文化浄化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

文化浄化(ぶんかじょうか、英:Cultural cleansing)は、特定の文化的背景をもつ民族宗教思想集団が、異なる文化圏や解釈に副わない文化財文化遺産文化資本文化資材)を破壊あるいは文化的活動を阻害する行為を指し、広義では略奪行為も含み、文化的権利英語版文化的自由を侵害する人権蹂躙とされる。ジェノサイド#文化的なジェノサイドも参照。

視点と症例[編集]

文化浄化を咎めることは現代社会法秩序規範の尺度に基づき、かつ西洋保護主義あるいは伝統擁護意識政策の中で生きている我々が思うことで、時代価値観が異なれば違った見方もあるが、古代中国の焚書坑儒や西洋のイコノクラスムモンゴル帝国バグダッド包囲戦スペインコンキスタドール植民地における同化政策ナチス・ドイツ焚書や絶滅政策[1]中華人民共和国文化大革命なども文化浄化と見做せ、日本では廃仏毀釈アイヌ琉球の併合も文化浄化とされる。

破壊されたサラエヴォ図書館

また、インディアン移住ソビエト連邦での少数民族強制移住など文化的空間文化的環境を奪うことは、気候風土生態系に根差した土着文化の継承を困難にし、カンボジアクメール・ルージュによる大量虐殺は伝統的な芸能織物の伝承を途絶えさせる寸前にまで追い込んでおり、このような無形物への破壊行為も文化浄化とされることもあり、韓国は日本による文化抹殺も文化浄化であると主張する。

文化浄化という言葉が登場したのは、1991年からのユーゴスラビア紛争に伴いサラエヴォ図書館(en)が破壊されたことをうけ、ヨーロッパメディアにおいて当時深刻な問題となっていた民族浄化類義語として使われ始めたことによる。なお、この図書館破壊は「記憶殺し」と形容され(初言はスペインの作家フアン・ゴイティソーロによる『Cuaderno de Sarajevo(サラエヴォ・ノート)』[2])、ユネスコによる記憶遺産制定のきっかけの一つとなった。

最近の傾向[編集]

文化浄化という言葉が広く浸透したのは、イスラム過激派が巻き起こした一連の破壊行動による。

破壊前後のバーミヤン大仏
2001年
2011年
トンブクトゥを占拠したアンサール・アッ=ディーン
2012年
2014年
2015年

※これらはイスラム教開祖のムハンマドが、630年にメッカにあるカアバ神殿に祀られていた偶像を破壊した行為を準え正当化しているものである。

国内での事例
寺社連続油被害事件中国人韓国人による靖国神社への放火(未遂含む)・爆破事件は、文化浄化の一種と見なされる。


政局[編集]

2016年アメリカ合衆国大統領選挙における共和党ドナルド・トランプ候補による不法移民イスラム教徒アイデンティティを認めない文化的不寛容は、文化浄化に繋がるとされる[4]。          

対応[編集]

ユネスコのイリナ・ボコヴァ事務局長は「文化浄化」を非難し[5][6]国連安全保障理事会に蛮行を停止させるよう求め[7] 、次いで国際刑事裁判所にも戦争犯罪としての調査要請をしており[8]、これを受けて国連安保理は文化財の破壊を非難して文化財の保護強化で加盟国に義務を課す決議を採択し[9]、国際刑事裁判所も捜査を開始した[10]2015年5月28日には国連総会は全会一致でイラクでの文化浄化を戦争犯罪と非難して各国に保護する措置を呼びかけるA/RES/69/281が決議された[11]

ユネスコでは「武力紛争の際の文化財の保護に関する条約(ハーグ条約)」と「文化財の不法な輸入、輸出及び所有権譲渡の禁止及び防止の手段に関する条約(ユネスコ条約)」[12]を制定し、「盗取された又は不法に輸出された文化財に関する条約(ユニドロワ条約)」を支援しているが、現実的な取り締まりは困難な状況である。
ユネスコは上記のイスラム圏における破壊された文化遺産を支援する#Unite4Heritage[13]を立ち上げ、第39回世界遺産委員会においてはISILへの非難決議を採択した[14]

日本では、武力攻撃等の有事を想定した「文部科学省文化庁国民保護計画」が策定されており、その中で「指定文化財等の保護に関する措置」を定めている[15]。2001年にバーミヤン遺跡が破壊された際は当時ユネスコ親善大使だった平山郁夫が抗議して流出文化財保護日本委員会を創設して保護を行ってる[16]など民間レベルでの活動も行われてる。

脚注[編集]

  1. ^ William Schabas, Genocide in international law: the crimes of crimes, Cambridge University Press, 2000, ISBN 0-521-78790-4, p.179
  2. ^ フアン・ゴイティソーロ 『サラエヴォ・ノート』 みすず書房、1994年。ISBN 978-4622033691。
  3. ^ 世界遺産トンブクトゥの霊廟、イスラム武装勢力が破壊 AFP2012年07月02日
  4. ^ Donald Trump wants to get rid of MuslimsThe Tempest
  5. ^ UNESCO's Irina Bokova Laments ISIS' 'Cultural Cleansing' of Antiquities”. NBC. 2015年12月2日閲覧。
  6. ^ UNESCO's Irina Bokova Laments ISIS' 'Cultural Cleansing' of Antiquities”. インディペンデント. 2015年12月2日閲覧。
  7. ^ requests UN Security Council meeting on destruction of heritage in Mosul UNESCO(英語)
  8. ^ calls for mobilization to stop "cultural cleansing" in Iraq UNESCO(英語)
  9. ^ UNESCO Director-General welcomes UN Security Council Resolution to step up protection of cultural heritage in Syria and Iraq
  10. ^ クローズアップ2015:国際刑事裁 IS遺跡破壊、捜査へ 主任検察官「重大な犯罪」 - 毎日新聞
  11. ^ “Saving the cultural heritage of Iraq” -- Director-General welcomes Adoption of the UN General Assembly Resolution
  12. ^ 文化財不法輸出入等禁止条約
  13. ^ #Unite4Heritage UNESCO(英語)
  14. ^ Proposal of Belgium on synergies between WH Convention and the Second Protocol (1999) to the Hague Convention of 1954 for the Protection of Cultural Property in the Event of Armed Conflict (PDF) - UNESCO World Heritage Centre 39th session of the Committee Working documents(WHC-15/39.COM/11.Annex.2)
  15. ^ 文部科学省・文化庁国民保護計画 文部科学省
  16. ^ 「文明の十字路」アフガン文化財を返還 来年、九博で公開も(2015年8月6日西日本新聞)

関連項目[編集]