日本語の乱れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ら抜き言葉の例。
このような「させて頂きます」を問題視する意見もある。
敬語の乱れとされる表現の例。

日本語の乱れ(にほんごのみだれ)とは、規範とされる日本語標準語国語)と現実の日本語の食い違いを否定的に捉えた語である。「変化」や「ゆらぎ」ともいう。

食い違いは現実の日本語が変化することでも規範が変化することでも生じうる。ある時代で「乱れ」とされたものは、別の時代では使われなくなったり定着したりして乱れではなくなっていることもあるが、その受容の過渡的段階で特に「誤用」などと盛んに取りざたされる。

古い時代の日本語は現代以上に激しく変化し続けてきたとし、昨今言われている日本語の乱れというのは些細なことと考える意見もある[1]。この立場からは「言葉生き物」などと喩えられる。

なお、「言葉の乱れ」という価値判断を伴った概念は言語学には存在しない[2]が、言語政策等では取り上げられることがある。この違いは、「記述文法」と「規範文法」という考え方の違いを反映している。言語学における文法(記述文法)は言語事実に基づいて記述された当該言語の法則性、規則性である。したがって、記述文法における「文法的におかしい」「非文法的」とされる表現は、(言い誤りを除けば)実際にそのような表現が当該言語に存在しない場合に限られる。一方、言語政策における文法(規範文法)は当該言語話者が従うべき文法とされる。規範文法において「文法的におかしい」とされる表現は、言語事実としては存在するが、その使用が規範から逸脱して不適切と評価される。後者が「言葉の乱れ」に相当する。

留意すべき点としては、芸術や文芸などの表現や創作活動に用いる日本語や、各地方で行われる日常会話での日本語の使用・発音・造語・記述などは自由であり、そのような言語活動が言語政策文化審議会答申に隷従する義務はなく、また制約や制限を受ける必要もない。[3][4]

概要[編集]

日本語の乱れという考え方は、近年に始まったことではない。古くは、清少納言が作者とされる『枕草子』にも、若者の言葉の乱れを嘆く一節がある。

なに事を言ひても、「そのことさせんとす」「いはんとす」「なにせんとす」といふ「と」文字を失ひて、ただ「いはむずる」「里へいでんずる」など言へば、やがていとわろし。 — 枕草子

一般社会では往々にして憂慮される現象だが、日本語学者の間には「言語は変化するのが当然であり、乱れでなく「変化」である」という意見が多くみられる。実際、上記の枕草子に批判される「ムズ(ル)」も中世期に入ると、ひとつの助動詞として定着していくことになる。

また日本語の乱れは、個人の語感によるほかに、日本国政府によっても少なからず注意を払われる。

ただし、政府の姿勢は日本語の変化を即悪いことと考えるようなものではなく、変化を容認することもあれば、積極的に日本語を改造することさえある。例えば、1905年明治38年)に、大日本帝国政府は『文法上許容すべき事項』を定め、当時の書き言葉に現れていた「従来破格又は誤謬と称せられたるもの」の一部を追認した。

このとき追認された誤用には、例えば「〜なるもの」「挑戦するも果たせず」といった表現がある。それぞれ従来は「〜というもの」「挑戦すれども果たせず」としなければ、文法的に誤りだとされていたものだが、これらを誤用と認識する人は、現在では少なくなっている。

第二次世界大戦後になって『当用漢字』では「漢字数の削減と字体の簡略化」を打ち出した。『現代仮名遣い』は、それ以前の歴史的仮名遣と異なって、文法や語源に関係なく発音通りに表記することを原則とした。『これからの敬語(2014年4月2日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project』では敬語の簡略化を図った。

これらは、古くなった規範文法を言語事実に合わせて更新することで、言葉の乱れを小さくした例であるが、既存の規範文法に固執する立場からは「敬語の乱れを助長した」と、解釈される場合もある。

批判[編集]

金田一春彦は、日本語の乱れという考え方に異を唱え、次のような理由から日本語は乱れていないとした[5]

  • 音韻の面では、訛った発音をする人は格段に減りつつある。
  • 文法の面では、昨今日本語の乱れとされる言い方の多くは実は戦前からあるものである。また、その多くは表現の明快さや論理性を高める方向の変化であるから、むしろ歓迎すべき変化である。
  • 全体として見ると、かつて日本語に地域ごとの方言しかなく異なる地域間では意思疎通が困難だったのが、共通語に統一されつつある現代は、「日本語の乱れ」どころか乱れが収まりつつある状況である。

