朝まで生テレビ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
朝まで生テレビ!
ジャンル 討論番組
放送時間 毎月最終金曜の翌日土曜未明 1:25 - 4:25
(毎月最終金曜深夜)(180分)
放送期間 1987年4月26日 -(350回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
企画 田原総一朗
演出 岡本基晃、吉成英夫(共にチーフディレクター)
脚本 久利一(構成)
プロデューサー 中本光治
鈴木裕美子(CP)
出演者 田原総一朗
渡辺宜嗣(テレビ朝日専属キャスター)
村上祐子(テレビ朝日政治部記者)
ほか
音声 ステレオ放送[注釈 1]
オープニング Jeff Newmann And His Orchestar
「Positive Force」
エンディング 同上
外部リンク 公式サイト

特記事項:
毎月12月分は翌年元旦(当年大晦日深夜)に放送
テンプレートを表示

朝まで生テレビ!』(あさまでなまテレビ)とは、概ね月に一度テレビ朝日系列(ANN系列)で放送されている、政治関連を中心とする討論深夜長寿番組である。略称は『朝生』(あさなま)。

概要[編集]

1987年昭和62年)4月26日(25日深夜)放送開始。毎回社会的に賛否の分かれる1つのテーマを設定し、そのテーマに関係する当事者評論家などをゲストに集め討論を行う。

プロデューサーは日下雄一、吉成英夫、渡辺信太郎他、構成は久利一他、ディレクターは武田一宏、森林華子他、ブレーンは純丘曜彰(純丘皦綺)他。

今までに取り上げたテーマは政治天皇皇室女性差別朝鮮問題、原子力発電部落差別右翼左翼核兵器経済宗教若者戦後補償安全保障少子高齢化教育援助交際プロ野球テレビ、メディア規制、憲法年金ITアメリカ北朝鮮中国イラク地方自治などと幅広いが、基本的に社会科学系の分野にテーマが集中することが多く、自然科学系の話題がテーマに上ることはほとんどない。タブーとされてきたものを取り上げることもある。オウム真理教幸福の科学など新宗教関係者を出演させたことがあるが統一教会を取り上げたことはない。

番組開始当初このような討論番組は日本には合わないのではないかと思われていたが、取り扱う内容、パネリストの激論、司会役である田原総一朗の、時には強引とも思えるような進行などで視聴者を獲得した。この番組が成功したことで、深夜枠を含め討論番組が幾つか作られるようになった。

番組テーマ曲は、Jeff Newmann And His Orchestraの「Positive Force」(日本国内でのCDリリースはなし、単曲ダウンロード販売)であり、同時期、テレビ大阪制作で放送されていた『パソコンサンデー』(テレビ東京系列)でも同曲が使われていた。パネリスト登場の際のテーマ曲は、Hypnosisの「Droid」。

2017年4月1日(3月31日深夜)放送分 『激論! 原発事故から6年〜その教訓と課題』にて丸30年、360回(番組内の呼び方では第360弾)を迎えた。

出演者[編集]

司会[編集]

  • 男性
    • 渡辺宜嗣 - テレビ朝日専属キャスター[注釈 2](1987年4月分 - )
    • 佐々木亮太 - テレビ朝日アナウンサー(2014年2月分・2015年2月分・2016年5月分) - 渡辺の代理出演。
    • 寺崎貴司 - テレビ朝日アナウンサー(2016年2月分・3月分・2017年2月分) - 同上。
  • 女性
    • 田丸美寿々 - テレビ朝日専属キャスター(1987年4月分 - 1994年9月分)
    • 宮崎緑(1994年10月分 - 1999年6月分)
    • 丸川珠代(テレビ朝日アナウンサー(当時)、1999年8月分 - 2003年5月分)
    • 長野智子 - フリーアナウンサー(2003年6月分 - 2011年8月分)
    • 村上祐子 - テレビ朝日政治部記者[注釈 3](2011年9月分 - )

一般参加者(サラリーマン大学生など)のインタビュー、アンケート発表などの進行役を担当。

討論の司会[編集]

  • 田原総一朗
    • 田原が不定期に休む回もあり、過去に代理司会として、水口義朗野坂昭如大島渚鳥越俊太郎蜷川真夫梶原しげる蓮舫島田紳助三枝成彰、渡辺宜嗣、宮崎哲弥などが務めたことがある。
    • 討論の司会は第一回が利根川裕、第二回が筑紫哲也である。後年、筑紫が自著「ニュースキャスター」で記したところによると、番組初期の段階でテレビ朝日はこの司会の過重さを考慮し、二人交代制を検討していた節があったという。
    • 元旦スペシャルは一時期、途中で田原が退席して渡辺が討論の司会を兼務していたが、2005年からは田原が放送終了まで司会を務めている。

パネリスト[編集]

パネリストとして、ジャーナリスト、研究者、政治家、タレントなど1000人を超える著名人が出演している。
詳細は『朝まで生テレビ!のパネリスト一覧』の項を参照のこと。

主なパネリストの出演変遷[編集]

[1][2]

左派論客 右派論客
大島渚 映画監督 1987 - 1998 89回 舛添要一 国際政治学者 1987 - 1999/2013 - 2014 96回
辻元清美 ピースボート創設者 1987 - 2002/2006 - 71回 森本敏 元防衛大臣 1998 - 66回
高野孟 ジャーナリスト 1989 - 2010 77回 西部邁 評論家 1988 - 2003 61回
姜尚中 政治学者 1991 - 2010 55回 宮崎哲弥 評論家 1996 - 2007 60回
野坂昭如 作家 1987 - 2002 53回 猪瀬直樹 作家 1987 - 2011/2015 - 47回
荻原博子 経済評論家 2004 - 30回 小林よしのり 漫画家 1993 - 2005/2015 - 33回
福島瑞穂 弁護士 1989 - 29回 村田晃嗣 国際政治学者 2003 - 2009/2016 - 33回
森永卓郎 経済評論家 2001 - 23回 三浦瑠麗 国際政治学者 2015 - 23回
香山リカ 精神科医 1997 - 2015 18回 長谷川幸洋 ジャーナリスト 2009 - 21回
山田厚史 ジャーナリスト 1997 - 2014 15回 金美齢 評論家 1994 - 2011 17回
孫崎享 元外交官 2009 - 15回 勝間和代 経済評論家 2008 - 17回
東浩紀 評論家 2009 - 2014 14回 八木秀次 憲法学者 2000 - 16回
上杉隆 元ジャーナリスト 2008 - 2012 14回 勝谷誠彦 コラムニスト 2003 - 2007 15回
青木理 ジャーナリスト 2009 - 12回 潮匡人 軍事評論家 2003 - 14回
遙洋子 作家 2000 - 11回 高橋洋一 経済学者 2008 - 12回
荻上チキ 評論家 2012 - 10回 池田信夫 経済学者 2006 - 11回
古市憲寿 社会学者 2013 - 10回 青山繁晴 元独立総合研究所代表 2003 - 10回
宋文洲 経営コンサルタント 2010 - 10回 渡部恒雄 東京財団上席研究員 2007 - 10回

放送時間・ネット局[編集]

放送時間は12月分を除き、基本的にテレビ朝日系列の各局で毎月最終金曜日の翌日土曜日未明 1:25 - 4:25(最終金曜日深夜)(以下すべてJST)。かつて1:00 - 6:00まで放送していた時期があり、2009年9月分までは1:20 - 4:20までの放送だった。同年10月分から金曜23時台の「金曜ナイトドラマ」が5分延長に伴い、現在の時刻に5分繰り下がった。

ただし、テレビ朝日系列のうち、東日本放送北陸朝日放送メ〜テレ(2009年10月分より)・朝日放送(2009年10月分以降、フルネットの場合がある。)・山口朝日放送九州朝日放送(2009年10月分より)では、基本的に1:34(討論参加者の登場シーンの後)から飛び乗りする。また、2009年9月分までは愛媛朝日テレビも飛び乗り放送を行っていたが、自社製作番組が枠移動になったこともあり、2009年10月分からはフルネットで放送している。さらに山形テレビも2009年10月分より飛び乗り放送を行っていたが、こちらも現在はフルネットで放送している。

