日渡早紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日渡 早紀
生誕 (1961-07-05) 1961年7月5日(55歳)
神奈川県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1982年 -
ジャンル 少女漫画
代表作 ぼくの地球を守って
受賞 第6回アテナ大賞第2席(1981年)
公式サイト 日渡ぷらす日記
テンプレートを表示

日渡 早紀(ひわたり さき、1961年7月5日 - )は日本の漫画家。神奈川県出身[1]。実家は書店[2]

1981年、「魔法使いは知っている」で白泉社の第6回アテナ大賞第2席を受賞。この作品が1982年花とゆめ』(白泉社)第4号に掲載され、デビュー。なお、この作品は早紀シリーズ第1話として位置付けられている。

代表作に『ぼくの地球を守って』など。

作品リスト[編集]

発表年は掲載誌の号数に準拠。単行本は花とゆめコミックス、文庫版は白泉社文庫、愛蔵版はジェッツコミックスより刊行(全て白泉社)。

  • 早紀シリーズ(1982年 - 1985年、花とゆめ別冊花とゆめ) - 単行本シリーズ計2巻・文庫版シリーズ計1巻
    • 単行本は『星は、すばる。』、『無限軌道』が刊行。
    • 文庫版は『星は、すばる。』が刊行。
  • アクマくんシリーズ(1982年 - 1986年、花とゆめ) - 単行本シリーズ計7巻・文庫版シリーズ計4巻
    • 単行本は『アクマくんにお願い』、『アクマくん ぼくは天使になりたい』、『アクマくん ブラック・ミニオン』、『アクマくん 魔法★BITTER』全4巻が刊行。
    • 文庫版は『アクマくんにお願い』、『アクマくん ブラック・ミニオン』、『アクマくん 魔法★BITTER』全2巻が刊行。
  • 記憶鮮明シリーズ(1984年 - 1999年、花とゆめ・花ゆめEPO・別冊花とゆめ) - 単行本シリーズ計2巻・文庫版シリーズ計1巻
    • 単行本は『記憶鮮明』、『偶然が残すもの』が刊行。
    • 文庫版は『記憶鮮明』が刊行。
  • ぼくの地球を守って(1987年 - 1994年、花とゆめ) - 単行本全21巻・文庫版全12巻・愛蔵版全10巻
  • 未来のうてな(1994年 - 1999年、花とゆめ) - 単行本全11巻・文庫版全5巻
  • 宇宙なボクら!(1999年 - 2001年、花とゆめ) - 単行本全4巻・文庫版全2巻
  • GLOBAL GARDEN(2001年 - 2005年、花とゆめ) - 単行本全8巻・文庫版全4巻
  • ボクを包む月の光 ─ぼく地球(タマ)次世代編─(2003年 - 2015年[3]、別冊花とゆめ・花とゆめプラス) - 単行本全15巻
  • ぼくは地球と歌う ─ぼく地球(タマ)次世代編II─(2015年[4] - 連載中、別冊花とゆめ) - 単行本既刊2巻(2016年12月現在)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 白泉社 作家データベース 日渡早紀”. 白泉社. 2016年11月4日閲覧。
  2. ^ 『星は、すばる。』P143で本人談より。
  3. ^ 「ぼく地球」3rdステージへ突入、新章は「ぼくは地球と歌う」”. コミックナタリー (2014年11月26日). 2016年11月4日閲覧。
  4. ^ 「ぼく地球」第3章開幕、ボク月の4年後に蓮が出会った美少女は”. コミックナタリー (2015年3月26日). 2016年11月4日閲覧。