明清楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
明治期の明清楽の演奏の絵。明清楽資料庫より

明清楽(みんしんがく)とは、明楽つまり江戸時代中期に明朝末期に中国南方(福建を中心とした地方)から日本へもたらされたの詩詞を歌詞とした音楽と、清楽つまり江戸時代後期に中国南方からもたらされた俗曲を中心とする音楽の、両者を総じて呼ぶ際の用語である。明清楽は明治20年代から30年代にかけてはなはだ流行した[1]。なかでも『九連環』がもっとも流行し、看看節法界節の源流となった[1]

清楽と明楽は明確に区別されるべきであるが、明治初年に清楽が明楽を吸収しつつ拡大したこともあって、一般的にあわせて明清楽と呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 法界節『大百科事典. 第23巻』平凡社、1935

関連項目[編集]