当初は関東ローカルであったが次第にネット局を増やした。朝日放送は1988年度からの放送である。土曜未明に毎週「フリーチャンネル」という番組枠を設定し、『朝生』放送日のみ本番組をネットするというスタイルが今日まで続いている。

系列外局では山陰放送TBS系列でTBS(以前は毎日新聞)と資本関係があるが、朝日新聞と資本関係のあった時期もあるためにテレビ朝日の番組も多く流し、そのような関係で何度か放送されたことがある。

CS放送朝日ニュースター(2013年4月以降はテレ朝チャンネル2)でも時差放送を行っている。テレビ朝日系列2012年3月放送分で時差放送を一旦打ち切ったものの、2012年10月6日(テレビ朝日系列同年9月放送分)から時差放送を再開した(放送は原則として月初めの土曜日と月末の最終土曜日の10:00 - 13:00)。

朝日放送は、フルネットに限り、ラ・テ欄表記では1分早い1:24からとなっているが、実際は1:25からである。飛び乗り時でもラ・テ欄表記が実際よりも1分早い状態になっている事もある。

鹿児島放送は、編成上 1:25 - 4:24(179分)だが本編の放送時間に影響はない。

過去[編集]

  • 石川テレビ(ANN系列外(FNN系列)。1989年4月分から1991年8月分まで放送、北陸朝日放送開局まで。ただし北陸朝日放送開局との兼ね合いで、1991年9月分の麻原彰晃出演分は石川県では放送されなかった)
  • 山形放送(当時NNN・ANNのクロスネット局(以下、クロス局)。1989年4月分から、山形テレビがANN入りした1993年3月分まで)
  • 福井放送(NNN・ANNのクロス局。1993年10月分から1994年3月分まで)
  • 山梨放送(NNN系列局。1987年12月分(1988年元旦の回)のみ放送)
  • 宮崎県では放送されていない。

特別番組・特例編成[編集]

大規模な国政選挙が行われた場合、その開票日に行われる『選挙ステーション』の第2部(概ね開票翌日未明0:00前後から3時間程度、2009年の総選挙時は開票翌日未明 0:30 - 3:20まで)で当番組をベースにした討論会が行われる。かつては『朝まで生選挙!』と題し、『選挙ステーション』とは別枠で放送されていた。サブタイトルは『どーする!?どーなる!?日本の政治』。

毎年12月の分(放送日付上)は、曜日に関係なく、必ず翌年元旦未明(当年12月31日大晦日)の深夜)に『朝まで生テレビ!○○(西暦年数)元旦スペシャル』と題した放送が行われる(そのため、元旦スペシャルのオープニング内で新年最初のANNニュースを内包する)。元旦の放送時間は現在では 1:00 - 5:50 となっている。

※ただし1999年12月2000年元旦スペシャル相当)の分は、12月31日-1月1日ミレニアム特番『24時間地球大騒ぎ!!カウントダウン2000』が編成されたため、1日遅れの2000年1月2日未明(1月1日深夜)に「新春スペシャル」として放送された。また1996年1997年の12月も、それぞれ翌年(1997年・1998年)元日未明が別番組編成の関係で1日繰り上げの12月31日未明(12月30日深夜)に行われた。

2012年3月の分は放送日・放送開始時間を通常より前倒しし、東日本大震災発生から丸1年となる11日(日曜日)未明(10日(土曜日)深夜)に『朝まで生テレビ!スペシャル』が放送された(1:25 - 4:50に放送)。なお、この3月の放送が、通算300回記念放送となった(3月最終金曜日の翌日土曜日となる31日の放送はなかった)。

2016年3月の分も放送日・放送開始時間を通常より前倒しし、東日本大震災発生から丸5年となった12日(土曜日)未明(11日(金曜日)深夜)に放送された。

まれに、カレンダーや特別編成のスケジュールの都合(特に、毎年7月末に全英女子オープンゴルフ、西暦奇数年の世界水泳選手権大会や西暦4の倍数の年の夏季オリンピックや、その2年後の冬季オリンピックアジアオセアニア以外で行われる場合、その時差の都合上)により月末の放送がなく、翌月に2回分放送されるケースもある。

スマホで朝生![編集]

テレビ朝日とサイバーエージェントが共同運営するインターネットテレビAbemaTV開局記念番組として不定期で放送しているスピンアウト番組。いずれも21:00 - 翌0:00に生配信された。司会は田原総一朗で、進行はAbemaNewsの司会を務める小松靖(テレビ朝日アナウンサー)が担当する。これからの日本を担う次世代の若手論客を迎えて、様々な社会問題について討論する。番組構成はインターネットテレビならではの柔軟な構成となっており、Twitterを活用して視聴者の視聴者の意見をリアルタイムで番組に反映させている。また、番組開始前の20:30 - 21:00には収録番組の『もうすぐスマホで“朝生”』が配信され、番組終了後の0:00 - 2:00、3:00にはメインパネリストの堀江貴文がMCを務める『スマホで“朝生”打ち上げ』が生配信される。なお、2017年1月1日(2016年12月31日深夜)の配信では、『Abemaで生テレビ 元旦スペシャル 』と題し、本番組と同じテーマで裏討論が行われた。MCは堀潤で、進行は吉村優、アシスタントは色紙千尋。配信中に本番組と本家『朝生』を中継で繋いでクロストークも行った。

放送日 テーマ パネリスト / 備考 出典
2016年
4月18日 人工知能、ロボットが働く未来…ド~なる仕事、ド~するライフスタイル?! 小池龍之介/駒崎弘樹/椎木里佳/夏野剛/成毛眞/堀江貴文/村本大輔 [3]
9月13日 平成ニッポンの“愛と性” 飯田泰之/牛窪恵/大島薫/北村邦夫/鈴木涼美/東小雪/ぺえ/堀江貴文/村本大輔/梨衣名 [4]
翌1月1日 激論!2017 ド〜する?!ド~なる?!ニッポン 鈴木涼美/はあちゅう/古谷経衡/峰なゆか/吉木誉絵/若新雄純
解説:本郷和人/倉持麟太郎/永濱利廣/六辻彰二
[5]
2017年 前年へ / 目次へ
3月21日 AI革命時代の“幸せな生き方” 豊田真由子/小西洋之/雨宮処凛/池澤あやか/落合陽一/パトリック・ハーラン/藤原和博/牧野正幸/米良はるか/堀江貴文 [6]

その他[編集]

番組タイトルでも「生」とあるとおり、生放送を標榜しており、番組中に視聴者からの意見をメール、FAXを募集する(かつては電話でも受け付けていた)。田丸が司会だった時代は番組オープニングで意見募集を告知する際は募集について受付先を言う直前に「もちろん今夜も」と必ず発言していた。

しかし、事前収録の場合もあり、その場合は意見募集ができないため番組公式サイトや番組冒頭で告知する(この場合、先述の田丸の「もちろん・・・」発言はなかった)。事前収録は放送前日(早いときでは1週間ほど前から)の午後もしくは夜に行われることが多く、撮って出しされる(放送当日にも収録した日付が表示される)。 これは、司会である田原や出演者の健康上の理由・スケジュール上の理由以外に、政治的に微妙な問題を扱うことも多く、当日の討論のテーマによっては出演者の安全確保(生放送の場合、局舎周辺での異論を持つ者などの待ち伏せ襲撃が考えられる)の必要があることから、警視庁等当局からの要請があるためである[要出典]。そのため、この番組の放送・収録当日はテレビ朝日本社ビルおよび同ビルがある六本木ヒルズ内の警備・本社ビル構内への入構規制が通常より厳しくなると言われている(放送開始から2003年9月まではアーク放送センターアークヒルズ。アーク放送センターのスタジオは生放送番組を中心に使われていたため、元々入構規制は厳しかった)。

