星玲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ほし れいこ
星 玲子
星 玲子
1935年頃
本名 多田 琴子 ただ ことこ
別名義 星 令子
生年月日 (1915-01-02) 1915年1月2日
没年月日 (2003-10-24) 2003年10月24日(満88歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市下谷区
職業 女優歌手
ジャンル 映画
活動期間 1932年 - 1939年
活動内容 宝塚歌劇
1932年 日活入社
1939年 引退
配偶者 マキノ光雄 1938年 - 1957年
著名な家族 マキノ公哉 長男
マキノ家
主な作品
映画
女の階級
うちの女房にゃ髭がある
丹下左膳
楽曲
『二人は若い』
『ゆかりの唄』

星 玲子(ほし れいこ、1915年1月2日 - 2003年10月24日)は昭和期の女優歌手。本名、多田 琴子

戦後東映で活躍した女優の星美智子は姪にあたる。

経歴[編集]

1915年(大正4年)1月2日東京市に生まれる。

宝塚歌劇のダンサーを経て、1932年(昭和7年)、17歳のときに日活に入社し、『大地に立つ』で映画デビュー。1935年(昭和10年)、杉狂児と映画『のぞかれた花嫁』で共演。同年、歌手としてもディック・ミネとの『二人は若い』、『ゆかりの唄』がヒット。同年、20歳で映画プロデューサーマキノ光雄と結婚した。

女の階級』、『うちの女房にゃ髭がある』、『丹下左膳』など多数の映画に出演。1939年(昭和14年)、24歳で芸能界を引退した。

第二次世界大戦中は夫とともに満州へ渡り、戦後は東映の専務を務めた夫を支えた。1957年(昭和32年)12月9日、42歳のときに夫と死別した。

2003年(平成15年)10月24日、肺炎により死去した。満88歳没。

フィルモグラフィ[編集]

  • 『大地に立つ 前篇』(1932年) - 瑠都子
  • 『大地に立つ 後篇』(1932年) - 瑠都子
  • 『上海爆撃隊 征空大襲撃』(1932年)
  • 『海に散る花』(1932年) - 元田ゆり子
  • 『社長さんはお人好し』(1932年)
  • 『喜卦谷君に訊け』(1932年)
  • 『受難華』(1932年)
  • 『燃ゆる花片』(1933年
  • 『桃色の娘』(1933年) - 不二子
  • 『娘十六』(1933年) - お糸の妹
  • 『女房征服』(1933年)
  • 『群盲有罪』(1933年)
  • 『僕の青春』(1933年)
  • 『母の微笑』(1934年) - みさほ
  • 『見染められた青年』(1934年)
  • 『接吻市場』(1934年)
  • 『紅い唇紅い頬』(1934年)
  • 『花嫁日記』(1934年) - 光子
  • 『多情仏心』(1934年) - 鈴江
  • 『半次ざんげ録』(1934年) - お弓
  • 『嫁ぐ日』(1934年)
  • 『女一代』(1934年)
  • 『夢に見る母』(1934年)
  • 『わたしがお嫁に行ったなら』(1935年
  • 『青春音頭』(1935年)
  • 『恋愛人名簿』(1935年) - 末莉子
  • 『海国大日本』(1935年)
  • 『男のまごヽろ』(1935年) - 絵美子
  • 緑の地平線 前篇』(1935年) - 深沢奈津子
  • 緑の地平線 後篇』(1935年) - 深沢奈津子
  • のぞかれた花嫁』(1935年) - 喜久子
  • 『ジャズの街かど』(1935年)
  • 『あなたと呼べば』(1936年
  • 『恋愛と結婚の書 恋愛篇』(1936年) - 杉浦由紀子
  • 『昇級酒合戦』(1936年)
  • 『はだかの合唱』(1936年)
  • 』(1936年)
  • 『僕の東京地図』(1936年)
  • 『恋愛と結婚の書 結婚篇』(1936年) - 杉浦由紀子
  • 女の階級』(1936年) - 司馬加寿子
  • 東京ラプソディ』(1936年) - ハト子
  • 『うちの女房にや髭がある』(1936年)
  • 『気まぐれ夫婦』(1936年)
  • 丹下左膳 日光の巻』(1936年) - 櫛巻お藤
  • 『恋愛べからず読本』(1937年
  • 検事とその妹』(1937年)
  • 『男性審議会』(1937年)
  • 『あゝそれなのに』(1937年)
  • 丹下左膳 愛憎魔剣篇』(1937年) - 櫛巻お藤
  • 『母校の花形』(1937年)
  • 丹下左膳 完結咆吼篇』(1937年) - 櫛巻お藤
  • 『女よ男を裁け』(1937年) - 中里美弥子
  • 『美人賞』(1937年)
  • 『宝島騒動記』(1937年)
  • 『そんなの嫌ひ』(1937年)
  • 『恋愛ハワイ航路』(1937年)
  • 『時代の霧 春実の巻』(1937年)
  • 『時代の霧 静子の巻』(1937年)
  • 『あたし幸福よ』(1937年)
  • 自来也』(1937年) - 綱手姫
  • 『お父さんの歌時計』(1937年)
  • 『まごころ万才』(1938年) - 村岡玲子
  • 『子は誰のもの』(1938年)
  • 忠臣蔵 地の巻』(1938年) - 瑤泉院
  • 忠臣蔵 天の巻』(1938年) - 瑤泉院
  • 『女性行路』(1938年)
  • 『長八郎絵巻 月の巻』(1939年) - お滝
  • 『長八郎絵巻 花の巻』(1939年) - お滝
  • 『松平長七郎』(1939年)
  • 『王政復古 担龍篇 双虎篇』(1939年) - お龍
  • 『江戸の悪太郎』(1939年)
  • 『妙法院勘八』(1939年) - お小夜

関連項目[編集]