日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

日本代表(にほんだいひょう、にっぽんだいひょう)とは、日本代表して国際会議や世界的な大会に参加する個人もしくは団体。団体を指す場合には「日本代表団」とも呼ばれる。また、スポーツの選手個人を指す場合は「代表選手」とも呼ぶ。

スポーツにおける用例[編集]

外国の例[編集]

外国の代表チームの愛称として、例えばラグビーでは、ワラビーズオーストラリア)、オールブラックスニュージーランド)など、国を代表する動物・植物や、ユニフォームの色にちなんだものが多い。サッカーでは、アズーリイタリア)、オレンジ軍団オランダ)、バスケットボールではオパールズオーストラリア)などが挙げられる。

「全日本」「ナショナルチーム」「代表チーム」[編集]

かつては競技スポーツ全般において日本代表チームを「全日本」と呼ぶことが通例だったが、現在ではバレーボールなど一部競技を除き、この呼称は使われなくなってきた。また、外国のチームも含めて、以前は「ナショナルチーム」と呼ばれる場合も多かったが、現在では「代表チーム」と呼ぶことで落ち着いている。

「監督名 + ジャパン」[編集]

これに対し現在の日本では、主要な競技スポーツにおけるほとんどの日本代表チームは、代表監督苗字を頭につけて「**ジャパン」「xxJAPAN」のように呼ばれる。この呼び方は1980年代ラグビー日本代表から始まり、1990年代サッカー日本代表に波及し、ほぼすべての団体球技に対して用いられている。

日本で開催された2006年バスケットボール世界選手権に出場したバスケットボール男子日本代表監督の名前は、ジェリコ・パブリセヴィッチ。長くて、「パブリセヴィッチジャパン」とは連呼しづらいため、代表チームは監督名で呼ばれないと思われていた。しかし、当時のメディアは監督のファーストネームを使って「ジェリコジャパン」と呼んでいた。2010年トーマス・ウィスマンが同代表監督に就任した際は、トーマスの愛称「トム」を使って「トムジャパン」と呼んでいる。また、サッカーのアルベルト・ザッケローニ監督に関しても、2010年の就任当初から姓を略して愛称化した[1]「ザックジャパン」と略されていた。

近年は、「**ジャパン」という呼び方に対する短所も明らかになっている。監督が交代すると呼び方も変わり、チーム作りのコンセプトも変わってしまうため、チーム作りにおいて前任者の思想・チーム戦術などが受け継がれないということがよく生じている。また、選手の個性や実力よりも監督の名前と注目度ばかりが先行してしまうことも生じてしまう。こうした側面から、2008年に開催された北京オリンピックでは男女バレーボールや男子サッカー野球などの「**ジャパン」と呼ばれた競技がことごとく不振に終わっている。同年8月23日日本経済新聞のコラムでは、「監督のカリスマ性や過剰な物語性よりも、選手の伸びやかなプレーに勝利の女神はほほ笑む。」と書いている。また、日刊スポーツのコラムでも前者の短所に触れて「継続性がない○○ジャパン」と書いている[2]

上記名称に対して、例外も幾つか存在する。

愛称の具体例[編集]

競技スポーツ[編集]

