文化的自殺行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

文化的自殺行為(ぶんかてきじさつこうい)は、自らの行動により自らの文化破壊してしまう行いのことで、文化的自殺と略されることもあり、英語ではCultural suicide。Cultural masochistic(文化的自虐行為)と表現されることもある。

概要[編集]

語源はトマス・ペインの『Cultural Suicide: The Colonisation of Britain』で、イギリス民主主義という文化に傾倒した結果、アメリカ合衆国の独立植民地の喪失)という結果を招いたことに起因する[1]

近年の使用事例としては、韓国での日本文化開放の際に、保守層から「문화자살행위(文化的自殺行為)」であると批判が相次いだ[2]

2015年シリア騒乱によるヨーロッパへ流入する難民の道義的受け入れに伴う社会的費用の増加や治安の悪化などの危惧のみならず、異文化異教徒との文化摩擦アカルチュレーションを懸念することからメディアにおいて急速に用いられ始めている[3]2016年アメリカ合衆国大統領選挙における共和党ドナルド・トランプ候補は「移民の受け入れは統計的に文化的自殺を招いてきた」と発言している[4]

文化的自殺を召喚する要因[編集]

文化的自殺の反動[編集]

国家による文化的自殺行為が進展すると文化的健全性が失われたと感じ、自文化の存続可能性英語版を追求し、単一文化主義英語版のようなエスノセントリズムが芽生え、排外主義などの社会浄化英語版から文化戦争へと発展し、結果的には文化崩壊英語版をも招きかねない社会的ジレンマがある。

脚注[編集]

  1. ^ Thomas Paine (2015). Cultural Suicide: The Colonisation of Britain. Thomas Paine Books. pp. 363ページ. ISBN 978-1909644656. 
  2. ^ 일본문화개방에 따른 기독청년의 문화전략(日本文化開放に伴うキリスト教青年の文化戦略)amennews.com 1999.5.1
  3. ^ 文化的自殺行為の前段階として、「Cultural pollution(文化的汚染)」という表現もある
  4. ^ How Donald Trump Could Disappear from the Political Sceneザ・ニューヨーカー 2016.9.30

関連項目[編集]

cultural suicide-Some social science that reveals a big cancer on our society-JunkScience.com 2015.9.10