日本農民党 (1947-1949)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

日本農民党(にほんのうみんとう)は、1947年2月25日に結成された日本政党。同年の第23回衆議院議員総選挙で、12名の候補者を立てて5名の当選者(河口陽一=(北海道2区)、北二郎=(北海道4区)、高倉定助=(北海道5区)、中野四郎=(愛知4区)、中村元治郎=(奈良全県区))を出した。その後、他の諸派から同党への参加議員があり、院内会派としては7名を数えた。

1949年第24回衆議院議員総選挙に際しては、9名の候補者を立てたが当選者は中野四郎ひとりにとどまった。

1949年農民新党に合流し、農民協同党を結成。

党勢の推移[編集]

衆議院[編集]

選挙 当選/候補者 定数 備考
(結党時) 0/- 466  
第23回総選挙 5/12 466
第24回総選挙 1/9 466