日本代表 愛称名 愛称名決定の経緯
スキージャンプ日本代表 日の丸飛行隊 1972年札幌オリンピックでの活躍を機に、メディアが命名したもの。以来今日まで長きに渡り愛称として使用されており、日本代表チームの愛称の先駆けとも言える。
アイスホッケー女子日本代表 スマイルジャパン 2013年に決定した[3]。極真空手女子日本代表(スマイルJAPAN)とは、表記を変えることで対応した。
カーリング女子日本代表
チーム青森
クリスタル・ジャパン 2009年に決定した。それまでは、「カーリング娘[4]と一部の間で呼ばれており[5]、2013年現在も更に略した「カー娘(かーむす)」と呼ばれている[6][7]
ボブスレー日本代表 DANGANジャパン 2013年に一般公募により決定した[8]
ラグビー女子日本代表 サクラフィフティーン(15人制)
サクラセブンズ(7人制)
2013年に一般公募により決定した[9]
ラグビー日本代表 ブレイブ・ブロッサムズ 2003年のワールドカップにて地元オーストラリアのファンから命名され[10]、主に海外でこう呼ばれる。もっとも、国内では単に「ジャパン」あるいは「平尾ジャパン」など監督名を冠する呼称になる方が多い。
7人制ラグビー男子日本代表 セブンズ・ジャパン
ラグビーリーグ日本代表 サムライズ
オージーフットボール日本代表
サッカー日本女子代表 なでしこジャパン 2004年アテネオリンピックのアジア予選を勝ち抜き、出場権を獲得したことで、日本サッカー協会が愛称を一般公募し決定した。この名称がスポーツニュースなどで連呼されるようになり、結果として女子サッカーへの注目度が高まった。2011年には新語・流行語大賞年間大賞を受賞した。
U-20サッカー日本女子代表 ヤングなでしこ 2012年のU-20女子ワールドカップ出場の際に公式な愛称として使用することになった。一部メディアではそれ以前から使用されていた。
サッカー日本代表(男子) SAMURAI BLUE
(サムライブルー)
2006年のワールドカップ出場の際に使用された。当時は愛称ではなくいわゆるキャッチフレーズであったが、2010年のワールドカップ出場にあたり、正式な愛称として使用することになった。もっとも、「岡田ジャパン」「加茂ジャパン」「オフトジャパン」など監督名を冠する呼称になる方が多い。また過去には一部メディアで「ブルース」と呼ばれていた時期もあった。
フットサル日本女子代表 なでしこ5
(なでしこファイブ)
2012年に日本サッカー協会から発表された。
フットサル日本代表 SAMURAI5
(サムライファイブ)
2012年に日本サッカー協会から発表された。
ホームレスサッカー日本代表
(男子4人制ミニサッカー
野武士ジャパン 2008年に発足。「野武士ジャパン」発足以前も含めて、日本代表はホームレス・ワールドカップに3度出場している[11]
ホッケー女子日本代表 さくらJAPAN 2008年に開催された北京オリンピックの出場権獲得を機に、公募によって決定した。
ホッケー男子日本代表 さむらいJAPAN 2008年に開催された北京オリンピックの最終予選出場を機に、公募によって決定した。
野球日本女子代表 マドンナジャパン 2008年女子ワールドカップ出場に当たり、開催地である松山市に因んで命名された(小説『坊つちやん』)。かつては大塚製薬とのスポンサー契約の下、「チーム・エネルゲン」を名乗っていた。
野球日本代表(男子) サムライジャパン
(SAMURAI JAPAN)
2009年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表チームの監督就任記者会見で、加藤良三日本野球機構(NPB)コミッショナーと原辰徳・日本代表監督が発表した。加藤コミッショナーと原監督には日本代表チームを監督の名で呼んでほしくないと思っていたため、この名称がつくことになった。ホッケー日本代表とは違い、表記上は片仮名。この会見では名称のほかにチームのロゴも発表され、このロゴは侍がバットを持っている姿となった。
大学野球日本代表 若武者ジャパン 2010年に採用された。
バレーボール全日本女子 火の鳥NIPPON 2009年に公募によって決定した。
バレーボール全日本男子 龍神NIPPON 2009年に公募によって決定した。
バスケットボール日本代表
(男女共通)
AKATSUKI FIVE 2015年までは2011年に公募によって決定した『ハヤブサジャパン』を使用していたが、「ハヤブサは女性向けではない」とする川淵三郎JBA会長)の意向で2016年より変更された[12][13]
車いすバスケットボール
男子日本代表
ハヤテジャパン 2012年に当時のヘッドコーチ・岩佐義明が命名した[14]
ハンドボール全日本女子 おりひめジャパン 2013年に公募によって決定した[15]。2011年には当時の主将・藤井紫緒が命名した「レインボージャパン」が使用されていた[16]
ハンドボール全日本男子 ムササビジャパン
卓球日本代表(男女共通) 卓球NIPPON 2013年に日本卓球協会から発表された[17]
陸上短距離女子
ナショナルリレーチーム
椿スプリンターズ 2014年に公募により決定した[18]
陸上短距離男子
ナショナルリレーチーム
韋駄天スプリンターズ 2014年に公募により決定した[19]
新体操日本代表 フェアリージャパンPOLA 2007年ポーラとスポンサー契約を結び、命名された。
シンクロナイズドスイミング
日本代表
マーメイドジャパン 2006年シンクロワールドカップ2007年世界水泳選手権を中継するテレビ朝日が、選手たちのイメージアップのためにつけたものである。当初はテレビ朝日の中継でしか用いられなかったが、エステティックTBCCMでも用いられ、浸透した。日本水泳連盟による正式な採用は2010年[20]
競泳日本代表 トビウオジャパン 2009年に決定した。
飛び込み日本代表 翼ジャパン
水球日本代表(男女共通) ポセイドンジャパン 2011年に決定した。
ボート日本代表 クルー・ジャパン
セーリング日本代表 日の丸セーラーズ 2015年に公募で決定。
空手日本代表 雷神ジャパン 2015年に決定。日本神話の建御雷神(タケミカヅチ)からとったもので、稲妻の閃光が空手の突きや蹴りのスピード感に通じるほか、英語の「ライジング」の意味もかけている[21]
極真空手女子日本代表 スマイルJAPAN 2011年に決定した[22]

