日産・セドリック営業車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日産・セドリック > 日産・セドリック営業車
セドリック営業車(京王自動車
京王線多摩都市モノレール線の交差する高幡不動駅にて。

セドリック営業車(セドリックえいぎょうしゃ)は、日産自動車が製造・発売していたセダンセドリック」の商用タクシー専用)モデルである。日産車体が製造していた。一般、官公庁向けの自家用も存在する。そちらは日産・セドリックセダンを参照のこと。

概要[編集]

2004年で生産終了したハードトップの最終型がY34型なのに対し、セダンは1987年6月に登場したY31型が、マイナーチェンジを重ねながら2014年まで継続生産されていた。登場当初は「セドリック」「グロリア」として発売された。内装は高級車であるセドリックの一種としては最低限(特にスーパーカスタムタクシータイプ以下のグレード)ではあるものの、運転席シートは乗務員が長時間乗務することを考慮して、上級のものを設置していた。また、ダッシュボードタクシーメーター無線機タコグラフなどの搭載を考慮して、これらの収納スペースを多くとっていた(タクシーインスト)。グレードはオリジナル、カスタム、スーパーカスタム、クラシックSVがあり、オリジナルとカスタムが法人向けでスーパーカスタムとクラシックSVが個人向けであった。ただし、スーパーカスタムとクラシックSVを使用している法人タクシーも一部存在する。過去には、個人向けにブロアム、クラシックもあった。またこのほかに1990年代前半までは、Y30型・Y31型の自家用モデル(4ドアセダン、ハードトップ共)のガソリン車 (VG30E, VG20E, NA) を整備工場でLPGに改造するケースも都内のハイヤー個人タクシーで見られた。

輸出[編集]

130型以来日本国外向けも生産されており、左側通行(右ハンドル)を採用する香港マカオシンガポールなどへ輸出されていた。現地では日本と同じくタクシーなどとして数多く使用されている。2013年より翌年のセドリックのブランド終了まで、香港での輸入が再開された[1]

歴史[編集]

2代目130型系(1965年 - 1971年)[編集]

  • 1965年10月 - 発売。
  • 1966年10月 - 一部改良。
  • 1967年10月 - 一部改良。
  • 1968年9月 - マイナーチェンジで後期型となる。
  • 1969年10月 - 一部改良。

3代目230型系(1971年 - 1975年)[編集]

  • 1971年2月 - 発売。
  • 1972年7月 - マイナーチェンジで後期型となる。
  • 1973年4月 - 昭和48年排出ガス規制適合。

4代目330型系(1975年 - 1979年)[編集]

  • 1975年6月 - 発売。
  • 1976年6月 - ガソリン車は51年排出ガス規制適合で331型になる。
  • 1977年6月 - マイナーチェンジで後期型となる。

5代目430型系(1979年 - 1983年)[編集]

日産・セドリック営業車(5代目)
430型系
販売期間 1979年6月 - 1983年6月
乗車定員 5 / 6人
ボディタイプ 4ドアセダン(タクシー向け)
エンジン SD20型 ディーゼル2.0L
LD28型 ディーゼル2.8L
L20P型 LPG2.0L
Z20P型 LPG2.0L
駆動方式 FR
変速機 3速AT / 4速MT
全長 4,690mm
全幅 1,690mm
全高 1,430mm
-自動車のスペック表-
  • 1979年6月 - フルモデルチェンジ。スタイリングは330型から一転した6ライトウインド(スタンダードの後部ドア後ろの窓は嵌め殺し)の直線基調のボクシーなデザインになった。エンジンは4気筒車はそれまでのH20型に代わって登場したZ20型LPG仕様と6気筒LPGのL20型の2種類。グレードはSTD/DX/カスタムDXの3種類。自家用セダンとの違いにリアサスペンションリーフ式、コラムシフト車のみの設定、フロントルームランプ(日報灯)が標準。ダッシュボードは、大型料金メーターとタコグラフの装着に対応したタクシーインスト(全車設定。DX/カスタムDXはアナログ時計が標準装備)と、自家用セダンと同様のデジタル時計を装備したハイヤーインスト(6気筒エンジン車のみ。DX/カスタムDX)が設定されていた。6気筒車では3速AT車(ニッサンマチック)も選べた。フロントシートはベンチ/運転席がリクライニングするスプリットが標準仕様だが、5人乗りセパレートシートも選べた。日本国外へは、前述の通り香港・マカオ・マレーシア・シンガポールへ輸出されており、それらはスタンダードをベースにしDX以上の後部ドアのフレームガラスが組まれているのが特徴(日本国内仕様ではそれがFRPで塞がれている)。エンジンはLPGスタンドがないためディーゼルエンジンが装備された。
  • 1981年4月 - スタンダード以外のモデルはマイナーチェンジでフロントグリル・テールランプのデザインを変更。スタンダードには間欠ワイパーを標準装備。