文法の「揺れ」に関するもの[編集]

ら抜き言葉[編集]

「見る」のような上一段活用動詞、「食べる」のような下一段活用動詞、また「来る」の活用の種類であるカ変動詞の可能表現としてそれぞれ「見れる」「食べれる」「来れる」とするものは、「ら」を含んでいないということから「ら抜き言葉」と呼ばれる。

敬語に関するもの[編集]

形容詞・動詞+です[編集]

連体形に活用された形容詞の直後に、丁寧の意をもつ断定の助動詞の「です」が後置される句や節は、「意味が捉えにくく誤用の可能性が高い」との印象があった。これについて、第1期国語審議会1952年)では、「平明・簡素(わかりやすくはっきりしていて平易)な形として認めてよい。」と答申し、日本語話者の間で齟齬が生じにくい、と判断した。しかしながら、前述の答申には、動詞の直後に助動詞の「です」を後置する文体への言及はなかった。 言語学者井上史雄は自著[6]の中で、「将来的には動詞も含めて全てに「です」が付くようになるだろう」との見解を示している。 また、田山花袋は、「蒲団」[7](1908年)の中で、「好いですよ」「困るです」といった表現を用いているが、田山花袋の著作が、明治大正期の言文一致の時期に執筆されたものであることと、現代口語との間に大きな差異がある事にも留意し、分析を行う必要がある。

とんでもございません[編集]

「とんでもない」は、形容詞の「とでもない」(「とでもなし」)に、撥音便に類推する「ん」が付加されて生じた語である。[8] [9] また、「とんでもない」の「ない」は、前置された語素(「とんでも」)に対し、「そのような状態にある」という意味を付加して、語全体を形容詞化する接尾辞であり、打ち消しの意味を持たない[10]。 従って、敬語に限らず「とんでもない」の「ない」を、打ち消しの助動詞や形容詞、打ち消しの従属節(「ございません」など)に置き換えることはできない。本項の「とんでもございません」の語義は、「異論はありません」となり、「とんでもない」の対義語となる。 なお、同様の構造を持つ語として「切ない」や「せわしない」などがある。

おいしくいただけます[編集]

「いただけます」に含まれる「いただける」(カ行下一段活用・連用形)を、聞き手が、謙譲の他動詞と捉えた場合に限り、聞き手は自らの動作に謙譲表現が宛われたと感じる場合がある。[11] 一方で聞き手が、「いただけます」を、可能動詞の「いただける」(カ行下一段活用・連用形)と捉えた場合には、「いただける」が謙譲の意を持たなくなる。

混同されやすい語は、謙譲表現を含む「いただく」(カ行五段活用の他動詞)、及び接続助詞「て」に後置されて、包括的な謙譲表現を後置修飾する「いただく」(カ行五段活用の補助動詞)であるが[12] [13]、「いただけます」と「いただきます」の意味の差を把握できているならば、容易に判別することができる。そのため、文化庁国語科の1997年の調査ではこの表現を「気になる」と答えたのは一割程度に留まる結果となった。

ご利用できません[編集]

「ご利用できません」は、「ご利用」と「できません」という二つの文節を、何らかの語(単語または節)を省略して接続した文である。従って、この文の意味を理解する際には、読み手(聞き手)が、省略された語を、書き手(話し手)の意思を読み取って的確に推測し、補う必要が生じる。 しかしながら、このような推測は極めて困難である。その為、読み手は「ご利用」と「できません」との間の係り受けを、曖昧な意としてしか把握できなくなる。この曖昧さは、文全体の意味や、敬語表現の主体と客体を、読み手が自由に解釈できる状態を生じさせると共に、意思伝達の不確実さを増大させる。「ご利用できません」が、不完全な文と見なされる理由は、この曖昧さと不確実さに起因する。 これらを低減する方法としては、書き手が、語(単語または節)を省略する事なく「ご利用になることはできません」と記述する方法がある。あるいは、「ご利用いただけません」や「ご利用にならないよう、お願いいたします」など、書き手の意思を十分に含む表現へ言い換える事で、意思伝達の確実性を向上させる方法も有効である。

ご利用される[編集]

