春日三球・照代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
春日三球・照代
メンバー 春日三球
春日照代
結成年 1967年
解散年 1987年(照代の死に伴うもの)
活動時期 1957年 - (三球)
1960年代 - 1987年(照代)
師匠 リーガル千太・万吉(三球)
春日目玉・玉吉(照代)
旧コンビ名 クリトモ一球・三球→第一球・三球(三球)
春日淳子・照代(照代)
芸種 漫才
テンプレートを表示

春日三球・照代(かすがさんきゅう・てるよ)は、日本の夫婦漫才コンビ。

地下鉄電車はどこから入れたの? それを考えてると一晩中寝られないの。」のフレーズで有名な地下鉄漫才で1970年代後半に一世を風靡し、立川談志をして「漫才でトリがとれる」と言わしめた。

メンバー[編集]

  • 春日 照代(かすが てるよ、本名:近馬 せつ子<ちかま せつこ>1935年12月8日 - 1987年4月1日) 妻、ツッコミ担当。大阪府大阪市出身。
    • テレビ番組『新伍のお待ちどおさま』(TBS系)に出演中、クモ膜下出血に襲われた。舞台袖で急変し、近くの大学病院に搬送されたが、手遅れで手術できず、意識の戻らぬまま帰らぬ人となった。

来歴[編集]

春日三球・照代結成前[編集]

三球はリーガル千太・万吉門下で、別の男性と『クリトモ一休・三休』の名で漫才コンビを組み、1957年に初舞台。『クリトモ』の屋号は、当時南千住にあった漫才の定打寄席『栗友亭』に因んだもの[1]

並いる若手の中でもテンポの良さで売り出し、1962年第10回NHK新人漫才コンクールで優勝するなど、順風満帆のように思われた。ところがその直後の同年5月に、相方の一休が鉄道の三河島事故によって急逝する。

このため、新しい相方(現ボーイズバラエティ協会所属のアコーディオン漫談家・ハウゼ畦元)と『第一球・三球』を組んで活動。その際に「三休」から「三球」に改名した。

一方、妻の照代は、上方夫婦漫才師の『春日目玉・玉吉』娘で、姉との姉妹漫才コンビ『春日淳子・照代』で13歳で初舞台。共に結婚・引退してコンビを解消している。

夫婦漫才活動時[編集]

1965年に三球と照代で『春日三球・照代』を組み直し、夫婦漫才コンビで再出発した。 売れる前は三球がウクレレ(実際には三球は、ウクレレは弾けなく弾いていなかった事が多い)を、照代がギターを持ち、テーマソングの「線路は続くよどこまでも」を歌ってから音曲漫才を展開していたが、次第にボケを活かしたしゃべくりに徹するようになり、1970年代中頃には「地下鉄漫才」が大ブレークして全国区になった。地下鉄ネタに続き、新幹線ネタや山手線ネタなどの鉄道ネタ、タクシーやエスカレーターといった乗り物全般に関するネタをシリーズ化して人気を維持した。

照代死去後[編集]

1987年に妻の照代が急死し、三球は再び人気絶頂で相方を失う憂き目に遭う。失意の三球を見兼ねた周囲が、子役出身の声優で漫才経験のある若手女性芸人・芳賀みちるを世話してコンビを組ませ、舞台に復帰させたものの、約1年で解消。

三球はその後も一旦暫く精彩を欠くが、傷心が癒えると共にピン漫談家として再起し、NHKラジオ第1放送の『真打ち競演』等のラジオ番組や、NHK総合テレビの『笑いがいちばん』等のテレビ放送の演芸番組等に出演している。巣鴨地蔵通り商店街に、山藤章二筆の巨大な似顔絵看板を掲げた『健康肌着の店-春日三球の店』も経営し、ババシャツブームに乗って盛業中である。

巣鴨にちなみ青空うれしと組んでの掛け合いも時折見せているが、本格的な漫才コンビ再結成には到っていない。

兄弟弟子[編集]

地下鉄漫才[編集]

三球・照代の「地下鉄漫才」[2]は当時の大人だけではなく、鉄道に興味を持つ子供たちにも広く受け入れられた。当時の2人のかけあいとして、

三球「…しかし、地下鉄の電車をどっから入れたんでしょうねぇ。それ考えると一晩中眠れなくなるの」
照代「あなたも面白いこと言うわね」
三球「あらかじめ電車を地下に埋めておいてトンネル掘りながら『確かこの辺に埋めたよなー』『あったぞあったぞ、電車が』なんて」
照代「そんなわけないじゃないの」
三球「じゃ、あなた知ってるんですか?」
照代「当たり前じゃない。地下鉄の階段から入れたんですよ」
三球「え、そうなんですか?」
照代「常識よ」
三球「そうなんですか。よく改札が通れましたねぇ。それ考えると、また眠れなくなっちゃう」
照代「寝りゃいいじゃないの。眠そうな顔をして」

といったものがあった。

こうした漫才をテレビで観た子供たちが当時の営団地下鉄(現:東京メトロ)の広報に「あの話は本当なんですか?」と問い合わせる電話が夏休みなどに殺到。営団は「実際には違います」と異例のPRを行うほどであった。1978年7月、開業直前の都営地下鉄新宿線の車両搬入時には大島車両検修場に招かれ、車両がクレーンによって地下に降ろされる作業を見学した。

1980年には『花王名人劇場』(関西テレビ制作・フジテレビ系)で当時の営団地下鉄総裁と共演を果たした。

主な出演番組[編集]

CM[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ クリモト一休・三休』との誤記が散見されるが、正しくはクリトモ
  2. ^ 春日三球・照代 地下鉄漫才