6代目Y30型系(1983年 - 1987年)[編集]

日産・セドリック営業車(6代目)
Y30型系
販売期間 1983年6月 - 1987年6月
乗車定員 5 / 6人
ボディタイプ 4ドアセダン(タクシー向け)
エンジン LD28→RD28型 ディーゼル2.8L
SD23型 ディーゼル2.3L(輸出用)
TD25型 ディーゼル2.5L(輸出用)
L20P型 LPG2.0L
CA20P型 LPG2.0L
駆動方式 FR
変速機 3速AT / 4速MT
全長 4,690mm
全幅 1,695mm
全高 1,445mm
-自動車のスペック表-
  • 1983年6月 - Y30型にフルモデルチェンジ。スタイリングは430型のキープコンセプトであり、グレードはSTD/DX/カスタムDX/GLの4種類。エンジンは当初は4気筒・CA20型LPGと6気筒ディーゼルのLD28型のみ。アジア向けには4気筒ディーゼルエンジンSD23型。スタンダード車は430型と同様に丸目4灯式ヘッドライトでリアサイドのオペラウインド部分は嵌め殺しのガーニッシュ。DX以上は6ライトウインドの外観と異型2灯式ヘッドライト。ダッシュボードは従来通りタクシーインスト(STD~カスタムDXのLPG仕様に設定)とハイヤーインスト(自家用モデルと同様。カスタムDXとGLに設定)の2種類。海外輸出は、永らくダットサン220C(Cはセドリックを意味していた)から正式に「日産セドリック」(中国名:日産賓力的士)と改められ、ライバルのトヨタ・クラウンとともに日本仕様車と同様とした。先代の430型同様、STDベースにDX以上の最後部のガラスフレーム(リアオペラウィンドウ)が組まれていた。日本仕様ではそれが塞がれている。
  • 1984年1月 - カスタムDXとGLに6気筒LPG仕様追加。エンジンはL20型のLPG仕様で型式はE-MY30。
  • 1985年6月 - マイナーチェンジでSTD以外はフェイスリフト(STDはNISSANロゴのエンブレムがトランクリッドの左から右に移動)/6気筒LPGエンジン搭載車にSGL(ハイヤーインスト)を追加。6気筒ディーゼル車がLD28からRD28に換装。輸出用ディーゼル車はSD23型からTD25型へ変更。

7代目Y31型系(1987年 - 2014年)[編集]

