晴山さおり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

晴山 さおり(はれやま さおり、1992年時点の本名:晴山 里織(読み方同じ)、1972年10月10日 - )は、1990年代前半に活躍していた演歌歌手神奈川県出身。血液型はO型、身長164cm、体重49kg、神奈川県立大和西高等学校出身。レコードレーベルはビクター音楽産業、所属事務所は第一プロダクションである。[1]

概歴[編集]

小学生時にビクター少年民謡会に参加(長山洋子は先輩に当たる)。1988年NHKのど自慢に出場し、歌謡曲の部グランドチャンピオンを受賞。1989年、16歳の時にNHKみんなのうた』で『一円玉の旅がらす』を歌い、CDとカセットを合わせて65万枚(1991年9月時点)[2]の大ヒットとなる。この曲で11もの新人賞を総ナメにした[2]

当初はこぶしを強く効かせた純演歌の歌唱法であったが、2ndアルバムからは子供向け音楽を意識したポップスな曲調に転向。しかし1992年を最後にCDリリースが途絶えた。

1995年5月、ビクターから秋元康プロデュースにより「浜崎章子」に改名し事実上の再デビューを果たす。“浜田省吾から影響を受けた22歳[3]シンガーソングライター”の触れ込みで、演歌歌手から脱却しガールポップを意識したロック調の楽曲でシングル2枚・アルバム1枚をリリースしたが、再びリリースが途絶えた。

その後は、演歌歌手・晴山さおりではなく浜崎章子のまま、2005年頃まで有限会社オフィス・ホッパーズに所属し、ライブハウスでステージボーカリストとして活動していた。

2006年以降は活動実績が無く、事実上の引退状態となっている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 「何度も何度も」(浜崎章子名義 1995年5月21日 山田邦子のしあわせにしてよエンディングテーマ)
    作詞:秋元康/作曲:浜崎章子/編曲:西本明 (C/W「風が吹いていたあの頃」)
  • 「夢のありか」(浜崎章子名義 1995年9月6日 最大公約ショー主題歌)
    作詞:秋元康/作曲:浜崎章子/編曲:西本明

アルバム[編集]

  • 「一円玉の旅がらす〜晴山さおりの一番搾り」(1990年10月10日)
  • 「晴山さおりミニ・アルバム 一円玉の旅がらす〜おどるポンポコリン」(1990年12月16日)
  • 「Day by day is getting better~今日よりも明日は…~」(1995年6月21日)

非売品シングル[編集]

  • 一円玉の九九の歌(『小学一年生』1991年3月号の読者プレゼントとして、シングルCDが応募者全員に頒布された)

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『タレント名簿録』(1993年~1994年版) 発行:「連合通信社音楽専科社」 閲覧。
  2. ^ a b 「みんなのうた ヒットと意外な反響生む5分間」『朝日新聞』1991年9月18日付朝刊、29頁。
  3. ^ 晴山さおりのプロフィールを基にすれば当時22歳である。