過去に4回、テレビ朝日以外のANN系列局のスタジオで生放送もしくは収録を行なったことがある。

多人数を動員するイベント型番組であるため、現場運営の一部は学生スタッフに委ねられている。ここから、山本へるみ(政治家)、坂本忠弘(元財務省官僚)、黒田昌義(国交省官僚)、江碕智三郎(外交官)、森崎めぐみ(女優)、春野恵子(女優、浪曲師)、中島多圭子(タレント、映画監督)、高木徹(NHKディレクター、ジャーナリスト)、中村百合子(フジテレビプロデューサー)などを輩出した。

ハイビジョン制作だがアナログ放送でも上下黒帯のレターボックス(一部VTR及び元旦スペシャル時のANNニュースコーナーのニュースVTRが4:3映像の場合は額縁放送)方式で放送される(2003年9月分の現社屋移転より)。この方式では珍しいモノラル制作(モノステレオ放送)だったが、2010年4月放送分よりステレオ制作(フルステレオ放送)を実施。

1988年7月分放送の「徹底討論・原発」は反響が大きかったため、後日CMをカットして再放送した。

1988年9月分放送回は「昭和63年秋 オリンピックと日本人」と表向きのタイトルを付けられていたが、企画段階より討論テーマは天皇制論議が企図されていた。天皇制を論じることを隠した発想は、天皇制議論はいわゆる菊タブーへの挑戦であり、特に当時昭和天皇は危篤状態でなおのこと右翼などの妨害が想定されたため、その対策として「スネークインスネークアウト」方針がとられたためである。あらかじめ出演者の舛添要一猪瀬直樹に切り出し役を依頼し、当時開催されていたソウルオリンピックに関連したナショナリズムの話題から天皇制へ議論を転換させる筋書きであった。なお、この回の一部は、2009年2月1日に放送されたテレビ朝日50周年記念番組でも放送された。

2007年3月分放送の「東京・北京を繋いで大激論!」では史上初の日中同時放送を行い、日本側では副音声中国語による2か国語放送が実施された。ちなみに当放送はHTBの札幌地区以外の地域と時差放送されるCS放送の朝日ニュースターでは中継回線使用料や放送設備の都合など諸般の事情で実施されなかった(朝日ニュースターは音声信号が常にステレオになっているため)。

6時まで放送していた時代には、平日の『やじうまワイド』と同じように塩田丸男が朝刊の内容を紹介するコーナーがあった。1993年4月分より5時までに短縮され、現在は4時25分までである。

観客にその時々に関心のある学生を呼んでおり(ただし、常連の組織がいくつかあり、そこから学生を集めることがある)、よく田原が「あとで学生さんからも聞いてみようと思います」と発言する。以前は2 - 3人から意見を聞くことがあったが、最近はほとんど実施されないまま番組が終わる。なお、学生参加者は生放送(収録)前にアンケートに答えて、そのアンケートを元に質問を行わせる場合がある。過去に革マル派活動家がアジテーション演説を始め田原と激論になり、物議を醸した。

メ〜テレにおいては、放送時間帯がアニメと重なってしまい、月に一度、アニメの方が休止になるため、アニメが他の地域より大幅に遅れることもあったが、現在は土曜未明(金曜深夜)のアニメ枠は廃止されている。

東日本放送では、当番組放送時間にナイトシアターが放送されるが、この週だけ休止にしている。

制作局のテレビ朝日では、2009年10月分以降当該時間に『お願い!ランキング』を放送しているが、2011年10月分から、当番組放送日には休止としている。2013年3月分をもって『お願い!ランキング』の金曜版の放送が終了。2013年4月分以降は当核時間に『GO!オスカル!X21』『ゴーちゃん。GIRL'S TV』『キラ☆キラGirly mama』を放送しており、同様に当番組放送日には休止としている。

毎年10月分は、朝日放送ABCチャンピオンシップゴルフトーナメントの録画中継をローカルで放送することに配慮して、その大会が10月最終金曜の翌日土曜に重なる場合1週前倒しで放送することもある。

2011年1月最終週(29日)はAFCアジアカップ2011・3位決定戦を放送予定していたため、1週繰り下げ2月5日に放送した。

2010年12月分(2011年1月1日放送)の元旦スペシャルではTwitterとの連動という新しい試みが行われたが、視聴者からの投稿では番組がTwitterを使いこなせていないというものが多く、出演者の間に笑いが起こった。

2011年1月16日1:00 - 5:55(15日25:00 - 27:55)に北海道テレビが北海道ローカルで「北海道 朝まで生討論」を放送。進行役も朝まで生テレビと同様田原が担当した。その後、2012年3月4日1:15 - 4:00(3日25:15 - 28:00)に『東日本大震災から1年 今、私たちができること~』、2014年3月9日1:50 - 4:19(8日25:50 - 28:19)に『情報と秘密 ~特定秘密保護法と知る権利~』のテーマで同様の特別番組が生放送された。

2013年7月分は本来当たる7月27日と翌週の8月3日が世界水泳バルセロナ(8月3日のみ全英リコー女子オープンと重複)の中継を放送するため、2週繰り下げて、8月10日 1:55- 4:55(9日 25:55 - 28:55)に放送。

2014年11月29日放送分では、同年12月2日公示・12月14日施行の第47回衆議院議員総選挙に関する討論を実施することになっており、荻上チキ小島慶子が一旦は出演を依頼されたが、直前にテレビ朝日側の意向で出演を取り止めることになった。荻上らはテレビ朝日から「中立・公正性の担保」を理由に断られたと主張している[7]

2017年4月13日には港区にて「『朝まで生テレビ!』30周年記念の集い 」を開催。歴代キャスターの田丸美寿々丸川珠代を始め、歴代4811人の論客から石破茂平沢勝栄山本一太辻元清美猪瀬直樹西部邁高森明勅鈴木邦夫雨宮処凛田岡俊次荻原博子川村晃司飯田哲也岩田温駒崎弘樹荻上チキ津田大介古市憲寿三浦瑠麗などが出席した。会場では第1回放送(1987年4月24日)の映像や名論客の故野坂昭如や故大島渚の写真が映し出された。

批判された発言[編集]

  • 2009年4月25日の放送において、田原総一朗が拉致被害者について、既に死亡しており外務省もそれを承知しているとの発言をおこない、拉致被害者家族会はBPO(放送倫理番組向上機構)に「重大な人権侵害である」と人権侵害の申し立てを行った[8]。BPOは「人権侵害には当たらないが事実と異なる発言は放送倫理上問題がある」との見解を出した[9]
  • 2015年12月31日深夜放送の『激論! 安倍政治 国民の選択と覚悟』において、安倍政権の経済政策(アベノミクス)の成果をめぐってパネリストたちと観覧客の建築板金業者の男性が意見交換していた際に、男性観覧客が「我々の業界(建築板金業)だけで言うと、あまり効果的には伝わっていないという印象」と述べたことに対し、田原総一郎が「民主党政権でも安倍政権でも同じ?」と質問したところ、男性が「民主党政権の時よりはまだ良いかな」と返す場面があった。しかし、その男性は自民党に所属する大森昭彦東京都大田区議であったことが発覚し、議員としての肩書を外して出席していたことから問題となった。大森区議は「議員という立場ではなく零細企業の経営者として意見を述べた。問題はない」と説明し、「テレビ朝日のスタッフと20年以上前から知り合いで、2003年に区議になる前から今までに20回くらいは観覧し、発言もしてきた。私が区議であることをスタッフは知っていた」と明かした。テレ朝広報部は「自民党の区議会議員という情報を、プロデューサーや出演者を含め番組内で共有できず、結果的に議員でもあることを紹介できなかった」「視聴者には説明不足となり、申し訳なく思っている」と謝罪した。この件について田原は「自民党の区議にしゃべらせるならば民主党や他の野党の区議にも話す機会を与えなければ不公平だ」「番組終了後に責任者のディレクターを呼んで、かなり叱りました」と話した[10][11][12]

テーマの一覧[編集]

