなったとつたえる。また、有光亭(ゆうこうてい)という、日清戦争威海衛戦の鹵簿品をもって構築された建造物が振天府参考室の西にあった。四阿つくりで、きわめて淡雅で、その梁柱は清国兵が港口に沈置した防材をもちい、周壁は敵の砲台にあった砲門上の石額で築かれ、楣上にかかげられた額は有栖川宮威仁親王が勅命を奉じて揮毫したもので、背面に文事秘書官股野琢撰有光の亭記がしたためられていた。

懐遠府(義和団の乱[編集]

諏訪の茶屋(旧懐遠府)

霜錦亭の北にあった。明治天皇が、明治33年義和団の乱平定ののち、日本将士の勲労をつたえようという叡旨によって、戦利品をおさめ、陣没将卒の肖像と名簿を保管するために造営された。昭和43年に皇居東御苑に移設され、諏訪の茶屋として一般公開されている。

建安府(日露戦争[編集]

建安府

日露戦争ののち、明治天皇が忠勇な日本将士の英烈をつたえようという聖旨にもとづき考案して造営し、勅を閑院宮載仁親王にくだして、題額を揮毫させた。中央本館は東西65尺、南北26尺、南面してたてられ、海陸両軍の戦利品をおさめた。前庭西側に曲廊を架して、これに連続する2階建ての右翼陳列所には戦病将卒の写真、姓名録、ならびに日本軍が使用した小型武器、被服等がおさめられ、のちに当時出征した後備歩兵聯隊にさずけられた軍旗50余が追加陳列された。このほかに、御休所一宇、模型置場一宇、日本軍使用の大型武器を陳列した一宇、戦利に属する大型武器を陸海両軍にわかって格納されていた二宇の舎屋があった。模型置場は1973年11月に、栃木県那須郡那須町に払い下げられ、同町大字寺子丙3-13に移築・復元の上、1974年11月1日から那須町民俗資料館として使用・公開されている[2]。左翼側には唐碑亭があり、内部には旅順黄金山(現・中華人民共和国遼寧省大連市旅順口区)から日露戦争の戦利品として持ち出された鴻臚井が現在も安置される。中華人民共和国の一部の民間団体からは同碑の返還を求める行動が提起されているが実現には至っていない。

旧収蔵品の一部である旅順港閉塞作戦にて使用された日本海軍在籍の朝顔丸の船首像は、1948年に御府から海技専門学院(現・海技大学校)に譲渡され、さらに神戸大学に引き継がれ、現在同大学の海事博物館に保管・展示されている[3]

惇明府(第一次世界大戦[編集]

惇明府

建安府の西にあり、大正3、4年日独戦争終了後、大正天皇が日本兵がイギリス軍と力をあわせ、青島を包囲してこれをやぶったときの戦利品を保存しようという叡旨により、明治天皇の振天、懐安などの諸府の制にならって造営したもので、題額は東伏見宮依仁親王が勅を奉じて揮毫したものである。

顕忠府(日中戦争[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「振天府」勅額の裏の明治天皇の言葉を刻んだ文言より
  2. ^ 那須町民俗資料館 - 那須町公式ホームページ』那須町ホームページ
  3. ^ 朝顔丸船首像 - 神戸大学海事博物館資料情報』神戸大学海事博物館ホームページ

関連項目[編集]