新高恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
にいたか けいこ
新高 恵子
本名 工藤 琳子 (くどう たまこ)
別名義 新高 けい子
生年月日 (1934-04-18) 1934年4月18日(82歳)
出生地 日本の旗 青森県青森市
職業 女優
ジャンル 映画舞台
主な作品
 映画
・『書を捨てよ町へ出よう』(1971年)
・『田園に死す』(1974年)
・『草迷宮』(1978年)
・『さらば箱舟』(1982年)

新高 恵子(にいたか けいこ、本名:工藤 琳子(くどう たまこ)、1934年4月18日 - )は、日本の元女優

来歴[編集]

青森県青森市出身。

当初はピンク映画の女優として活躍したが、寺山修司に見出され、その主宰する劇団、「天井桟敷」の看板女優になっていく。

1983年の寺山の後、「天井桟敷」の解散と共に引退した。

主な出演[編集]

映画[編集]

  • 雪の涯て(1965年)
  • 肉体の報酬(1965年)
  • 歪んだ関係(1965年)
  • 腐肉の喘ぎ(1965年)
  • 四つの乳房(1965年)
  • 悪の卵(1965年)
  • 蜜のおとし穴(1965年)
  • 背徳(1965年)
  • 第三の情事(1965年)
  • 情事に賭けろ(1965年)
  • あばかれた欲情(1965年)
  • 女・三百六十五夜(1966年)
  • もだえの夜(1966年)  
  • くずれる女(1966年)  
  • 色ざんまい(1966年)  
  • のたうち(1966年)  
  • 肉体の会話(1966年)
  • 新・妾 (1966年) 
  • 女高生地帯(1966年)  
  • 女高生のふるえ(1966年)  
  • 新拷問刑罰史 拷問(1966年)
  • 絶品の女(1966年)  
  • 蛇淫の肌(1966年) 
  • 愛欲の果て(1966年) 
  • あなたの留守に?(1966年)
  • 色なさけ(1966年)  
  • 乳房の週末(1966年) 
  • 炎の女(1966年)  
  • 肌に泣く女(1966年)  
  • 柔肌の掟(1966年)  
  • 禁じられた乳房(1966年)
  • 肉色(1966年)  
  • 処女? 戦慄(1966年)
  • 愛情開眼(1967年)
  • 縄と乳房(1967年)
  • トマトケチャップ皇帝(1970年)
  • 書を捨てよ町へ出よう(1971年)
  • 出所祝い(1971年)
  • 田園に死す(1974年)
  • 蝶服記(1974年)
  • 迷宮譚(1975年)
  • 審判(1975年) 
  • 疱瘡譚(1975年)
  • 消ゴム(1977年)
  • マルドロールの歌(1977年)
  • 影の映画 二頭女(1977年)
  • ボクサー(1977年)
  • 書見機(1977年) 
  • 草迷宮(1978年)
  • FACE -風の日の紙のように私の上に貼りついてしまった (1979年)
  • 上海異人娼館 チャイナ・ドール(1981年)
  • さらば箱舟(1982年)

関連項目[編集]