放浪記 (劇作品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
放浪記
脚本 林芙美子(原作)
菊田一夫
登場人物 林芙美子ほか
初演日 1961年10月20日 (1961-10-20)
初演場所 芸術座
言語 日本語

放浪記』(ほうろうき)は、1961年10月20日芸術座で初演された舞台劇。原作は林芙美子放浪記』。


概要[編集]

初演時の脚本・演出は菊田一夫。音楽は古関裕而。主演は森光子

菊田の死後、1981年から1996年までは三木のり平が菊田の脚本を潤色し、演出も手掛けていた(のり平他界後も、ポスターでは潤色・演出を務めていることになっていた)。

主演の森光子は初演から死去まで変更されなかった。1990年には公演回数1000回を、2009年5月9日(森光子の89歳の誕生日)には『放浪記』上演2000回を達成した。2012年11月10日に森が死去したため、森主演の本作は2009年5月29日の2017回目の公演が最後となった。

森演じる林芙美子が喜びのあまりでんぐり返しをするシーンはあまりにも有名であり、「森光子といえばでんぐり返し」「放浪記と言えばでんぐり返し」と言われ、こと近年は劇中最大の見所(原作・脚本ではそのようなことは絶対無い)とされていた。森はかつて「『でんぐり返し』が出来なくなったら私は女優を辞める」と発言していたが、年齢的な問題などから2008年からの公演ではそのシーンはやめ、代わりに万歳三唱をすることになった。

2015年仲間由紀恵の主演で舞台『放浪記』が復活予定。仲間はNHKドラマ「ハルとナツ 届かなかった手紙」で初演の主演女優である森との共演して以来親交があり、2014年5月にはフジテレビドラマ「森光子を生きた女」では森光子役を務め、ドラマ内でも放浪記の上演までの過程を演じていた[1]

1962年には、この舞台劇が東宝創立30周年記念作品として映画化された。映画の詳細は「放浪記」を参照。

上演記録[編集]

1961年~1962年 初演[編集]

場所・日程
  • 芸術座(1961年10月20日~12月8日)
  • 名鉄ホール(1962年1月2~15日)
  • (~1962年5月)
キャスト

ほか

1971年[編集]

1974年[編集]

1981年[編集]

1983年[編集]

1986年[編集]

1987年~1988年[編集]

1989年[編集]

1990年[編集]

1994年[編集]

1996年[編集]

場所・日程
  • 芸術座(1996年9月~1996年12月28日)
キャスト

ほか

1999年[編集]

場所・日程
  • 芸術座(1999年9月~1999年12月28日)
キャスト
  • 林芙美子:森光子
  • 日夏京子:奈良岡朋子
  • 白坂五郎:米倉斉加年
  • 悠起:藤谷美紀
  • 菊田一夫:小鹿番
  • 福地貢:寺田農
  • 安岡信雄:山本學
  • 芙美子の母:大塚道子

ほか

2002年[編集]

場所・日程
  • 芸術座(2002年3月~2002年4月30日)
キャスト
  • 林芙美子:森光子
  • 日夏京子:奈良岡朋子
  • 白坂五郎:米倉斉加年
  • 悠起:藤谷美紀
  • 菊田一夫:小鹿番
  • 福地貢:大出俊
  • 安岡信雄:山本學
  • 芙美子の母:大塚道子

ほか

2003年~2004年[編集]

場所・日程
  • 博多座(2003年8月29日~2003年9月25日)
  • 芸術座(2003年11月1日~2003年12月28日)
  • 梅田コマ劇場(2004年1月29日~2004年2月25日)
  • 中日劇場(2004年3月2日~2004年3月29日)
キャスト
  • 林芙美子:森光子
  • 日夏京子:樫山文枝
  • 日夏京子:黒柳徹子(芸術座のみ)
  • 白坂五郎:米倉斉加年
  • 悠起:有森也実(博多座・芸術座)
  • 悠起:藤谷美紀(梅田コマ劇場・中日劇場)
  • 菊田一夫:小鹿番
  • 福地貢:大出俊
  • 安岡信雄:山本學
  • 芙美子の母:大塚道子