日産・セドリック営業車(7代目)
Y31型系
1991年-1995年のモデル
Kawaji kanko Taxi Cedric.JPG
1995年-2005年のモデル
Askakotsu.jpg
2005年-2009年のモデル(リア)
NISSAN Cedric Sedan.jpg
販売期間 1987年6月 - 2014年11月
乗車定員 5 / 6人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン RB20P型 LPG2.0L
CA20P→NA20P→NA20PE型 LPG2.0L
RD28→RD28E型 ディーゼル2.8L
TD27型 ディーゼル2.7L(輸出用)
駆動方式 FR
変速機 4速AT
5速 / 4速MT
全長 4,690 - 4,860mm
全幅 1,695 - 1,720mm
全高 1,445mm
ホイールベース 2,735mm
後継 日産・NV200タクシー
-自動車のスペック表-
  • 1987年6月 - Y31型発売。営業車仕様はリアサスペンションを荷重と耐久性を考慮した5リンク式(Y30と同じ)でエンジンは直列6気筒LPG仕様のRB20P型と4気筒LPG仕様のCA20Pと6気筒ディーゼル仕様のRD28の3種類。6気筒LPGはフルレンジ電子制御4速オートマチックを採用。アジア向けにはディーゼルエンジン4気筒TD27型を搭載。ダッシュボードはそれまで通りタクシーインストとハイヤーインストの2種が設定された。前期型(1991年6月まで)は、フェンダーミラーの死角を減らして視界を向上させるため形状を左右で違えた「アンシンメトリーミラー」や、トランクに入らないようなスーツケースなどを考慮して助手席シートのクッション部分を折りたたみ式として固定用ベルトを装備した「ポーターシート」といったアイデア装備もあった。また430/Y30型のスタンダード仕様では、6ライトウィンドウを形成するCピラーのクォーターウィンドウ(小窓)部分が窓ではなくガーニッシュ(パネル埋め込み)であったが、Y31型ではオリジナルと呼ばれるスタンダード仕様でもクォーターウィンドウが装着された(ちなみにヘッドランプは丸形4灯のまま)。海外輸出では、フロントグリルがグロリア用となった。派生としてパトロールカー仕様のYP31型が存在する。
  • 1989年6月 - マイナーチェンジ。オリジナル以外のグレードは、セダン自家用車仕様と同様にフロントグリルとテールランプのデザインが変更された。また、ブロアムには、3ナンバー仕様の大型バンパーと5ナンバー仕様の標準バンパーの2種類がガソリン車同様に設定された。
  • 1991年6月 - 4ドアハードトップがY32型へフルモデルチェンジされたことに伴い、従来のY31型セダンはビッグマイナーチェンジが施され、4気筒エンジンはCA20PからNA20Pに変更と同時にOD付き4速コラムAT車も設定。ブロアム、クラシックSV、クラシック、スーパーカスタム(ハイヤーインスト)車にタコメーターを装備した。エクステリアではCピラー部分のクォーターウィンドウが無くなり太いCピラーとなり、430型以来の伝統である6ライトウィンドウスタイルは廃止された。またオリジナルを含めて全グレードのヘッドランプがフォグランプ内蔵の異型ヘッドランプになった。
  • 1992年6月 - NA20P搭載車にOD付き4速フロアATを追加。 
  • 1993年6月 - 一部変更/エアコンは代替フロン化/カスタム・オリジナルにも電子チューナーラジオを装着。 
  • 1995年8月 - マイナーチェンジ。運転席エアバッグのオプション設定、テールランプのデザイン変更、3ナンバー車のフロント部分を大幅変更(5ナンバーはグリルのみ変更)。
  • 1996年9月 - 4輪独立懸架サスペンション搭載のV6LPG車を改造扱いで設定。VG20型V6エンジンのLPGはトランクリッド左側にV6エンブレムが付く。ゾーンボディコンセプトの安全ボディ化される。
  • 1998年6月15日 - 一部改良。ラジオアンテナを全車ガラスアンテナに変更、上級グレードに新設計のオーナーインストの設定がされた。RB20P型6気筒LPGエンジンのATをE-ATから4ATに変更し、スーパーカスタムは4気筒LPGのみに。NA20P型4気筒LPGエンジン車に4輪ABSをオプション化した。同時にキャブレターが電子制御式となり、出力を82ps→85psに向上。
  • 1999年8月23日 - 一部改良。安全性能および仕様装備の向上を図る。RB20P型6気筒LPGエンジン車にも4輪ABSをオプション化した。また、直列6気筒SOHCディーゼル RD28型に替わりRD28E型を設定。MTを4速から5速に変更。あわせてグロリアセダンが廃止され、セドリックセダンに統合された[注釈 1]。アジア向け車に搭載していたTD27型が廃止され、日本仕様と同じくCA20Pへと変更された。これは京都議定書に基づき現地でのLPGスタンド施設が完成したのを受けたことによるもの。また、福祉タクシーとして助手席回転仕様車を追加。