目次
1980年代 1987年 / 1988年 / 1989年
1990年代 1990年 / 1991年 / 1992年 / 1993年 / 1994年 / 1995年 / 1996年 / 1997年 / 1998年 / 1999年
2000年代 2000年 / 2001年 / 2002年 / 2003年 / 2004年 / 2005年 / 2006年 / 2007年 / 2008年 / 2009年
2010年代 2010年 / 2011年 / 2012年 / 2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年 / 2017年
  • 正確な放送日が不明の場合、暦日上翌月1日の未明早朝あるいはそれ以降の日に放送された回でも、当月分として記載。
放送日 テーマ 録画 パネリスト / 備考 出典
1987年 翌年へ / 目次へ
4月 激論! 中曽根政治の功罪 大宅映子/中川八洋/俵萠子/山本コウタロー/大島渚/菅直人/他
5月 日米危機!!
6月 大討論! いま女の時代か 山口玲子/他
7月 角栄政治は終わったか
8月 若者100人、日韓衛星大討論 松田九郎/木元教子/黒田勝弘/他
9月 世代激突! 若者達の愛国心 いいだもも/菅孝行/大島渚/長谷川和彦/舛添要一/松田九郎/野村秋介/コリーヌ・ブレ/辻元清美
10月 電話受けます! 竹下政治で徹底討論 岸本重陳/小沢遼子/小中陽太郎/田久保忠衛/堀紘一/舛添要一/羽田孜/戸塚進也/江田五月/青木茂/神田香織/ロジャー・パルバース
11月 今夜日本の防衛で徹底討論 佐瀬昌盛/中川八洋/津島雄二/舛添要一/上田哲/前田哲男/北沢洋子/その他
12月 激論! '88 日本の政治と金と性 大島渚/野坂昭如/栗本慎一郎/呉智英/西山千明/猪瀬直樹/和田勉/広瀬隆/辻元清美/中島らも/デーブ・スペクター/その他
1988年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 しょせん日本は東大社会か 江副浩正/金子郁容/黒川紀章/他
2月 日本、韓国、北朝鮮 小田実/李麗仙/野村秋介/他
3月 テレビ「見る人・出る人・創る人」 呉智英/栗本慎一郎/俵萠子/大島渚/二木啓孝/他
4月 激論! これでいいのか!? 日本の“野党” 中川八洋/舛添要一/菅孝行/小中陽太郎/岩垂寿喜男/中野寛成/江田五月/黒柳明/青木繁/松本善明/コリーヌ・ブレ
5月 徹底討論! 誰が得する!? 農産物自由化 大島渚/松田九郎/他
6月 激論! ドーするTOKYO!!
7月 徹底討論・原発 逢坂國一/石川迪夫/加納時男/近藤達男/竹内榮次/田中紀夫/沼宮内弼雄/舛添要一/森雅英/渡辺昌介/西部邁/コリーヌ・ブレ/山口令子/栗本慎一郎/石沢善成/大島渚/小原良子/小中陽太郎/槌田敦/暉峻淑子/中島哲演/平井孝治/広瀬隆/室田武
8月 激論! プロ野球大論争!! 武上四郎/大島渚/本阿弥清/野崎靖博/青田昇/西川のりお/江本孟紀/高橋三千綱/梅田香子/新宮正春/江夏豊/石川好/マイティ・キーナート/若林正人/斎藤禎/有本義明/ねじめ正一
9月 昭和63年秋 オリンピックと日本人 山口敏夫/栗本慎一郎/大島渚/野坂昭如/西部邁/舛添要一/猪瀬直樹/八幡和郎/他
真の討論テーマは天皇制論議。#該当節参照
10月 徹底討論・原発 第2弾 石川迪夫/板倉哲郎/加納時男/住谷寛/鈴木雄太/宅間正夫/橋本寿/堀紘一/舛添要一/大和愛司/山本正男/石川好/大島渚/生越忠/久保晴一/高木仁三郎/槌田敦/暉峻淑子/野坂昭如/室田武/山本コータロー
11月 検証! 昭和63年・冬
12月 激論! どこへ行くニッポンと日本人 小田実/大島渚/小中陽太郎/舛添要一/野村秋介/猪瀬直樹/西部邁/野坂昭如/江田五月/池田満寿/富野暉一郎/石川好/コリーヌ・ブレ/ルベン・アビト/高坂正堯/石岡瑛子/黒川紀章
1989年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 激論! どうする!? 日本のジャーナリズム
2月 徹底討論! 「平成元年」大喪政治危機!!
3月 徹底討論! ドーする日本のプロ野球!! 江本孟紀/江夏豊/稲尾和久/東尾修/本阿弥清/大島渚/佐藤直子/赤瀬川準/水本義政/デーブ・スペクター/岡崎満義/石川好/太田真一/水野尚美
4月 崩壊竹下政治! ドーする!? 自由民主党
5月 国民大討論! 腐敗!? 不信!? 日本の政治!!
6月 衝撃! 「天安門」どこへ行く社会主義!? 小田実/和田春樹/安東仁兵衛/辻元清美/上田耕一郎/伊藤茂/石川真澄/高野孟/西部邁/下村満子/勝田吉太郎/渡部昇一/加藤紘一/舛添要一/天児慧
7月 人権と部落差別
8月 激論! 「野党連合」で日本は変わるか!? 上田哲/高沢寅男/黒柳明/塚田延充/正森成二/江田五月/中村鋭一/宇佐美忠信/山口敏夫/小杉隆/大島渚/海江田万里/舛添要一/清水信次/斎藤文男/二木啓孝/辻元清美
9月 激論! ドーする消費税!? なぜ税制改革か
10月 激論! ドーする外国人労働者
11月 人権と部落差別 第2弾
12月 激論! ドーする平成日本と1990年 西尾幹二/西部邁/舛添要一/呉智英/小田実/大島渚/福島瑞穂/他
1990年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 激論! 総選挙迫る!! 変わるか日本の政治
2月 激論! 日本の右翼と言論の自由と暴力!! 浅沼美智雄/岸本力男(全日本愛国者団体会議理事長)/木村三浩/四宮正貴/鈴木邦夫/箱崎一像(日本青年社情宣局長)/松本効三(民族革新会議副議長)/須藤久/大島渚/野坂昭如/西部邁/小田実/小中陽太郎/小沢遼子/高野孟/舛添要一/高木正幸/野村秋介
3月 激論! 凶悪犯罪と「少年法」と「人権」 デーブ・スペクター/杉原美津子/宮川俊彦(評論家・国語作文教育研究所所長)/須藤甚一郎/佐柄木俊郎(朝日新聞論説委員)/小田晋/板倉宏/舛添要一/戸塚宏/飯干晃一/菊田幸一/吉峯康博(弁護士)/福島瑞穂/栗本慎一郎/はやしたけし(フリーライター)
4月 激論! ドーするアメリカ!? ドーなる日本
5月 激論! 日韓新時代と朝鮮半島の平和!!
6月 激論! 日米安保!! 米の狙いと日本の選択
7月 激論! 地球新時代の戦争と平知と核 テレビ朝日での収録ではなく、系列の広島ホームテレビでの収録
8月 徹底討論! 中東危機!! ドーする日本!?
9月 激論! 中東危機! ドーする日本!? 第2弾
10月 激論! どこへ行く!? 自衛隊
11月 激論! 象徴天皇制とニッポン
12月 激論! 待ったなし! 日本の選択と決断
1991年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 異議あり! 湾岸戦争
2月 激論! イラク完全撤退!! 湾岸戦争終結!?
3月 激論! 「東京戦争」と日本の政治!!
4月 徹底討論! 「日本国憲法」と世界の平和
