戸野広浩司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
とのひろ こうじ
戸野広 浩司
生年月日 (1947-11-25) 1947年11月25日
没年月日 (1972-12-11) 1972年12月11日(満25歳没)
出生地 日本の旗 日本 広島県三原市
死没地 滋賀県彦根市
職業 俳優
主な作品
快傑ライオン丸

戸野広 浩司(とのひろ こうじ、1947年11月25日 - 1972年12月11日)は、日本俳優

略歴[編集]

高校時代は演劇部に所属し、地元の劇団にも参加していた。上京して早稲田大学の受験に失敗したのち、劇団青俳の研究生となる[1]

1972年、オーディションでテレビ番組『快傑ライオン丸』のライオン丸のライバル「タイガージョー」こと虎錠之介役に起用されて注目される。主役であるライオン丸を上回る人気を集めた。

同年12月11日夜、同番組のロケの宿泊先である滋賀県彦根市国民宿舎湖城荘でスタッフと酒席を交わしたのち、風呂場に迷い込んだところ誤って転倒、ガラス戸に突っ込んで脇腹を切り、湯船に落ちて出血多量で死亡した。

制作者であるピー・プロダクション社長のうしおそうじが事故の報を受け、旅館へ急行したところ、そこには許婚も駆けつけていたという[2]。また、主演の潮哲也は事故の直前まで酒を呑み交わしており[3][4]、事故の報をスタッフから聞いて駆け付けた際にはすでに死亡した後であり、そのため、潮が落胆しているのを知ったスタッフは翌日の撮影を中止している。潮と戸野広は撮影が忙しかったため、仕事以外の接点がほとんどなく、二人で会話する機会は彦根ロケが初めてであった[3]

うしおはその後、フジテレビ別所孝治プロデューサーと2人で実家を訪ねたところ、父親から「本人が自分で求め選んだ道だから、あの子も本望だったでしょう」と言われたことを、忘れ得ない言葉として語っている[2]

うしおは戸野広の演技力、人気ぶりに『快傑ライオン丸』の次回作にはぜひ戸野広主演で「タイガージョー」のドラマを作ろうと考えていたという。

『ライオン丸』に出演していた梅地徳彦は「カッコいいという印象だが、シリーズ途中からレギュラー入りしたので、気を遣っている感じだった」と語っており、事故の際はロケに同行していたこともありショックを受けたと述べている[5]

戸野広の代役としてタイガージョーを演じることになった福島資剛は、劇団青俳で戸野広と共に役者修行をした仲間であり大変親しく、戸野広をあまりにも不憫に思い、代役のオファーを何度も固辞していたが、青俳同期生の説得によって漸く承諾に至ったという[6]

事故の2日前に掲載された新聞のインタビュー記事では、「変身時代劇の悪役と聞いて驚いた。でも悪役には興味がある」と答えており、「将来は地方に根をおろした芝居活動をして行きたい」という夢も語っている[1]

台東区谷中には、戸野広を記念して作られた小劇場「戸野廣浩司記念劇場」が存在したが、2016年7月をもって閉館・解体され現存していない。

出演作品[編集]

  • 藍より青く(1972年、NHK
  • 快傑ライオン丸 第27話「大魔王ゴースン怒る!」 - 第30話「怪人マツバラバ 一本松の謎」、第36話「折れた槍 怪人ハチガラガ」 - 第40話「大魔王ゴースン 再び怒る!」(1972年、CX) - 虎錠之介 / タイガージョー(声)
  • 光る海(1972年、CX)
  • 家光が行く(1972年、NTV) - 山田

脚註[編集]

  1. ^ a b 『毎日新聞』1972年12月9日付24面。ラジオ・テレビ欄。
  2. ^ a b vsライオン丸 1999, pp. 202.
  3. ^ a b ヒーロー列伝 2 2000, p. 111 - 112.
  4. ^ 秋田英夫 「潮哲也 獅子丸・弾獅子丸役」『別冊映画秘宝電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年11月14日、pp.138-140。ISBN 978-4-86248-805-3。
  5. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 61.
  6. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 142.

参考文献[編集]

  • 『スペクトルマンvsライオン丸 「うしおそうじとピープロの時代」太田出版1999年6月26日。ISBN 4-87233-466-3。
  • 『ピー・プロ70'sヒーロー列伝 (2) 快傑・風雲ライオン丸』 ソニー・マガジンズ2000年9月21日。ISBN 4-7897-1551-5。