  • 2001年2月21日 - 福祉タクシーに後席回転仕様車を追加。
  • 2002年6月26日 - 一部改良。法人タクシー向けに4気筒「クラシックSV」を設定。全グレード4本スポークステアリング標準装備、自家用モデル及びガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、直列6気筒LPGエンジン搭載車を廃止。直列4気筒NA20P型LPGエンジン搭載のタクシー仕様のみとなる。「ブロアム」は一時廃止。ボディカラーのプラチナシルバーメタリックはダイヤモンドシルバーメタリックに変更された。
  • 2004年1月13日 - V型6気筒SOHC VG20E型エンジンをベースとするVG20P型LPGエンジン搭載して「ブロアム」が復活。ブロアムには運転席エアバッグが標準装備される一方、ABSはオプションでも設定されなかった。オリジナルに電動リモコンメッキフェンダーミラー、オリジナル以外に電動格納式リモコンドアミラー、スーパーカスタム以下に全席パワーウィンドウのオプション設定。
  • 2005年11月30日 - 一部改良。内装がブルーからグリニッシュグレイへ内装色変更、上級グレードの木目調パネルの明るさ変更、パワーウィンドウ標準装備(それまでの非装着車はサンクスパワーウィンドウと呼ばれる運転席・後席左のみ電動)、前部ウインカーがクリアレンズ化され、車体前方に寄せて付けられていた側面ウインカーは車体中央近くへ移設された。ヘッドライトレベライザー、LEDハイマウントストップランプが装備された。
  • 2007年7月 - 直列4気筒SOHC NA20P型エンジン搭載車が平成17年排出ガス規制適合と平成22年燃費基準を達成。規制に適合しないV型6気筒SOHC VG20P型LPGエンジンが廃止された。これにより2002年6月のグレード構成に戻ったのと同時に1977年より続いたセドリックのブロアムグレードもここで廃止された。また、日産フリート限定で、クラシックSVプレミアム(クラシックSVをベースに廃止されたブロアムに標準装備のインパネとオートエアコンとブロアムにメーカーオプションだったアルミホイールを装着させたもの)が販売されている。
  • 2009年9月 - 一部改良。実用燃費の向上を図るため、専用設計のアイドリングストップ&スタートシステムを追加。また、運転席SRSエアバッグを標準装備するとともに、改正保安基準である「衝突時の歩行者頭部への衝撃緩和」に対応するため、フードやフロントフェンダーなどの形状を変更し、安全性を向上させた(この変更により全車ドアミラーのみとなる)。タクシーインストが廃止となりインパネがクラシックSV仕様へ統一された。これにより、全車にタコメーターが標準装備となる。また、全グレードがセパレートシートに統一され、デュアルシートの設定がなくなる。また、パーキングブレーキレバーもハンドル横のステッキ式から一般的な手で引くタイプに変更された。マニュアルトランスミッション車は廃止となり、OD付4速オートマチック・コラムタイプのみとなった。
  • 2010年9月 - 一部改良。燃費・排ガス性能、レスポンスを向上するため、エンジンの燃料供給方式を液噴式に変更(直列4気筒LPG SOHC NA20PE型)。また、オートマチックトランスミッションを電子制御化し、ロックアップ領域を追加したことで燃費を約12%向上した。仕様・装備面ではタイヤを低燃費タイヤにすると共にサイズを15インチにアップ。同時に、樹脂フルホイールカバーのデザインを変更(セレナラフェスタジョイNV350キャラバンと同一品)。UV断熱グリーンガラス(フロントドア、リアドア、バックガラス)とABSを全車に標準装備化。後席のシートベルトタングとバックルは中央席と外側席で色分けされ、オーディオ下部には蓋付きのコンソールボックスを設定した。
  • 2012年6月25日 - 一部仕様向上。全グレードで後席中央3点式シートベルトと後席左右ISO-FIX対応チャイルドシート用アンカーを採用し、フォグランプの配光変更も行った。同時に全グレードのシートデザインをクラシックSVと同一の「バケットタイプ・大型ヘッドレスト」に統一した。
  • 2014年10月末 - 生産終了[2]。以降は在庫分のみの対応となる。
  • 2014年12月1日 - 販売終了。これと同時にホームページへの掲載を終了[3]。これにより、Y31型セドリック営業車としては27年、セドリックのブランドは名実共に54年の歴史に幕を下ろした。また、日産の国内ラインナップからセダンタイプのタクシー用車両が事実上、完全消滅した。なお、後継のタクシー用車両としてミニバンタイプのNV200タクシーが2015年6月8日から発売開始された。海外輸出を展開してきた香港・シンガポール等へも結果的にNV200タクシーを投入することとなった。

