日本のいちばん長い日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本のいちばん長い日
運命の八月十五日
著者 大宅壮一(編) / 半藤一利
発行日 1965年(昭和40年)
発行元 文藝春秋新社
ジャンル ノンフィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
公式サイト 文春文庫『日本のいちばん長い日 決定版』
コード ISBN 978-4-16-748315-9(文庫判
Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集

Portal.svg [[Portal:文学|ウィキポータル 文学]]

Portal.svg [[Portal:歴史日本史・近代史|ウィキポータル 歴史日本史・近代史]]

Portal.svg [[Portal:歴史認識と戦後処理|ウィキポータル 歴史認識と戦後処理]]
テンプレートを表示

日本のいちばん長い日 運命の八月十五日』(にほんのいちばんながいひ うんめいのはちがつじゅうごにち)は、半藤一利による日本ノンフィクション書籍。1965年(昭和40年)の初版刊行時は文藝春秋新社から大宅壮一編のクレジットで発売され、1995年(平成7年)6月に文藝春秋から半藤名義で『日本のいちばん長い日 運命の八月十五日 決定版』として再版された。昭和天皇や閣僚たちが御前会議において降伏を決定した1945年昭和20年)8月14日正午から宮城事件、そして国民に対してラジオ日本放送協会)の玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描いている。

2度にわたり日本で映画化され、製作・配給東宝岡本喜八監督による1967年版、製作・配給松竹原田眞人監督による2015年版がある。

刊行の背景[編集]

著者の半藤一利は、1965年当時は文藝春秋新社の社員であり、営業上の理由から「大宅壮一 編」として出版された。序文のみを大宅が書いている。角川文庫からも再刊され、講談社インターナショナルから英訳版も出版された。タイトルはノルマンディー上陸作戦を描いた映画『史上最大の作戦』の原題The Longest Day から採用されている。

半藤を著者とする「決定版」と付した改訂版は、戦後50年にあたる1995年(平成7年)6月に文藝春秋社から刊行された[1]

書誌情報[編集]

  • 大宅壮一 編『日本のいちばん長い日 運命の八月十五日』(文藝春秋新社、1965年)[2]
    • (英訳版)『Japan's longest day. Compiled by the Pacific War Research Society 』(講談社インターナショナル、1968年)[3]
    • (文庫版)『日本のいちばん長い日 運命の八月十五日』(角川文庫、1973年5月) ISBN 4041350018
  • 半藤一利『日本のいちばん長い日 運命の八月十五日 決定版』(文藝春秋社、1995年6月) ISBN 4163503609
    • (文庫版)『日本のいちばん長い日 決定版』(文春文庫、2006年7月) ISBN 9784167483159

映画[編集]

1967年版[編集]

日本のいちばん長い日
監督 岡本喜八
脚本 橋本忍
原作 大宅壮一
『日本のいちばん長い日』
製作 藤本真澄
田中友幸
出演者 三船敏郎
加山雄三
黒沢年男
佐藤允
中丸忠雄
音楽 佐藤勝
撮影 村井博
編集 黒岩義民
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1967年8月3日
上映時間 157分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4億4195万円[4]
テンプレートを表示

1967年(昭和42年)に公開された日本映画。製作・配給は東宝白黒東宝スコープ

東宝創立35周年記念作品のひとつとして映画化された。本作をきっかけとして「東宝8.15シリーズ」として1972年(昭和47年)の『海軍特別年少兵』まで6本の映画が製作された。

昭和天皇が家族とともにこの映画を公開年の12月29日に鑑賞していたことが、2014年(平成26年)9月に公表された『昭和天皇実録』で明らかにされた[5]

出演者[編集]

エンディングの配役クレジットタイトルは、昭和天皇役の八代目松本幸四郎以外は登場順で表示されている。※はクレジットなし。

政府関係者[編集]
内閣
官邸
外務省
情報局
宮内省関係者[編集]
陸軍関係者[編集]
陸軍省
参謀本部
第一総軍
第二総軍
東部軍
近衛師団
児玉基地(陸海混成第27飛行集団)
横浜警備隊
航空士官学校
憲兵隊
海軍関係者[編集]
軍令部
海軍省
厚木基地第三〇二海軍航空隊
宮城関係者[編集]
重臣
侍従
日本放送協会関係者[編集]
その他[編集]

特別出演[編集]

スタッフ[編集]

2015年版[編集]

日本のいちばん長い日
THE EMPEROR IN AUGUST
監督 原田眞人
脚本 原田眞人
原作 半藤一利
『日本のいちばん長い日 決定版』
製作総指揮 迫本淳一
出演者 役所広司
本木雅弘
松坂桃李
堤真一
山崎努
音楽 富貴晴美
撮影 柴主高秀
編集 原田遊人
制作会社 松竹撮影所
製作会社 「日本のいちばん長い日」製作委員会
配給 アスミック・エース
松竹
公開 日本の旗 2015年8月8日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 13.2億円[7]
テンプレートを表示

2015年(平成27年)、半藤一利の『日本のいちばん長い日 決定版』を原作に、原田眞人監督により再び映画化された。製作・配給は松竹第二次世界大戦後70年に当たる2015年(平成27年)8月8日に全国公開された。

主なキャスト[編集]