5月 激論! 日本が危ない!? ドーする若者たち
6月 緊急激論! 土井辞任!! ドーなる社会党!? 野坂昭如/他
7月 激論! 「証券スキャンダル」と「企業社会」
8月 衝撃! 共産党解体! 崩壊か!? ソ連邦!!
9月 激論! 宗教と若者 栗本慎一郎/石川好/池田晶子/村井秀夫/麻原彰晃/上祐史浩/杉浦実/島田裕巳/西部邁/池田昭/下村満子/景山民夫/真杉文紀(幸福の科学指導局局長)/阪口頼邦(幸福の科学事務局部長)/小林健祐(幸福の科学事務局課長)/中島渉(小説家)/大月隆寛/松本知子(放送時はヤソーダラーというホーリーネームで登場していた)
10月 激論! こんな日本に誰がした!? 司会:渡辺宜嗣、田丸美寿々
11月 日米開戦50年! 太平洋戦争と東京裁判 松浦晃一郎/浅井基文/小山仁志/上田耕一郎/オーティス・ケーリ/ヴァルド・ヴィリエルモ/姜尚中/張煥利(新華社駐日記者)/高野孟/土門周平/西部邁/大原康男/安藤仁介/田岡俊次/舛添要一/小沢遼子/上坂冬子
12月 激論! 世紀末大異変とテレビ 大島渚/猪瀬直樹/小池百合子/内田忠男/松本方哉/田畑光永/他
1992年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 激論! 外国人急増! ドーするニッポン!? 大島渚/ケント・ギルバート/堀紘一/三木恵美子/金子雅臣/姜尚中/浜田卓二郎/他
2月 激論! 暴力団はなぜなくならないか!? 大島渚/野坂昭如/野村秋介/石附弘/遠藤誠/安部譲二/飯干晃一/家田荘子/高山登久太郎(VTR出演)/他
3月 激論! 政治が日本を滅ぼす!? 大島渚/浜田マキ子/茂木敏充/岡田克也/石原伸晃/他
4月 激論! 人類が地球に住めなくなる日!?
5月 激論! 「差別・人権」と表現の自由!
6月 激論! どこへ行く!? 自衛隊
7月 激論! 我ら「戦無派」と国際貢献!
8月 激論! 学校が危ない!?
9月 徹底討論! 自民党解体か!?
10月 激論! 自民党解体!! 再編か!?
11月 激論! 「竹下失墜!?」と「自民党政治崩壊!?」
12月 激論! 日本が危ない!!
1993年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 激論! 衛星生中継「クリントンと日米新時代」
2月 激論! テレビの「ヤラセ」と情報時代
3月 激論! 政治とジャーナリズム
4月 激論! 国際貢献と国連
5月 激論! 国際貢献で血を流せるか!?
6月 激論! 自民党分裂! 変わるか? 日本
7月 激論! 野党連立政権成る? 新首相は誰に!?
8月 激論! 官僚は日本をダメにしたか!?
9月 激論! 「侵略戦争」と戦後補償
10月 激論! 表現の自由と差別
11月 激論! 日本のコメが危ない!?
12月 激論! 日本が危ない2!!
1994年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 激論! ドーなる? 「政治改革」と「細川政権
2月 激論! 日米は「危険な関係」か? ドーなる大不況!?
3月 激論! 大丈夫か? 日本のコメ
4月 激論! 政局動乱!! 羽田政権と日本の命運
5月 激論! 「北朝鮮核疑惑」と日本の対応!?
6月 激論! 羽田内閣不信任!? 政局大混迷と日本の命運!?
7月 激論! 「会社主義」の崩壊とニッポン
8月 激論! 僕ら新・戦無派の戦争と平和と金と性 日本民主青年同盟/一水会/松下政経塾/模擬国連
9月 激論! 村山連立政権の正体!?
10月 激論! 異議あり、ニッポン
11月 激論! 官僚が日本を滅ぼす!?
12月 徹底討論! 日本は生き残れるか?
1995年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 惨! 「阪神大震災」に何を学ぶか!?
2月 激論! 「阪神復興」へ私達は何をすべきか!?
4月1日 徹底検証!「オウム真理教」と「サリン事件 上祐史浩/青山吉伸/高山勇三/坂元新之輔/飯干晃一/遠藤誠/大島渚/大林高士/小林久三/島田裕巳/鳥越俊太郎/二木啓孝/室生忠/森謙治
4月 検証!「オウム真理教事件」とは何か!?
5月 総括!「オウム真理教」と闇の真相
6月 激論! 現代ニッポンと宗教 石井苗子/井尻千男/上田紀行/大島渚/クライン孝子/純丘曜彰/川村邦光/高森明勅/竹村真一(文化人類学者)/西部邁/フマユン・A・ムガール(イスラム思想文化研究会代表)/ペマ・ギャルポ(チベット文化研究所所長)/宮台真司/森岡正博/山崎龍明
7月 100回記念スペシャル!! 激論! 戦後ニッポンと天皇制とオウム
8月 特別企画100回記念第2弾「朝生」は何を論じてきたか!? VTR総集編
9月 激論! 核実験強行とあいまいな!? 日本
10月 番外編・危機発生!! その時日本は…!?
10月 激論! ドーする「宗教法人法破防法
11月 激論! 沖縄の怒りと日米安保
12月 若手激論スペシャル!! 俺たちに明日はあるのか!?
12月 大激論! 大変だぞ! ニッポン!!
1996年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 激論! 住専問題橋本新政権
2月 激論! 住専問題と大蔵省の功罪
3月 ホンネ激論! 日韓共生の道はあるか!?
4月 激論! 「TBSビデオ問題」とテレビ・ジャーナリズム
5月 激論! 死刑制度の是非?! 石井苗子/岩井信/上田紀行/遠藤誠/菊田幸一/金美齢/呉智英/菅沼光弘/高市早苗/高野孟/藤永幸治/牧義行/舛添要一/宮崎哲弥/若一光司/森田泰元(VTR出演)
司会:蜷川真夫
[13]
[14]
6月29日 今、国民投票を考える!! 柿澤弘治/左近正男/高市早苗/松あきら/今井一/坂東眞理子/志村史夫/高野孟/竹花光範/玉城義和/堀紘一/八幡和郎
司会:蜷川真夫
[15]
[16]
7月13日 激論! 日本異常事態宣言・若者編
女子高生とニッポン!
飯島愛/井尻千男/大前研一/河上亮一/木元教子/ドリアン助川/福島瑞穂/藤井誠二/藤井良樹/西部邁/宮台真司
司会:梶原しげる
[17]
[18]
8月24日 激論! 沖縄の怒りと日米安保・第2弾 新崎盛暉/衛藤征士郎/小沢遼子/小田実/喜納昌吉/桑江テル子/サム・ジェームソン/志方俊之/田岡俊次/高野孟/西部邁/兵頭二十八/舛添要一/吉田康彦 [19]
9月28日 激論! こんな日本に誰がした! ド〜する根腐れニッポン?! 嵐山光三郎/井沢元彦/小田実/黒川紀章/小林亜星/下村満子/辛淑玉/鈴木邦男/テリー伊藤/中島らも/藤井良樹/宮崎哲弥/山崎哲
司会:野坂昭如
[20]
10月26日 激論! どこへ行く?! 日本の政治! 島村宜伸/栗本慎一郎/西川太一郎/中田宏/海江田万里/穀田恵二/石川真澄/小沢遼子/高野孟/西部邁/舛添要一/八幡和郎/若林正人/ほか [21]
