はやぶさゆか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
パシンペロンはやぶさ
(はやぶさゆか)
Pashinperon 2010-04.jpg
右がパシンペロンはやぶさ(左は岡ちゃん。2010年4月)
本名 早房結香(はやぶさ ゆか)
生年月日 (1980-04-15) 1980年4月15日(36歳)
出身地 宮城県気仙沼市
静岡県富士市
血液型 B型
身長 153cm
方言 標準語
最終学歴 杏林大学外国語学部中国語学科
グループ名 パシンペロン(解散)
相方 岡野絵里(元相方)
芸風 漫才コント、霊視
事務所 ホリプロ
活動時期 1997年 -
(※『Rag』での活動開始年)
他の活動 芸能人女子フットサル
XANADU loves NHC2007年3月15日まで)
公式サイト パシンペロンはやぶさ公式プロフィール

はやぶさ ゆか(パシンペロンはやぶさ)1980年4月15日 - )は、日本お笑い芸人であり、お笑いコンビパシンペロンの元メンバー。元相方は岡野絵里。本名は早房 結香(はやぶさ ゆか)。

宮城県気仙沼市生まれ[1]静岡県富士市育ち。ホリプロコム所属。身長153cm、B90・W64・H88。

略歴[編集]

  • 3人兄妹の第2子として生まれる。兄と妹がいる。
  • 元々は趣味でお笑いのサークルに入っていた[2]。地元のSBSラジオ(静岡放送)主催のお笑いコンテストに出場。
  • 静岡時代も活動をしていたが、大学進学をきっかけとして上京。
  • 杏林大学外国語学部中国語学科卒業[3]。なお一時、中国に留学していたことがある[4]。大学卒業間近になって、就職活動するのを忘れていて、気付いたら周りのみんなが就職に内定していた中で、厳しい親に就職活動を忘れたと言えず「元々お笑いで活動したかった」と言い訳を付けたという[2]。以後は本格的にお笑い活動をする。
  • お笑いコンビの2度の解散、ピン芸人時代などを経て、2004年から2008年3月31日まで前田友理香(元・十文字ゆりかトリコロール・梨花)とのコンビ『クルクルキューティクル』のツッコミ担当として活動、この時からホリプロに所属。
  • かつては芸能人女子フットサルチーム「XANADU loves NHC」に所属。2007年3月15日をもって退団。
  • 2008年4月から同じホリプロ所属だった元『ほくろ38コ』の岡野絵里と新たに『パシンペロン』を結成。なお、『パシンペロン』としての初舞台は2008年4月10日の『お笑い春の陣』(東京都中野区・なかの芸能小劇場)となった。そしてパシンペロンになってからは、メガホンで相方を突っ込むという芸のスタイルとなった。
  • 2014年3月いっぱいで、コンビでの芸人としての活動を終了。はやぶさ引き続きスピリチュアル芸人として活動。岡ちゃんと二人組んでのコラボは今後もしていく予定であるという[5]。そして同時にはやぶさの、4歳年下の一般男性との結婚も発表された[6]2015年1月13日、第一子となる長男を出産[7]

お笑い経歴[編集]

  • Rag (1997年 - 2002年)(この名前で活動するも、相方は何度か変わっている)
  • ピン芸人 (2002年 - 2003年
  • ケーキーズ (2003年 - 2004年)- この時の所属事務所は慈プロダクション。このコンビ名の由来は、はやぶさの実家がケーキ屋であることにも由来。
  • クルクルキューティクル (2004年 - 2008年3月31日)
  • パシンペロン(2008年4月 - )

人物[編集]

スピリチュアル芸人として[編集]

  • 生まれつき霊感が強く、今でも毎日のように心霊体験をするという[20]霊視で守護霊などからのメッセージを伝えることが出来たりオーラ、健康・病気、体の悪い部分、前世、寿命(死期)、性感帯や幽霊と呼ばれる存在のものを見ることが出来[20]島田秀平もその能力を認めているという。また、妖怪では天狗死神を見たことがあり[21]、死期が近付いている人を見るとモザイクが掛かったように暗く見えたり、写真を撮るとその人だけ透けていたりいたという体験をしたこともある(その人は本当に間も無くして亡くなったという)[22]。その関係で『狩野英孝の行くと死ぬかもしれない肝試し』(Bee TV)などの心霊企画にも「スピリチュアル芸人」として出演することがある[23]
    • なお、これまで霊視したうえで一番驚いたのがタモリだったという(はやぶさいわく「(タモリに見えたのが)仏様やカリスマの人にしかない金色オーラ」)[10]
    • 小学2年生の終わり頃に父の実家へ向かっていた時、突然曽祖母が見えて両親らに伝えたが、その時はその曽祖母の葬儀のために帰省していた途中だった。この時から「人とは違うな」と思い始めたという。また、お盆の度に親戚の家などで亡くなった人の霊が見え、それを伝える度に驚かれていたという[24]
    • 『小説b-BOY』2013年7月号(リブレ出版)掲載のはやぶさ自身の体験談をもとにした漫画「はやぶさゆかの霊的ふわっふぃー」によると、街中でも多くの霊が見える(薄く透けて見えたり、色が褪せて見えたりしている)ことがよくあり、また交通事故、殺人事件があった現場で、被害者の最期のシーンが見えたこともあったという。また、かつてUFOの存在を否定していたら金縛りにあったので、それ以来UFOの存在を信じているという[20]
    • なお、最初は「気味悪がられるから」ということであまり霊感のことは話さず、仲のいい芸人たちにだけごく内輪な形で自らの霊感のことを話していたが、いつしか口コミでその話が広まり、マネージャーの耳にも入って「そういう特技あるのなら、それでテレビなどで活動しよう」と言われてスピリチュアル芸人として始動したという[2]
    • あるテレビ番組の収録である芸能人を霊視した時、違法行為が見えて、守護霊にもそのことを伝えて欲しいと言われたという(その収録はオンエアされなかったという)[25]
  • スピリチュアル芸人として2013年8月5日に、主催トークライブ「パシンペロンはやぶさゆかの不思議な世界のおべんきょ会 vol.1」(新宿ネイキッドロフト)を行った[26]
  • 一方で、自分自身の霊視となると「全くダメ」だという[18]