ほか

2005年[編集]

場所・日程
  • 芸術座(2005年3月4日~2005年3月27日)
  • 博多座(2005年4月2日~2005年4月28日)
キャスト
  • 林芙美子:森光子
  • 日夏京子:池内淳子
  • 白坂五郎:米倉斉加年
  • 悠起:藤谷美紀
  • 菊田一夫:斉藤晴彦
  • 福地貢:大出俊
  • 安岡信雄:山本學
  • 芙美子の母:大塚道子

ほか

2006年[編集]

場所・日程
  • 帝国劇場(2006年9月1日~2006年9月28日)
  • 中日劇場(2006年10月4日~2006年10月31日)
キャスト
  • 林芙美子:森光子
  • 日夏京子:奈良岡朋子
  • 白坂五郎:米倉斉加年
  • 悠起:有森也実
  • 菊田一夫:斉藤晴彦
  • 福地貢:大出俊
  • 安岡信雄:山本學
  • 芙美子の母:大塚道子
  • 香取恭助:中島久之

ほか

2008年[編集]

場所・日程
キャスト
  • 林芙美子:森光子
  • 日夏京子:高畑淳子(1月7日~2月6日)
  • 日夏京子:黒柳徹子(2月7日~3月30日)
  • 白坂五郎:米倉斉加年
  • 悠起:有森也実
  • 菊田一夫:斉藤晴彦
  • 福地貢:大出俊
  • 安岡信雄:山本學
  • 伊達晴彦:原康義
  • 芙美子の母:大塚道子
  • 香取恭助:中島久之

ほか

場所・日程
キャスト
  • 林芙美子:森光子
  • 日夏京子:山本陽子
  • 白坂五郎:米倉斉加年
  • 悠起:有森也実
  • 菊田一夫:斉藤晴彦
  • 福地貢:大出俊
  • 安岡信雄:山本學
  • 伊達晴彦:原康義
  • 芙美子の母:大塚道子
  • 香取恭助:中島久之

ほか

場所・日程
キャスト
  • 林芙美子:森光子
  • 日夏京子:山本陽子
  • 白坂五郎:米倉斉加年
  • 悠起:有森也実
  • 菊田一夫:斉藤晴彦
  • 福地貢:大出俊

ほか

2009年[編集]

場所・日程
キャスト
  • 林芙美子:森光子
  • 日夏京子:山本陽子
  • 白坂五郎:米倉斉加年
  • 悠起:有森也実
  • 菊田一夫:斉藤晴彦
  • 福地貢:大出俊
  • 安岡信雄:山本學
  • 伊達晴彦:原康義
  • 芙美子の母:大塚道子
  • 香取恭助:中島久之

ほか

上演中止[編集]

予定されていた場所・日程

しかし、医師から森の体調を考慮し、公演を中止することが、東宝及び所属事務所から発表された。 [2] [3]

予定されていたキャスト
  • 林芙美子:森光子
  • 日夏京子:山本陽子
  • 白坂五郎:米倉斉加年
  • 悠起:有森也実
  • 菊田一夫:斉藤晴彦
  • 福地貢:大出俊
  • 安岡信雄:原康義
  • 伊達晴彦:山路和弘
  • 芙美子の母:大塚道子
  • 香取恭助:中島久之

脚注[編集]

  1. ^ “仲間由紀恵主演で舞台『放浪記』が復活へ”. シアターガイド. (2014年10月10日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/10/10_02.php 
  2. ^ 公演中止のお知らせとお詫び - 東宝公式サイト(2010年2月26日閲覧)
  3. ^ 森光子からのメッセージ - 東宝公式サイト(PDFファイル