明智十三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
あけち じゅうざぶろう
明智 十三郎
本名 鹽谷 達夫(しおや たつお)
別名義 明智 三郎
生年月日 (1926-09-05) 1926年9月5日
没年月日 (2002-12-14) 2002年12月14日(満76歳没)
出生地 大日本帝国の旗 朝鮮江原道(現在の中国東北
死没地 日本の旗 日本東京都大田区
民族 日本人
ジャンル 俳優
活動期間 1950年 - 1960年代
活動内容 時代劇テレビドラマ
主な作品
「若君漫遊記」シリーズ等

明智 十三郎(あけち じゅうざぶろう、1926年9月5日 - 2002年12月14日)は、朝鮮江原道生まれ、石川県出身の俳優。本名は鹽谷 達夫(しおや たつお)。

来歴・人物[編集]

金沢医科大学を中退後、1950年、太泉スタジオにニューフェイスとして入社。翌年、同社の東映合併により東映東京撮影所に所属、同年、本名で春原政久監督映画『限りなき情熱』に脇役でデビュー。しかしその後は芽が出ず、1953年に俳優座に入り演技を学ぶ。1955年、日活と契約し、明智三郎名義で出演する。1956年に新東宝入りし、明智十三郎と改名、時代劇の若手スターとして活動した。

1961年の新東宝倒産後は松竹を経てテレビに拠点を移し、時代劇や化物映画などに数多く出演した。

2002年12月14日、前立腺癌のため東京都大田区の病院で死去。享年76。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]