競技スポーツ以外[編集]

日本代表 愛称名 愛称名決定の経緯
囲碁 知恵の和ジャパン 2010年に公募で決定。

その他、マジック:ザ・ギャザリングなどのテーブルゲーム国際数学オリンピック日本代表や、ミス・ユニバースなどの国際的なミスコンテスト日本代表などが挙げられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本来は“アルベルト”を略すのが正しいのだが、アーノルド・シュワルツェネッガーが「アーニー」ではなく「シュワちゃん」と呼ばれているのと同じ手方。
  2. ^ 日刊スポーツ北京オリンピックコラム「OGGIの毎日がオリンピック」2008年8月23日付
  3. ^ 愛称は「スマイルジャパン」 アイスホッケー女子代表 朝日新聞 2013年3月28日閲覧
  4. ^ モーニング娘。」や「カントリー娘。」をもじったもの。
  5. ^ “カーリング娘”改めクリスタル・ジャパン デイリースポーツ2009年12月15日
  6. ^ 【カーリング】北海道銀行の「元祖カー娘」小笠原&船山“カーママ”でソチへGO! スポーツ報知2013年9月17日
  7. ^ カー娘「マリリン」3大会連続五輪逃す LS北見、敗退 朝日新聞2013年9月15日
  8. ^ ボブスレー日本代表チームの愛称を発表しました 日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟ニュースリリース 2013年12月23日付
  9. ^ 女子代表の愛称は「サクラ」に 産経新聞 2013年6月18日閲覧
  10. ^ 過去のワールドカップ - 第5回大会
  11. ^ 日本フットサル振興会 - <野武士ジャパン>
  12. ^ “バスケットボール日本代表チーム 記者発表会のご報告 -新ニックネームは「AKATSUKI FIVE(アカツキ ファイブ)」に決定-” (プレスリリース), 日本バスケットボール協会, (2016年4月11日), http://www.japanbasketball.jp/japan/22240 2016年4月11日閲覧。 
  13. ^ “バスケ日本代表 ニックネーム「ハヤブサ」→「アカツキ」に変更”. スポーツニッポン. (2016年4月11日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/11/kiji/K20160411012385010.html 2016年4月11日閲覧。 
  14. ^ 挑戦者たち - 第1回 着々と進む本番への準備 〜世界ベスト4へ"ハヤテジャパン"〜(1/4)
  15. ^ ハンド女子愛称は「おりひめジャパン」 日刊スポーツ 2013年11月22日
  16. ^ 36年ぶり五輪へ 「レインボージャパン」3連勝! スポーツニッポン2011年10月8日閲覧
  17. ^ 愛、佳純ら「卓球NIPPON」で打倒中国 日刊スポーツ 2013年4月25日閲覧
  18. ^ 女子ナショナルリレーチームの愛称が決まりました! 日本陸上競技連盟 2014年5月10日
  19. ^ 男子ナショナルリレーチームの愛称を発表しました! 日本陸上競技連盟 2014年5月23日
  20. ^ スポニチ2010年4月18日 - 人魚になるまで泳げ!シンクロ代表 愛称はマーメイドジャパン
  21. ^ 空手代表、愛称は「雷神ジャパン」
  22. ^ スポーツニッポン - アイホケ娘 愛称は「スマイルジャパン」 選手の希望通りに スポーツニッポン 2013年3月2日閲覧

関連項目[編集]