月田一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
つきた いちろう
月田 一郎
月田 一郎
アサヒグラフ』 1953年8月12日号より(撮影年月日は不明)
本名 同じ
生年月日 (1909-10-11) 1909年10月11日
没年月日 (1945-09-27) 1945年9月27日(満35歳没)
出生地 日本の旗 日本 山口県岩国町(現在の同県岩国市
職業 俳優
ジャンル 劇映画現代劇時代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1929年 - 1945年
配偶者 山田五十鈴(離別)
著名な家族 瑳峨三智子(実娘)
主な作品
落第はしたけれど

月田 一郎(つきた いちろう、1909年10月11日 - 1945年9月27日)は、日本俳優[1][2][3]。本名同じ[1][2](一説に築田 智二郎、つきた ともじろう)。戦前に松竹蒲田撮影所新興キネマ東宝などで多数の作品に出演したバイプレーヤーである。

来歴・人物[編集]

1909年(明治42年)10月11日山口県岩国町(現在の同県岩国市)に生まれる[1][2]。幼児期に東京府東京市(現在の東京都)へ移り、早稲田小学校(現在の新宿区立早稲田小学校)、東京中学校(現在の東京高等学校)を卒業して、法政大学に進学する[1]。生家は銀座で婦人帽子店を経営していたといわれている。

在学中に映画俳優を志し、俳優・鈴木傳明に師事[1][2]1929年(昭和4年)、大学を中退して松竹蒲田撮影所に入社[1][2]。同年、牛原虚彦監督映画『山の凱歌』で映画デビュー[1][2]1930年(昭和5年)、小津安二郎監督映画『落第はしたけれど』で大学生役に抜擢され、斎藤達雄横尾泥海男らと共演し、これがきっかけで二枚目ぶりを買われ、その後も鈴木主演映画を中心に多く出演する。1931年(昭和6年)、同じく二枚目スターとして将来を期待されていた毛利輝夫が、愛人の大町弘子と鉄道心中した後は「31年型美男子」と宣伝されて売り出し、池田義信監督映画『街のルンペン』など準主役から主役クラスで出演する[1]。ところが同年9月、鈴木が退社して不二映画社を創立するに伴い、岡田時彦高田稔らの看板スターと共に参加する[1][2]1933年(昭和8年)2月にあえなく解散するが、同年7月、高田、岡田が入社していた新興キネマに入り、多数の作品で主演を務めた[1][2]

1934年(昭和9年)8月日活から独立した永田雅一が創立した第一映画社に同じく新興キネマから退社した中野英治と共に参加して、再び鈴木と合流する[1][2]。同年、伊藤大輔監督の第一映画社第一回作品『建設の人々』で、鈴木、中野の他、日活から入社して来た山田五十鈴と共演。そして1936年(昭和11年)、多数の作品で共演した山田と結婚して、同年8月、一女・美智子(後の瑳峨三智子)をもうける[1][2]。ところが同年9月、第一映画社は解散したため、山田と共に新興キネマ京都撮影所に移籍する[1][2]1938年(昭和13年)、山田と共に今度は東宝に移籍して、ここでも多数の作品に出演するが、殆ど助演に終始した[1][2]

しかし1942年(昭和17年)、山田と離婚[1][2]。不遇のうちに、終戦後間も無い1945年(昭和20年)9月27日に死去した[1][2]。満35歳という若さだった。一説には急性アルコール中毒で死亡したと言われているが、ハムの食中毒という説もある[要出典]

代表作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『日本映画俳優全集 男優篇』 キネマ旬報社、1979年、370頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『芸能人物事典 明治大正昭和』 日外アソシエーツ、1998年、374頁。
  3. ^ 『日本映画美男俳優 戦前編』 ワイズ出版、2014年。

関連項目[編集]