月亭太遊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

月亭 太遊(つきてい たいゆう、1984年4月21日 - )は、大分県竹田市出身の落語家お笑い芸人血液型はA型。本名は後藤 征平 (ごとう しょうへい)。

来歴・人物[ソースを編集]

大分県立緒方工業高等学校卒。元は大阪NSC26期生の漫才師で、2004年5月から2010年7月まではだか電球というコンビ名で活躍していた。

素人出身の山下吉宗とコンビを結成、当初アマチュアとして活動、2004年M-1グランプリに出場したが、その予選中に吉本興業に所属することとなった。同大会では結成して間もないにもかかわらず準決勝に進出するなど、健闘。翌2005年の第26回ABCお笑い新人グランプリでも新人賞を受賞するなど、順調な活動が続いた。しかし、当時現役の大学生であった相方・山下が学業に専念することとなり、1年間活動を停止。その間、ピン芸人として後藤レクイエムを名乗る。

2005年のM-1グランプリには藤原F鬼夫・メキシコの風とともに、ぽちょぽちょというユニット名で出場した。その後、元街の帽子屋さんバイク川崎バイクと、期間限定ユニット「繭」を結成。

2006年R-1ぐらんぷりでは、後藤レクイエムの名で準決勝に進出。その年3月には「はだか電球」の活動を再開し、2007年のM-1グランプリで再び準決勝まで勝ち上がる。

2010年7月をもってコンビを解散し、以後落語家を目指す。2010年12月12日月亭遊方に入門。太遊の名を授かる。3代目桂米朝にとっては月亭天使に続き二人目の玄孫弟子となった。

2012年第7回大阪アジアン映画祭映画祭にて『治療休暇』(梅澤和寛監督)の肥満体型の憎たらしい男の役柄で映画初主演。出演のきっかけは映画スタッフが某動画サイトで偶然見かけたはだか電球時代のコント。

2012年第22回彦八まつりの「落語家による大相撲」にて優勝。(四股名:元裸)

2013年2代目京都府住みます芸人に就任。それに伴い活動拠点が京都となる。

師匠[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

  • 治療休暇(2012年 監督:梅澤和寛)
  • 丸(2013年 監督:鈴木洋平)
  • 壁の中の子供達(2013年 監督:野口雄也)
  • Fly Me to Minami〜恋するミナミ(2013年 監督:リム・カーワイ)

受賞歴[ソースを編集]

(はだか電球時代)

(月亭太遊以降)

(後輩のパニーニストライクたけだバーベキューボーイ、田泓智和とともに「月亭太遊と湊町ナイスハーモニー合唱団」というユニット名で出場)

関連項目[ソースを編集]

出典・外部リンク[ソースを編集]