日蓮宗不受不施派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

日蓮宗不受不施派(にちれんしゅうふじゅふせは)は、日蓮を宗祖とし、日奥を派祖とする、日蓮門下の一派である。

宗祖[編集]

派祖[編集]

祖山[編集]

概要[編集]

日蓮不受不施義を遵守しようとする不受不施派は、幕府の不受不施派寺請禁止令により信徒を寺請することが出来なくなり、教団自体が非合法化されるなどの厳しい弾圧を受けた。このような状況において教団は、法中(僧侶)、法立(不受不施信者)、内信(外見上他宗他派を装う信者)、という地下組織化の道をとり、教団の存続を図った。しかしそのような状況の中も教団内では、天和2年(1682年)頃備前、備中を中心とした地域において、外見上他宗他派を装う内信者と純粋な不受不施信者を同一に並べてよいか、法立が内信者のために法中の代わりに観経の導師を勤めてよいかということについて、論争が起こった。

この内紛は備州だけに止まらず不受不施派全体に及び、日向の佐土原に流刑中の日講備前倉敷[要検証 ]の津寺庵の日隆を中心とするグループは、生活基盤を確保して外見上平穏な生活をしている内信者と寺請してもらえず無宿者なっても浄い信仰を守っている不受不施信者をはっきり区別して、法立が導師をすることを認めないと主張した。このグループが津寺派(不導師派)と呼ばれ、本覚寺を本山とする不受不施日蓮講門宗の系統となった。

一方、讃岐に配流中の日堯と備前倉敷[要検証 ]の日指庵の日通を中心とするグループは、佐土原に流刑中の日講を引き合いに出し、「流罪とはいえ命を狙われる心配もなく安穏な生活をしている日講には、絶えずビクビクして信仰を守っている内信者の気持ちは分るまい」(除講記)を草して反論した。このグループが日指派(導師派)と呼ばれ、妙覚寺を本山とする日蓮宗不受不施派の系統となった。

近年、厳密な意味での清僧(肉食妻帯しない出家僧)が、途絶えたという。[1]

歴史[編集]

寺院、教会[編集]

  • 龍華山妙覚寺(岡山県岡山市北区御津金川、祖山)
  • 春雄山宣妙寺(岡山県岡山市北区西古松)
  • 奥聖寺(岡山県岡山市中区平井、旧松寿庵)
  • 鷲林山妙善寺(岡山県岡山市北区津島本町、旧唯紫庵)
  • 鷲峰山常在寺(岡山県岡山市北区御津紙工、旧常在庵)
  • 清涼山浄源寺(岡山県岡山市北区建部町市場)
  • 龍華山正妙寺(岡山県赤磐市稗田)
  • 福田山詮量寺(岡山県赤磐市福田)
  • 大樹山法泉寺(岡山県和気郡和気町益原、旧大樹庵)
  • 富榮山妙泉寺(岡山県和気郡和気町佐伯、旧妙泉庵)
  • 龍華山妙蓮寺(大阪府大阪市生野区林寺)
  • 龍華山若松寺(東京都港区南麻布、旧自証庵)
  • 成等山正覚寺(千葉県香取郡多古町島)
  • 龍華寺(千葉県香取郡多古町南玉造)
  • 一乗山妙松寺(千葉県いすみ市正立寺、旧妙昌庵)
  • 佐野教会(千葉県香取郡多古町佐野)
  • 水戸教会(千葉県香取郡多古町水戸)
  • 沢教会(千葉県香取市沢)
  • 無量山正行寺(香川県三豊市豊中町岡本)
  • 龍華山妙高寺(長崎県島原市広馬場町)

脚注[編集]

  1. ^ 中外日報社
  2. ^ 安丸良夫・宮地正人編『日本近代思想大系5 宗教と国家』470ページ

関連項目[編集]