「ご利用される」は、その成り立ちを「ご利用+される」と考えることができ、その場合においては「ご利用される」は尊敬語としてはあり得る形だとされる。ただし「ご利用される」の「ご……さ」の部分が「ご……する」という謙譲語の形であり、これに「れる」という尊敬語が付いた<謙譲語+尊敬語>の組合せだと見られることなどから、現時点では「適切な敬語ではない」とする考え方が有力とされる。

「〜させていただく」の濫用[編集]

誰かの許可を得て何かを「させていただく」わけでない場面で、単に「いたす」の代用として「〜させていただく」と言うこと自体を嫌う向きもある。元は近畿地方の表現であり(伝統的に関西ではへりくだった遠回しな表現を好む傾向がある)、関西ではそれほど「させていただく」の多用が問題視されていない[14]井上史雄は、このような表現が関西から東京へ広まったのは1950年代と考えている[15]

名詞を修飾する「〜ます」[編集]

「こちらにあります鉛筆で〜」のように名詞を修飾する動詞に「ます」をつける用法も、厳しい敬語指導書では批判され、NHKでもあまり使わないように指導している。名詞の前の「〜ます」を問題視する立場からは「こちらにある鉛筆で」のように「ます」をつけずに言うのが望ましいことになるが、生きた言葉を規制するのは難しく、現実には「ます」をつけた言い方も広く聞かれる[16]

若者に多い事例[編集]

接客に関するもの[編集]

表記に関するもの[編集]

ひらがなに長音符号[編集]

長音符号は、音引き・伸ばし棒とも呼ばれ、カタカナで用いられる。この長音符号をひらがなに用いるのは、昭和61年告示第1号『現代仮名遣い』の規定により誤用とされる。100年以上前の文部省発行の小学校教科書では、ひらがな中の長音符号が正式に採用されていた時期があったが、数年で廃止された。

例:

おじーさん
正: おじいさん
らーめん
正: ラーメン、らあめん

送りがなの区別[編集]

「行」は「い・く/ゆ・く」「おこな・う」の2つの訓を持つが、連用形や過去形では両者の区分が付かない(「行った:いった/おこなった」)。このため便宜的に「おこなう」の送りがなを「おこ・なう」として区別することがある。昭和48年内閣告示「送り仮名の付け方」において「行う」が「本則」であるが「行なう」も「許容」されている。

全然〜肯定表現[編集]

全然は「全然〜ない」などと後ろに否定表現を伴うのが正しいとされ、肯定表現で使用するのは間違いだとされる。ただし、「全然違う」、「全然だめ」、「全然反対」、「全然別」などは、「全然」に修飾される語に否定的な要素が含まれており、実際古くから使われている。しかし夏目漱石などによる近代初期の文学作品に肯定表現の例が頻繁に見られる[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 金田一春彦『金田一春彦著作集 第二巻』玉川大学出版部、2004年、30頁。
  2. ^ 金田一春彦『金田一春彦著作集 第二巻』玉川大学出版部、2004年、96頁。
  3. ^ 日本国憲法 第十九条  思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
  4. ^ 第二十一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
  5. ^ 金田一春彦『金田一春彦著作集 第二巻』玉川大学出版部、2004年。
  6. ^ 井上史雄『敬語はこわくない 最新用例と基礎知識』講談社現代新書、1999年、108頁。
  7. ^ 「蒲団」田山花袋著作 国立国会図書館収蔵”. 2017年5月13日閲覧。
  8. ^ テジタル大辞泉”. 2017年5月13日閲覧。
  9. ^ 三省堂 大辞林”. 2017年5月13日閲覧。
  10. ^ テジタル大辞泉”. 2017年5月13日閲覧。
  11. ^ テジタル大辞泉”. 2017年5月13日閲覧。
  12. ^ テジタル大辞泉”. 2017年5月13日閲覧。
  13. ^ 三省堂 大辞林”. 2017年5月13日閲覧。
  14. ^ 奥山益朗「させていただく」『日本人と敬語』東京堂、1972年
  15. ^ 井上史雄『敬語はこわくない 最新用例と基礎知識』講談社現代新書、1999年、160頁。
  16. ^ 井上史雄『敬語はこわくない 最新用例と基礎知識』講談社現代新書、1999年、110頁。
  17. ^ 「全然いい」(小林賢次執筆)北原保雄(編)『問題な日本語』大修館書店、2004年、ISBN 4469221686

関連項目[編集]