11月30日 激白! 元日本兵50人が語る「戦争と平和」 録画 海老名香葉子/下村満子/小林よしのり/秦郁彦/藤岡信勝/高木健一/むのたけじ/ほか元日本帝国軍人50人
司会:野坂昭如
[22]
12月31日 激論! 官僚が日本を滅ぼす?! 加藤周二/斉藤栄/八幡和郎/岩國哲人/海江田万里/小林興起/筆坂秀世/古川元久/石川好/猪瀬直樹/紺谷典子/高野孟/テリー伊藤/西部邁/樋口恵子/ビル・トッテン/舛添要一 [23]
1997年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
2月1日 激論! 教科書“従軍慰安婦”記述は是か非か?! 吉見義明/上杉聰/梶村太一郎/西野瑠美子/藤岡信勝/小林よしのり/秦郁彦/西尾幹二/デーブ・スペクター/下村満子/長谷川潤/高嶋伸欣/西岡力/尹健次
司会:水口義朗
[24]
3月1日 緊急討論! 鄧小平氏死去、ドーなる中国!? 井尻秀憲/河添恵子/季宏/木村三浩/金美齢/呉智英/孔健/志方俊之/高野孟/戸張東夫/ペマ・ギャルポ/游仲勲/舛添要一 [25]
3月29日 激論! “援助交際”とニッポン! 安部譲二/尾木直樹/小田晋/ケント・ギルバート/桜井武/佐藤欣子/野坂昭如/馳浩/速水由紀子/藤井誠二/宮淑子/宮台真司/和田秀樹
司会:蜷川真夫
[26]
4月26日 激論! ペルー事件の教訓とニッポン! 伊藤千尋/猪瀬直樹/小田実/姜尚中/鈴木宗男/田岡俊次/辻元清美/テリー伊藤/西部邁/野坂昭如/堀紘一/舛添要一/三島健二郎/桃井和馬/森本敏 [27]
5月 激論! ドーなる? 北朝鮮、ドーする? 日本! 石井苗子/上田哲/柿澤弘治/志方俊之/重村智計/辛淑玉/菅沼光弘/関寛治/高野孟/テリー伊藤/西岡力/許文道/舛添要一/吉田康彦
司会:水口義朗
[28]
6月 激論! 現代日本の狂気と闇 上田紀行/大谷昭宏/岡田斗司夫/香山リカ/川田龍平/坂井三郎/苫米地英斗/西部邁/福沢恵子/藤井良樹/宮崎哲弥/宮崎学/宮台真司/若林正人/和田秀樹
司会:水口義朗
[29]
7月 激論! 14歳の冷血と少年法 大島渚/大谷昭宏/小田晋/尾木直樹/河上亮一/ケント・ギルバート/鳥山敏子/見沢知廉/山田万里子/藤井誠二/ほか現役中学教師30名
司会:水口義朗
[30]
8月 激論! 誰のせいだ?! このニッポン 大谷昭宏/岡田斗司夫/小沢遼子/香山リカ/切通理作/高野孟/テリー伊藤/中林美恵子/藤井良樹/舛添要一/宮崎哲弥/吉岡達也 [31]
9月 激論! “在日”とニッポン 青木定雄/金敬得/金両基/辛淑玉/崔順姫/鄭甲寿/朴慶南/梁石日/池東旭/石川好/井尻千男/植田剛彦/金美齢/ケント・ギルバート/野坂昭如
司会:梶原しげる
[32]
10月 激論! どうする?! 行革・どうなる?! 日本 荒井広幸/猪瀬直樹/大前研一/小林興起/笹川堯/仙谷由人/高市早苗/舛添要一/水谷研治/村上誠一郎/八幡和郎/山田厚史 [33]
11月 激論! 金融破綻続発! ドーなる日本?! 清水信次/鈴木淑夫/高野孟/西部邁/ビル・トッテン/堀紘一/水野隆徳/水谷研治/山田厚史/若林正人/紺谷典子/津島雄二 [34]
12月31日 激論! '98どうなるニッポン?! 再生の道はあるか? 猪瀬直樹/エンノ・ベルント/清水信次/テリー伊藤/中林美恵子/西部邁/野坂昭如/水谷研治/水野隆徳/山田厚史/塩崎恭久/小池百合子/古川元久/上田耕一郎 [35]
1998年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 激論! どうにかしてくれ! この日本 井尻千男/今井一/岡田斗司夫/高野孟/舛添要一/宮崎哲弥/甘利明/小林興起/小池百合子/岩國哲人/穀田恵二/辻元清美 [36]
2月 激論! 少年達はなぜキレるのか!? 安部譲二/尾木直樹/河上亮一/寺脇研/ピーター・フランクル/福島瑞穂/藤井誠二/宮台真司/四方繁利(都内公立中学校教頭、映像文化批評家)/大谷猛夫(都内公立中学教師・社会)/熊倉峰広(都内公立中学教師・国語)/長谷川潤(大阪公立中学教師・国語)/吉村葉留枝(都内公立中学校養護教諭)/島田益吉(東京都公立中等学校PTA協議会会長)/足立信幸(東京都公立中学校PTA協議会総務理事)/古賀節子(都内公立中学校PTA会長)/千葉小夕起(目黒区中学校PTA)/高津隆(日本父親学会会員、会社員) [37]
3月 激論! 大蔵省の功罪と日本!! 池坊雅史/栗本慎一郎/佐藤道夫/スコット・ハーズ/須田慎一郎/高野孟/テリー伊藤/浜田卓二郎/古川元久/舛添要一/宮崎哲弥/八幡和郎/山田厚史 [38]
4月 激論! 田舎が都会をクイつぶす?! アン・マクドナルド/石原伸晃/猪瀬直樹/岩國哲人/大宅映子/親松貞義/齋藤愼/千保一夫/内藤尚/中越武義/堀紘一/松岡利勝/村野まさよし/青島幸男(VTR出演) [39]
5月 激論! アメリカ流は正義か?! 石井苗子/石川好/伊藤俊也/片岡鉄哉/喜納昌吉/呉智英/高野孟/西部邁/ピーター・ランダース/堀紘一/宮崎哲弥/森本敏 [40]
6月 激論! がんばれ! ニッポン
〜大学生100人大討論〜
猪瀬直樹/岡田斗司夫/濤川栄太/宮崎哲弥/大学生100名(男女各50名) [41]
7月 紳助と語ろう! 中学生はいま 一部
録画
寺脇研/マキノ正幸/河上亮一/小沢遼子/塩田丸男/藤井誠二/中学生50名・現役教師50名・父母50名
司会:島田紳助
[42]
8月 日中平和友好条約締結20周年・江沢民国家主席来日記念
日・中市民大討論!
衛藤瀋吉/小島朋之/高野孟/田畑光永/戸張東夫/蓮舫/劉徳有/陸国忠/林国本/張云方/高海寛/楊晶 [43]
9月 激論! どうなる?! 長銀問題と金融危機 古川元久/鈴木淑夫/西田猛/佐々木憲昭/糸瀬茂/宮崎学/山田厚史/石原伸晃/渡辺喜美/枝野幸男/上田勇/辻元清美/設楽清嗣/堀紘一 [44]
10月 激論! 「戦争論」と日本 井尻千男/姜尚中/金美齢/小林よしのり/坂井三郎/高野孟/辻元清美/濤川栄太/松井やより/宮崎哲弥 [45]
11月 激論! ホントに「NO」といえるか?! 日本 石川好/石原慎太郎/岡崎久彦/鈴木壮治/中林美恵子/堀紘一/水野隆徳/森本敏/湯浅卓/ロバート・グロンディン [46]
12月 激論! ガンバレニッポン&日本人 石原伸晃/渡辺喜美/枝野幸男/小池百合子/佐々木憲昭/辻元清美/大島渚/木村三浩/金美齢/佐藤治彦/デーブ・スペクター/野坂昭如/松崎菊也/宮崎哲弥 [47]
1999年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 激論! 朝鮮半島有事と新ガイドライン
テポドン恐怖がもたらす新しい考え方
金明哲/志方俊之/田岡俊次/高野孟/立山紘毅/池東旭/森本敏/吉田康彦/中谷元/仙谷由人/西村眞悟/辻元清美 [48]
2月 激論! 都知事は私だ! 主要候補6人緊急出演 録画 野末陳平/三上満/舛添要一/鳩山邦夫/柿澤弘治/明石康/西岡久惠/堀紘一/村野まさよし/八幡和郎