役名・役職は公式サイトの作品紹介の文章における記載などを基とした[8]

主要人物
宮中
内閣
外務省
  • 松本俊一(事務次官) - 長澤壮太郎
陸軍
  • 梅津美治郎(陸軍大将、参謀総長) - 井之上隆志
  • 田中静壹(陸軍大将、東部軍管区司令官) - 木場勝己
  • 高島辰彦(陸軍少将、東部軍管区参謀長) - 奥田達士
  • 森赳(陸軍中将、近衛師団長) - 髙橋耕次郎
  • 芳賀豊次郎(陸軍大佐、近衛師団第二連隊長) - 安藤彰則
  • 東条英機(陸軍大将、元首相) - 中嶋しゅう
  • 杉山元(元帥、前陸軍大臣) - 川中健次郎
  • 吉積正雄(陸軍中将、軍務局長) - 桂憲一
  • 荒尾興功(陸軍大佐、軍務課長) - 田中美央
  • 林三郎 (陸軍大佐) - 柏村栄行
  • 井田正孝(陸軍中佐、軍務課員) - 大場泰正
  • 竹下正彦(陸軍中佐、軍務課員、阿南陸軍大臣の義弟) - 関口晴雄
  • 椎崎二郎(陸軍中佐、軍務課員) - 田島俊弥
  • 白石通教 (陸軍中佐) - 本郷壮二郎
  • 古賀秀正(陸軍少佐、近衛師団参謀) - 谷部央年
  • 窪田兼三 (陸軍少佐、通信学校教官) - 青山草太
  • 佐々木武雄(陸軍大尉、横浜警備隊長) - 松山ケンイチ(特別出演)[9]
  • 上原重太郎 (陸軍大尉、航空士官学校教官) - 松浦海之介
  • 藤井政美(陸軍士官学校附属大尉) - 戸塚祥太(A.B.C-Z)
海軍
阿南家
鈴木家
  • 鈴木たか(鈴木首相夫人) - 西山知佐
  • 鈴木一(首相秘書官、鈴木首相の長男) - 小松和重
  • 鈴木布美(一の妻) - 小野愛寿香
  • 鈴木孝雄(鈴木首相の弟) - 福本清三
NHK
その他

主なスタッフ[編集]

受賞歴[編集]

注釈・出典[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 笠智衆の実子で東宝社員。
  2. ^ 一部の映画資料[要出典]には記載
  3. ^ この人物はフィクションである。航空士官学校上原重太郎大尉と、通信学校窪田兼三少佐をミックスさせた人物である。上原大尉が殺害犯とする証言が大勢だが、窪田は戦後も生き残っており、自身こそが森師団長を殺害した、と雑誌等に証言していた。
  4. ^ 畑中少佐が放送会館内のスタジオで館野に正面から拳銃を突きつける場面があるが、館野自身は、後年、畑中少佐ではなく、一緒に入ってきた少尉が「ピストルを私の背中に突き付け」た、と述べている。(「昭和」平成8年8月15日号:昭和天皇崇敬会発行)
  5. ^ 遠景と手や後姿、および声などで出演しており、その表情が画面上に映し出されることはない。
  6. ^ 1967年版で阿南を演じた三船敏郎の孫

出典[編集]

  1. ^ 運命の八月十五日 日本のいちばん長い日〈決定版〉”. 単行本. 文藝春秋. 2015年5月25日閲覧。
  2. ^ 日本のいちばん長い日 : 運命の八月十五日(文芸春秋新社): 1965”. 国立国会図書館サーチ. 2015年5月22日閲覧。
  3. ^ Japan's longest day. Compiled by the Pacific War Research Society (Kodansha International): 1968”. 国立国会図書館サーチ. 2015年5月22日閲覧。
  4. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)240頁
  5. ^ 毎日新聞2014年9月9日、17頁
  6. ^ パンフレットには記載。
  7. ^ 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  8. ^ 作品紹介”. 2015年5月25日閲覧。
  9. ^ a b 本木雅弘:昭和天皇役決断に義母・樹木希林の助言”. MANTANWEB (2015年5月20日). 2015年5月25日閲覧。
  10. ^ 【報知映画賞】本木雅弘「40代最後のご褒美」樹木は人生の助言者”. スポーツ報知 (2015年11月26日). 2015年11月26日閲覧。
  11. ^ 日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞決定”. 日刊スポーツ (2015年12月8日). 2015年12月8日閲覧。
  12. ^ キネマ旬報ベスト・テン発表、「恋人たち」「マッドマックス」が1位に輝く”. 映画ナタリー (2016年1月8日). 2016年1月8日閲覧。
  13. ^ 第89回キネマ旬報ベストテン 個人賞”. KINENOTE. 2016年1月8日閲覧。
  14. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年3月5日閲覧。
  15. ^ 毎日映画コンクール 大賞に橋口監督の「恋人たち」”. 毎日新聞 (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
  16. ^ 【ブルーリボン賞】作品賞・原田監督、吐露「救われた」”. スポーツ報知 (2016年1月27日). 2016年1月27日閲覧。
  17. ^ 【ブルーリボン賞】助演男優賞・本木雅弘、スカイプで登場”. スポーツ報知 (2016年1月27日). 2016年1月27日閲覧。

関連項目[編集]