日曜日には鼠を殺せ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日曜日には鼠を殺せ
Behold a Pale Horse
監督 フレッド・ジンネマン
脚本 J・P・ミラー
原作 エメリック・プレスバーガー
製作 フレッド・ジンネマン
出演者 グレゴリー・ペック
アンソニー・クイン
オマル・シャリーフ
音楽 モーリス・ジャール
撮影 ジャン・バダル
製作会社 コロンビア映画
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1964年8月14日
日本の旗 1964年11月20日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,900,000[1]
テンプレートを表示

日曜日には鼠を殺せ』(にちようびにはねずみをころせ、原題:Behold a Pale Horse)は、1964年制作のアメリカ合衆国の映画

スペイン内戦を背景としたエメリック・プレスバーガー原作の小説“Killing a Mouse on Sunday”をフレッド・ジンネマン監督で映画化。

題名について[編集]

原題は「ヨハネの黙示録」第6章第8節「青ざめた馬を見よ。これに乗るものの名は死。黄泉がこれに従う。」から引用されたもので、邦題は原作のタイトル“Killing a Mouse on Sunday”の訳を使用している。

原作のタイトルの由来はRichard Braithwaite (1588 - 1673)の“Barnabee Journal”の次の詩からである。

Where I saw a Puritane-one Hanging of his cat on Monday For killing of a mouse on Sunday. 「私は清教徒が月曜日に猫を吊しているのを見た。 日曜日に鼠を殺したからだ。」

あらすじ[編集]

1959年スペイン内戦フランコ軍の勝利に終わってから20年後。

フランスに亡命していたかつて反政府ゲリラのリーダー・マヌエルのもとにある日、パコという少年が訪ねてきた。かつて彼の友であった少年の父親を殺した警察署長ヴィニョラスの暗殺を依頼しに来たのだ。しかし、マヌエルはこれを断る。

だが数日後、スペインに住むマヌエルの母親が危篤という知らせが彼のもとに届く。マヌエルの母親は息子が罠にかかるのを感じ、彼のもとに旅立つフランシスコ神父に息子を来させるようにと託し、息をひきとった。

神父と語り明かしたマヌエルは、自分を助けようとする神父の心の温かさに触れて感動し、一方で体力も気力も衰えた今の自分に限界を感じ始めた。そして、罠を承知で国境を越え、祖国の土を踏む…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
マヌエル グレゴリー・ペック 城達也
ヴィニョラス アンソニー・クイン 小松方正
フランシスコ神父 オマル・シャリーフ 西沢利明
パオロ・ストッパ
レイモン・ペルグラン
ミルドレッド・ダンノック
ペレット・プラディエ
クリスチャン・マルカン
マイケル・ロンズデール
ダニエラ・ロッカ
ロザリー・クラッチェリー

テレビ放送:テレビ朝日日曜洋画劇場」 放送日不明

脚注[編集]