石原慎太郎この時の都知事選で当選するが、2月の段階ではまだ出馬表明していなかった。
[49]
3月 激論! 日の丸・君が代 国旗・国家は必要か 上杉千年/大谷昭宏/穀田恵二/小林節/小森龍邦/佐藤文明/高市早苗/辻元清美/濤川栄太/西村眞悟/平沢勝栄/藤井誠二 [50]
4月 激論! “学級崩壊”と日本の教育
今、戦後教育は見直される?
尾木直樹/河上亮一/クライン孝子/ケント・ギルバート/樽谷賢二/寺脇研/鳥山敏子/濤川栄太/西澤清/藤井誠二/三上満/諸富祥彦 [51]
5月 激論! もし、あなたの隣に“オウム”が来たらどうしますか? あれから4年、まだ終わらない? 石橋郁雄/遠藤誠/岡村幸四郎/小沢遼子/小野毅/ケント・ギルバート/佐藤道夫/菅沼光弘/舘野喜重郎/土本武司/二木啓孝/山崎哲/荒木浩/広末晃敏 [52]
6月 激論! 迷走する日本民主主義
いつのまにか、決まっている。
井尻千男/菅沼光弘/田中康夫/藤井厳喜/宮崎学/宮崎哲弥/平沢勝栄/西村眞悟/上田勇/枝野幸男/木島日出夫/保坂展人 [53]
7月 激論! 日本に明日はあるか?!
来世紀のリーダーここに集う
浅尾慶一郎/今井一/石原伸晃/大谷昭宏/岡田斗司夫/佐野美和/佐藤治彦/辻元清美/宮崎哲弥/村野まさよし/和田秀樹
司会:梶原しげる蓮舫
[54]
8月 激論! 日本が“自立”する時
戦後今だに続く米国の呪縛
石原伸晃/平沢勝栄/枝野幸男/遠藤乙彦/東祥三/穀田恵二/福島瑞穂/石川好/井尻千男/猪瀬直樹/工藤雪枝/宮崎哲弥/森本敏 [55]
9月 徹底討論! 公明党 つながりの力・数の力・信念の力 北側一雄/遠藤乙彦/池坊保子/白浜一良/西口浩/白川勝彦/平沢勝栄/仙谷由人/石川真澄/福岡政行/二木啓孝/山崎龍明 [56]
10月 激論! 東海村“臨界”事故と原子力の未来
世代を越える目に見えない力……
アイリーン・美緒子・スミス/明石昇二郎/石川迪夫/荻野晃也/加納時男/木元教子/久保寺昭子/齋藤伸三/竹村英明/槌田敦/藤井靖彦/吉井英勝 [57]
11月 激論! リストラの嵐とサラリーマンの選択
世紀末に終身雇用の幻影……
奥谷禮子/亀井静香/草野厚/設楽清嗣/島田晴雄/清水信次/堀紘一/松浦清春/水谷研治/山田厚史/和田秀樹 [58]
翌1月2日 激論! 「新たな戦争」の時代か?
20世紀最後の年、それはデジタルの年……
石原伸晃/枝野幸男/岡田斗司夫/金子勝/高野孟/田中康夫/堀紘一/舛添要一/宮崎哲弥/宮崎緑/森本敏/山田厚史/和田秀樹
ミレニアム関連番組のため、翌年1月2日未明(1月1日深夜)に放送
[59]
2000年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 激論! 日本の自立とアジア本音
21世紀に亜細亜はどう変わる…
イーザ・ユスロン/金美齢/グエン・ヴィン・トロン/池東旭/杜進/林華生/デーブ・スペクター/草野厚/塩崎恭久/高野孟/武見敬三/辻元清美/森本敏 [60]
2月 激論! 民主主義は要らない!?
強行採決・野党欠席・市民投票、国会の役割は…
今井一/小林節/田中康夫/八木秀次/茂木敏充/平沢勝栄/西田猛/古川元久/穀田恵二/辻元清美/佐藤道夫 [61]
3月 激論! 日本の家族が危ない?!
大人の世界、こどもの世界、孤独な世界
アグネス・チャン/池内ひろ美/喜入克/グレゴリー・クラーク/寺脇研/富田富士也/濤川栄太/藤井誠二/藤崎育子/八木秀次/和田秀樹/ほか [62]
4月 激論! 日本国憲法
禁断の呪縛を解かれるか……
石川好/姜尚中/小林節/高野孟/西原博史/西部邁/平沢勝栄/魚住裕一郎/浅尾慶一郎/平野貞夫/小泉親司/辻元清美 [63]
5月 激論! 総選挙迫! 21世紀の日本の争点と選択は?
永田町は崩壊か結束か……
石原伸晃/高市早苗/赤松正雄/西田猛/枝野幸男/穀田恵二/東祥三/辻元清美/猪瀬直樹/金子勝/草野厚/福岡政行/宮崎哲弥/森本敏 [64]
6月 激論! 少年犯罪と少年法
正常か? 異常か? 少年に潜むもの……
佐藤欣子/瀬戸則夫/武るり子/千葉紘子/蝶野正洋/藤井誠二/保坂展人/町澤静夫/水口義朗/宮崎学/宮崎哲弥/本村洋 [65]
7月 激論! 21世紀ニッポンの“戦略”
老兵は死、新兵に政治は託された……
石原伸晃/中谷元/枝野幸男/末松義規/東祥三/穀田恵二/辻元清美/井尻千男/金子勝/金美齢/宮崎哲弥/森本敏 [66]
8月 激論! 日本の“国民教育”
21世紀に求められる教育とは……
大谷昭宏/河上亮一/草野厚/坂井三郎/栄陽子/高市早苗/武見敬三/田中康夫/寺脇研/原陽子/保坂展人/和田秀樹 [67]
9月 今、女の時代か!? 男と女の大論争 石原里紗/大泉博子/奥谷禮子/小沢遼子/酒井あゆみ/遙洋子/日比野みさき/福島瑞穂/猪瀬直樹/堀紘一/水口義朗/宮崎哲弥 [68]
10月 徹底討論! 激変する朝鮮半島と在日コリア 重村智計/田岡俊次/辻元清美/平沢勝栄/吉田康彦
・総連系:卞宰洙(文芸評論家)/洪祥進(朝鮮人強制連行調査団事務局長)/全哲男(朝鮮新報論説委員)/梁玉出(朝鮮大学校教員)
・民団系:徐龍達(桃山学院大学教授)/金総領(ジャーナリスト)/朴鉄民(雑誌編集人)/姜誠(ルポライター)
[69]
11月 激論! 加藤政変劇と日本の政治!! 小林興起/平沢勝栄/武見敬三/山本一太/高木陽介/小池百合子/枝野幸男/東祥三/木島日出夫/辻元清美/金子勝/岸井成格/福岡政行 [70]
12月 21世紀は日本の世紀か!? 渡辺喜美/山本一太/枝野幸男/筆坂秀世/辻元清美/金子勝/斎木尚子/島田晴雄/鈴木寛/田中康夫/野坂昭如/遙洋子/山田厚史/アン・マクドナルド/トニー・ラズロ/ピーター・ランダース/ベンジャミン・フルフォード/劉黎児/他 [71]
2001年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月 激論! 日本の戦争 猪瀬直樹/笠原十九司/姜尚中/草野厚/土門周平/中村粲/秦郁彦/橋爪大三郎/山田朗/小池百合子/辻元清美 [72]
2月 有害番組とメディア規制 猪瀬直樹/植田豊喜/大谷昭宏/岡留安則/川村晃司/ケント・ギルバート/真田範行/世耕弘成/土屋敏男/テリー伊藤/服部孝章/森治美/八代英太/吉田秀夫 [73]
3月31日 日本を不幸にする政治?! 石原伸晃/大村秀章/高木陽介/鶴保庸介/枝野幸男/樽床伸二/東祥三/小池晃/辻元清美/中田宏/金子勝/今井一/下村満子/宮崎哲弥 [74]
4月 激論! 小泉新政権と日本の政治 石原伸晃/小林興起/大村秀章/松島みどり/高木陽介/小池百合子/枝野幸男/達増拓也/小池晃/辻元清美/中田宏/金子勝/白石真澄/歳川隆雄/ベンジャミン・フルフォード/宮崎哲弥 [75]
5月 激論! “歴史教科書問題”とは何か!? 下村博文/高市早苗/仙谷由人/福島瑞穂/上杉聰/姜尚中/黄栄植/黄文雄/高嶋伸欣/西尾幹二/西岡力/秦郁彦/藤岡信勝/和田春樹 [76]