ぶっさん会[編集]

「ぶっさん会」という早房自身の呼び名が付いた名前の芸人仲間の会があり、「ぶっさん会ライブ」を東京都中野区のStudio twlで2007年から毎年12月22日に開催している。これまでの、このライブの出演者は以下の通り。

なお、この内クレイジードールズの小泉麻衣子とは、同じ富士市出身同士という関係[27]でもある。また、インターネットテレビの『ニンニンちくび』においても『ぶっさん会』で出演したことがあり、ここでは元相方の前田友理香とも共演したことがある。

出演[編集]

パシンペロン時代に二人で出演したものについては、パシンペロン#出演の節を参照。

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

  • パワースポットには行くな! 本当はやってはいけないスピリチュアル(ぴあ、2013年9月初版)
  • オーラもよどむ 不幸ことばにご用心!(ぴあ、2014年10月初版)
  • 毎日、幸福術(アントレックス(サプライズBOOK)、2015年2月初版)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ はやぶさゆか‏twitter(@hayabusa415)”. はやぶさゆか‏twitter(@hayabusa415)2013年5月25日 (2013年5月25日). 2013年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e パシンペロン:「スピリチュアル芸人」のきっかけはマネジャー いまさら聞けないネクストブレーク芸人”. 毎日新聞デジタルまんたんウェブ (2013年9月16日). 2013年10月31日閲覧。
  3. ^ アサヒ芸能』 2007年6.7特大号(第62巻21号)掲載のプロフィールより
  4. ^ オフィシャルブログ 2009年8月28日更新分より。
  5. ^ ◎パシンペロンから、お知らせ◎”. パシンペロンオフィシャルブログ (2014年3月13日). 2014年4月22日閲覧。
  6. ^ パシンペロン・はやぶさゆか結婚、お相手は接骨院の院長”. SANSPO.COM (2014年3月16日). 2014年4月22日閲覧。
  7. ^ パシンペロンはやぶさ 第1子長男出産”. デイリースポーツ (2015年1月15日). 2014年1月25日閲覧。
  8. ^ a b パシンペロンのペロフィールより。
  9. ^ 富士市青少年会議パネラーとして受けたインタビューが広報ふじ 平成7年(1995年)2月20日 635号(PDF)にも掲載されている。
  10. ^ a b スポーツ報知 2013年7月29日22面「本紙イチオシ!!ブレーク予報・パシンペロン」より。
  11. ^ a b はやぶさゆかtwitter(@hayabusa415)での自己紹介文より。
  12. ^ ☆こんなメンツでっ☆”. パシンペロンはやぶさのみえちゃいました! (2016年4月2日). 2016年6月2日閲覧。
  13. ^ ラジオNIKKEI | 影山のぞみ・空への落書き 2005年10月20日より
  14. ^ 「ウケウリ!!」2010年7月31日(土)放送内容”. 価格.com (2010年7月31日). 2014年5月9日閲覧。
  15. ^ 『パワースポットには行くな! 本当はやってはいけないスピリチュアル』最後での著者紹介より。
  16. ^ パシンペロンのプロフィール(オフィシャルブログ内)より
  17. ^ お笑いナタリー 2011年2月28日
  18. ^ a b 日刊ゲンダイ 2013年12月7日 10面「泣いて笑って踏ん張って 役者 芸人 貧乏物語」でのインタビューより。
  19. ^ ☆プロ野球開幕っ☆”. パシンペロンはやぶさのみえちゃいました! (2016年3月26日). 2016年6月2日閲覧。
  20. ^ a b c パシンペロンはやぶさ性感帯の霊視に自信”. nikkansports.com (2013年9月14日). 2013年9月15日閲覧。
  21. ^ 『毎日、幸福術』109ページ
  22. ^ 『毎日、幸福術』119~121ページ
  23. ^ TVでた蔵 2013年5月5日「笑っていいとも!増刊号」(2013年5月7日閲覧)
  24. ^ 『毎日、幸福術』116~118ページ
  25. ^ 『毎日、幸福術』110~111ページ
  26. ^ 「パシンペロンはやぶさゆかの不思議な世界のおべんきょ会」(ネイキッドロフト公式サイト)
  27. ^ 『イナズマ百人町(仮)』パシンペロン 2008年9月2日 14:38 更新分より