エンジン[編集]

  • CA20P 2000cc 直列4気筒LPG(NJY31、Y31前期型まで)
  • NA20P 2000cc 直列4気筒LPG(QJY31、Y31中期型以降輸出用にも搭載)
  • NA20PE 2000cc 直列4気筒LPG(QJY31、2010年9月以降)
  • RB20P 2000cc 直列6気筒LPG(MJY31・CMJY31、2002年廃止)
  • VG20P 2000cc V型6気筒LPG(BJY31・CBJY31、2007年廃止)
  • SD23 2300cc 直列4気筒ディーゼル(輸出専用Y30まで)
  • RD28 2800cc 直列6気筒ディーゼル(1999年廃止)
  • RD28E 2800cc 直列6気筒ディーゼル(2002年廃止)
  • TD27 2700cc 直列4気筒ディーゼル(輸出専用1999年廃止以降LPG車へ適用)

※3ナンバー車には形式名の最初にCが付く

特装車[編集]

ブライダルセダン
後席左側の屋根が開く。和装花嫁が乗降する際、角隠しが当たらないようにするための機構。
介護タクシー
助手席回転シートと後席回転シートがある。

輸出仕様車[編集]

香港でタクシーとして使用されるセドリック営業車

以前より日産は香港とシンガポールのタクシー向けに、競合関係のトヨタ・クラウンコンフォートとともにセドリック営業車を輸出してきた。当初はLPGではなくディーゼルエンジンTD25/27型搭載車のみを輸出してきたが、排気ガス規制の波は世界的に及んでいるため、ディーゼルに代わりクリーンで経済的なLPG車を導入している。近年、日産によるタクシー車輸出は休止状態であったが、香港特別行政区向けのみへの輸出が2013年より再開された。輸出再開後のモデルは、日本では既に廃止されている6人乗りデュアルシートとなっているほかは概ね日本仕様に準じる。

特例[編集]

ミャンマーヤンゴン市タクシー
日本全国で活躍していたタクシー車で、前所有者である日本交通・チェッカー無線・中央無線・東京無線・都市交通・金港タクシーなどといった塗装のまま活躍している。個人タクシーからでも例外ではなくそのまま活躍しており、ミャンマーではLPG施設がない関係上ディーゼルエンジンへ換装(NA20Pからキャラバン用TD27へ)して使用している。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これにより、全販売会社で取り扱いを開始。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Nissan Cedric Y31 五座的士搵食好拍檔”. Car1.hk (2013年11月14日). 2015年12月1日閲覧。
  2. ^ 日産自、ワゴン型タクシーを来年6月発売=乗り降り楽で広い室内”. 時事通信 (2014年11月26日). 2014年11月28日閲覧。
  3. ^ 日産:セドリック [ CEDRIC ビジネスセダン/バン Webカタログ トップ] - 日産自動車

関連項目[編集]