戸井十月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

戸井 十月(とい じゅうがつ、1948年10月12日 - 2013年7月28日)は、日本作家、ルポライター、映像ディレクター。factory喜望峰(株式会社 喜望峰)所属。

略歴[編集]

東京都新宿区生まれ。本名も同じ。父は画家で、秩父事件研究の第一人者である戸井昌造。妻はイラストレーターの中村鈴子。母の妹の夫(義理の叔父)に俳優西村晃がいる[1]

父の影響で画家を志し武蔵野美術大学に入学するが、学生運動に傾倒し中退。イラストレーター、ルポライターを経て作家となる。暴走族の取材をきっかけに32歳でバイクの免許を取得して以来、南米を中心に50カ国以上、25万kmを越える距離を走破している。また、メキシコバハ・カリフォルニア半島で行われるラリーレイド「バハ1000」(Baja1000)に日本人として最多出場の経歴も持つ。世界の五大陸をバイクで走破する「五大陸走破行」を実行、2009年11月完了した。また、フィリピン残留日本兵についての番組を制作し、ATP賞テレビグランプリのドキュメンタリー部門優秀賞を受賞したこともある。

少年時代より水木しげるファンであり、彼と妻布枝に対して取材を行った。

近年は、がん転移。闘病生活が続いていた。

  • 1967年 東京都立広尾高校卒業
  • 1970年 武蔵野美術大学中退
  • 1975年 フリーライター集団『プレス75』を結成 (1980年解散)
  • 1983年 北米大陸をバイクで縦横断
  • 1986年 バイクでシルクロードを走破
  • 1987年 バイクで北南米大陸縦断(-1988年2月)
  • 1988年 バイクでカリブ海の島々(ドミニカ、キューバ等)を縦走
  • 1990年 バイク、四輪で南米大陸一周の旅
  • 1993年 チャーター便で、フィジー諸島を巡る旅
  • 1995年 『ラリー・レイド・モンゴル』参加
  • 1997年 モハメド・アリ取材
  • 2002年 キューバ取材(フィデル・カストロ議長と会う)
  • 2013年7月28日、東京・聖路加国際病院にて肺がんで死去[2]

作品[編集]

ノンフィクション[編集]

  • 冒険スポーツ入門 ベストセラーズ 1977
  • 旗とポスター 戸井十月デザインノート 晶文社 1978.3
  • 硬派れ <落ちこぼれ>が天下をとる! かんき出版 1979.7
  • スポーティングライフ入門 晶文社 1979.7
  • シャコタン・ブギ 暴走族女リーダーの青春 角川書店 1980 のち文庫
  • セイリング 俺たちは走るために生まれてきた 戸井十月対論集 八曜社 1981.3
  • 十中八九は御乱心 宇崎竜童共著 八曜社 1981.11
  • デッドエンドジルバ 夜の少年夏の少女 サンマーク出版 1982.9
  • 往く道は、風 北米大陸横縦断バイク一万四千キロ 角川書店 1983.10
  • マグナム・ハイウェイ ハードボイルド旅行ノート 現代出版 1984.6
  • 冒険王 路地から世界ヘ 講談社 1985.7
  • 熱風街道10000粁 フロム・エー編集部共著 リクルート出版部 1986.10
  • 戸井十月「健康」術・気持いい体がほしい 晶文社 1987.5
  • 風大陸 北南米大陸縦断バイクの旅 田口信治写真 読売新聞社 1988.3
  • 『陽と風の道標~北南米大陸横断3万キロ』(写真:田口信治、講談社、1989)
  • 荒野から 男をみがく冒険旅行のすすめ スコラ 1989.12
  • 熱き風の彼方へ 荒野からの伝言 PHP研究所 1989.3
  • 旅の空、遠い声 PHP研究所 1992.12
  • エルドラドへの道 朝日新聞社 1992.7
  • 南の貌 南米大陸一周の旅より 平塚隆写真 第三書館 1994.2
  • 『Fiji~南の島の物語~』(小学館、1995)
  • 『旅人に訊け』(晶文社、1995)
  • 『世界で一番贅沢な旅』(小学館 1999)
  • 『越境記 五大陸走破行全記録<1>』(B.R.サーカス社、1999)
  • 『ロシナンテの肋 ~チェ・ゲバラの遥かな旅』(集英社、2000)『チェ・ゲバラの遥かな旅』文庫
  • 『52歳、駆け抜けたアフリカ 越境記2 五大陸バイク走破行第3弾』(新潮社、2001)
  • 『それでも世界は美しい』(アミューズブックス、2002)
  • カストロ、銅像なき権力者』(新潮社、2003)
  • 『「一宿一飯」地の果てまで』(講談社+α文庫、2003)
  • 小野田寛郎の終わらない戦い』(新潮社、2005)
  • 『遙かなるゲバラの大地』(新潮社、2006)
  • 植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」』(単行本 小学館、2007、文庫 小学館 2010)
  • ゲバラ最期の時 集英社 2009.1

小説[編集]

  • 『爆裂都市』ロックンロールフィルム・ブック 石井聡亙共編著 八曜社 1982.3
  • 爆裂都市 長篇バイオレンス 徳間書店 1982.2
  • 超人戦争 フランケンシュタイン・シンドローム 角川ノベルス 1984.2
  • 闘いの詩 角川文庫 1985.3
  • 風の漂流者 長篇冒険小説 徳間ノベルス 1985.7
  • 灼けた夢のバラード 角川文庫 1986.5
  • よろしく、ベイ・シティ Born to run 1 角川文庫 1987.2
  • On the road again 講談社文庫 1987.6
  • ラ・パスで会おう 扶桑社 1987.5
  • 走れ、コヨーテ Born to run 2 角川文庫 1988.4
  • 風の旅団 講談社文庫 1988.3
  • 摩天楼区アベニューC 集英社文庫 1988.8
  • 南へ From the border 講談社 1990.8
  • 鷲と蠍 講談社 1991.7
  • アディオス 道端で出会い、そして別れる九つの人生 勁文社 1991.3
  • 越境者 講談社、1993
  • 『ボーダー』(双葉社、1994)
  • 『海人(うみんちゅ)』(双葉社、1994)
  • Coco 椰子の木になった少年の物語 新潮社 1995.2
  • カチーナの石 講談社 1997.10
  • 『デウス』(双葉社、1998 のち文庫

翻訳[編集]

写真集[編集]

  • 『止められるか、俺たちを―暴走族写真集』(第三書館)1979

映像[編集]

テレビ・ラジオ[編集]

映画[編集]

写真[編集]

  • 2000年:写真展『路上にて…』
  • 2001年:写真展『アフリカ大陸縦断』

五大陸走破行[編集]

世界五大陸をバイクで走破する『五大陸走破行』を実行した。

脚注[編集]

  1. ^ BS hiわたしが子どもだったころ』 より
  2. ^ 作家・戸井十月さん死去 オートバイで5大陸走破 朝日新聞 2013年7月29日閲覧