拳王 (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
拳王
300
プロフィール
リングネーム 拳王
本名 中栄大輔
ニックネーム 新世紀覇者
身長 174cm
体重 90kg
誕生日 1985年1月1日(29歳)
出身地 徳島県徳島市
所属 みちのくプロレス
スポーツ歴 日本拳法
デビュー 2008年3月2日
テンプレートを表示

拳王(けんおう、男性、1985年1月1日 - )は、徳島県徳島市出身のプロレスラー格闘家日本拳法選手・指導員。本名は、中栄 大輔(なかえ だいすけ)。徳島県徳島市出身。岩手県在住。徳島県立徳島東工業高等学校(現徳島県立徳島科学技術高等学校)、明治大学卒業。

岩手県初の日本拳法道場「日本拳法 大釜道場」の道場長・指導員を務めている[1]

経歴[編集]

デビュー以前[編集]

  • 3歳のときより日本拳法を習い始める。高校時代は全日本拳法高校個人選手権大会で優勝。
  • 2003年に史上最年少で全日本拳法総合選手権で優勝する。
  • 2005年の日本拳法フランス世界大会で優勝、
  • 2006年2007年の全日本学生拳法個人選手権大会では2連覇を達成する。

プロレス[編集]

  • みちのくプロレス新崎人生にスカウトされ、幼い頃からプロレスへの興味と、地元・徳島県ではヒーローという人生からスカウトされたということでプロレス入りを決意する。2008年3月2日、みちのくプロレス徳島大会にて、対アレクサンダー大塚戦でプロレスデビューする。
  • 同年6月20日、後楽園ホール大会を最後に、武者修行の旅に出る。
  • 2009年6月19日ザ・グレート・サスケデビュー20周年突入ツアー後楽園大会において、人生の呼び込みによりサスケの挑戦を退けたフジタ"Jr"ハヤトの前に現れ、東北ジュニアヘビー級王座への挑戦を表明した。
  • 同年9月5日、岩手・矢巾町民体育館にて復帰。ハヤトからベルトを奪取し第12代王者となる。
  • 2010年、これまで3度の防衛に成功していたが、11月、サスケとの防衛戦にて陥落。
  • 2011年プロレスリング・ノアのジュニアタッグリーグに参戦(パートナーは剣舞)。拳王としては初の他団体参戦となる。リーグ戦初日に対戦相手のKENTAからピンフォールを奪う金星を取る。成績は2勝2敗。
  • 東北ジュニアヘビー級王座に返り咲いた際に「みちのくを変える」と2012年に自身初となるヒール軍団「阿修羅」をバラモン兄弟、日向寺塁野橋太郎で結成する。
  • 2013年、提携を結んだ4FW参戦のため初のイギリス遠征へ。現地でデイビー・リチャーズと東北ジュニア防衛戦を行い勝利している。
  • 同年12月13日、後楽園ホール大会で、南野タケシを相手に東北ジュニア王座ヘビー級王座の2度目の防衛に成功。しかし、試合後に自身のさらなる成長のためにプロレスリング・ノアへの本格参戦を希望し、ベルトを返上した[2]
  • 上記を受け、2014年1月5日よりみちのく所属のままノアへの長期参戦が決定した[3]
  • 2014年1月5日、NOAHへの本格参戦の初戦となった後楽園大会にて、森嶋猛マイバッハ谷口大原はじめと結託しヒール軍団「超危暴軍」の一員として活動を開始。
  • 3月2日、徳島プロレス祭2014 ~拳王デビュー6周年記念日凱旋記念興行~でKENTAと一騎打ちをするも敗北。
  • 3月8日、有明コロシアム大会でGHCジュニアヘビー級タッグ王座に大原はじめと組んで挑戦するも敗北。
  • 5月31日、ディファ有明大会で原田大輔の持つGHCジュニアヘビー級選手権に挑戦表明。
  • 7月5日、原田大輔の持つジュニアヘビー級のベルトに挑戦するも敗北。
  • 10月12日、GHCジュニアヘビー級タッグにベルトに挑戦し奪取(パートナーは大原はじめ)

得意技[編集]

クロスアームでカナディアンバックブリーカーに捉え、相手を前方に投げ一回転させて背中から落とす。
  • 変型キャメルクラッチ
  • 竹刀攻撃 
    ドラゴンスープレックスホールド
  • ドラゴンスープレックス

獲得タイトル[編集]

入場テーマ曲[編集]

現在使用。
  • 激情のテーマ ~ 失恋モッシュ(GARLIC BOYS
タイトルマッチ等で使用される。インストである前者とのメドレー形式。

脚注[編集]