6月 激論! 小泉政権と参院選 熊代昭彦/平沢勝栄/高木陽介/西川太一郎/枝野幸男/東祥三/佐々木憲昭/辻元清美/金子勝/木元教子/草野厚/歳川隆雄/宮崎哲弥/森本敏 [77]
7月 激論! 靖国問題ってなんだ?! 王智新/大原康男/姜尚中/工藤雪枝/清水信次/辻元清美/西尾幹二/平沢勝栄/ヒルシャー・ゲプハルト/水島朝穂/百地章
司会:渡辺宜嗣
[78]
8月 激論! どうなる国民生活!? 根本匠/山本幸三/大村秀章/枝野幸男/古川元久/金子勝/島田晴雄/白石真澄/ピーター・ランダース/松原聡/水野隆徳/森永卓郎 [79]
9月 激論! 開戦直前?! 新たな戦争と日本 石破茂/平沢勝栄/首藤信彦/東祥三/辻元清美/足立正生/アレズ・ファクレジャハニ/ケント・ギルバート/田岡俊次/フマユン・A・ムガール/水口章/森本敏 [80]
10月 激論! “アフガン空爆作戦”は本当に成功したのか? アミン・コヒィ/石破茂/飯塚正人/笈川博一/河野太郎/森本敏/首藤信彦/田岡俊次/デーブ・スペクター/辻元清美/歳川隆雄/宮崎哲弥 [81]
11月 激論! 日本国が崩壊する日!?
〜経済は再生できるか〜
栗原博久/河野太郎/小林興起/根本匠/枝野幸男/中田宏/猪瀬直樹/植草一秀/江田憲司/金子勝/松原聡/宮崎哲弥/森永卓郎 [82]
翌1月1日 激論! 小泉純一郎は日本国民を幸せにするのか? 荒井広幸/平沢勝栄/渡辺喜美/枝野幸男/首藤信彦/辻元清美/猪瀬直樹/植草一秀/金子勝/紺谷典子/島田晴雄/野坂昭如/宮崎哲弥/森本敏 [83]
2002年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月26日 激論! 日本国の“国益”を考える 江田憲司/大村秀章/河野太郎/高市早苗/達増拓也/辻元清美/根本匠/古川元久/宮崎哲弥/八幡和郎/屋山太郎/山本一太 [84]
2月23日 激論! 小泉首相は“抵抗勢力”か? 小林興起/平沢勝栄/下村博文/河村たかし/浅尾慶一郎/東祥三/佐々木憲昭/辻元清美/江田憲司/草野厚/堀紘一/宮崎哲弥 [85]
3月30日 激論! 言論・表現の自由が消える日!? 井尻千男/熊代昭彦/佐久間達哉/新美育文/藤井昭夫/桂敬一/蟹瀬誠一/小宮山洋子/坂井眞/歳川隆雄/二木啓孝/宮崎哲弥/吉岡忍 [86]
4月27日 激論! 「有事法制」備えあれば憂いなし? 石破茂/山本一太/山口那津男/渡辺周/鎌田さゆり/東祥三/小泉親司/今川正美/姜尚中/工藤雪枝/志方俊之/田岡俊次/田中康夫/水島朝穂 [87]
6月1日 激論! 亡命事件と日本の外交 平沢勝栄/山本一太/首藤信彦/東祥三/緒方靖夫/山口壮/久枝譲治/中村仁威/金美齢/草野厚/歳川隆雄/秦郁彦/森本敏/吉田康彦 [88]
6月29日 激論! 石原慎太郎とナショナリズム 市川周/大谷昭宏/小沢遼子/金子勝/穀田恵二/徳田虎雄/西村眞悟/西尾幹二/野坂昭如/花岡信昭/矢崎泰久/山口二郎 [89]
7月27日 激論! 小泉政権の中間総括 小林興起/根本匠/高木陽介/小沢鋭仁/穀田恵二/福島瑞穂/猪瀬直樹/江田憲司/金子勝/歳川隆雄/松原聡/宮崎哲弥 [90]
8月31日 激論! 「劇場型政治」の功罪 井尻千男/川村晃司/姜尚中/草野厚/熊代昭彦/小宮山洋子/服部孝章/ばばこういち/二木啓孝/八木秀次/山本一太/宮崎哲弥 [91]
9月28日 激論! アメリカは正義の国か?
〜北朝鮮・イラク・中東〜
石破茂/平沢勝栄/山本一太/枝野幸男/東祥三/足立正生/姜尚中/木村三浩/重村智計/デーブ・スペクター/歳川隆雄/中林美恵子/森本敏 [92]
11月9日 激論! 拉致と核と日本の安全保障 平沢勝栄/山本一太/首藤信彦/東祥三/小沢遼子/姜尚中/重村智計/池東旭/西岡力/野坂昭如/森本敏/宮崎哲弥/吉田康彦 [93]
11月30日 激論! これでいいのか日本!
〜歴史認識・北朝鮮・安全保障〜
阿形充規/上田哲/木村三浩/穀田恵二/四宮正貴/高木陽介/中林美恵子/秦郁彦/ばばこういち/平沢勝栄/保坂展人/吉田康彦/大谷昭宏 [94]
翌1月1日 激論! 2003・どこへいくニッポン!
〜戦後民主主義とナショナリズム〜
山本一太/穀田恵二/天野礼子/片岡都美/金子勝/姜尚中/西尾幹二/野坂昭如/宮崎哲弥/森本敏/八木秀次/山田厚史/吉田康彦/宮崎学 [95]
2003年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
2月1日 激論! アメリカは「ならず者」国家か!? 石川好/岡崎久彦/小田実/金子勝/姜尚中/岸井成格/西部邁/松本健一 [96]
3月1日 激論! ノーモア小泉…若手論客の日本の選択
〜イラク戦争・北朝鮮と日本のナショナリズム〜
阿久津博康/勝谷誠彦/工藤雪枝/田中宇/中林美恵子/宮崎哲弥/宮台真司/村田晃嗣/山本一太/和田秀樹/金子勝/宮崎学 [97]
3月29日 激論! イラク戦争はいつ終わるのか!? 東祥三/勝谷誠彦/金子勝/川村晃司/コリーヌ・ブレ/首藤信彦/田岡俊次/高橋和夫/ベンジャミン・フルフォード/宮崎哲弥/村田晃嗣/森本敏/山本一太 [98]
4月26日 激論! 最強の帝国主義? アメリカの正体 金子勝/姜尚中/河野太郎/小林よしのり/ジェームズ・ワグナー/重信メイ/重村智計/田中宇/原口一博/宮崎哲弥/村田晃嗣/森本敏 [99]
5月31日 激論! 最強の“帝国”アメリカ PART2 平沢勝栄/山本一太/原口一博/青山繁晴/大谷昭宏/姜尚中/きくちゆみ/小林よしのり/宮崎哲弥/村田晃嗣/森本敏/重村智計 [100]
6月28日 激論! ど〜する北朝鮮問題?! 李ビョンソン/姜尚中/小池百合子/志方俊之/重村智計/朱建栄/鄭甲寿/デーブ・スペクター/平沢勝栄/保坂展人/村田晃嗣/吉田康彦/蓮舫/渡辺周 [101]
8月3日 激論! 若者の暴走・獣性と無責任大人で日本沈没? 池内ひろ美/井尻千男/大谷昭宏/長田百合子/勝谷誠彦/喜入克/熊代昭彦/西尾幹二/藤井誠二/福島瑞穂/宮崎哲弥/宮台真司/和田秀樹 [102]
8月30日 激論! “愛国心”と“国益”
〜このままで日本はいいのか?!〜
金子勝/姜尚中/金美齢/小林よしのり/高野孟/西部邁/樋口恵子/森本敏 [103]
9月27日 激論! 小泉新内閣誕生! 迫る総選挙?! どうなる日本! 栗原博久/山本一太/遠山清彦/原口一博/樋高剛/佐々木憲昭/植田至紀/松原聡/宮崎哲弥/村田晃嗣/山田厚史/横江公美/政治家を志す元若手官僚等:井上信治/上野賢一郎/はなし康弘/北神圭朗/福島伸享/上田けい子 [104]
11月8日 激論! 総選挙目前! どうする?! どうなる日本?! 山本一太/小林温/浅尾慶一郎/鈴木寛/遠山清彦/小池晃/鶴保庸介/福島瑞穂/小沢遼子/金子勝/宮崎哲弥/松原聡/村田晃嗣 [105]
11月29日 衝撃! テロ続発! 緊迫するイラク情勢 次は日本か? 姜尚中/穀田恵二/小林よしのり/小宮山洋子/小森陽一/田岡俊次/高橋和夫/武見敬三/宮崎哲弥/村田晃嗣/森本敏/潮匡人 [106]
翌1月1日 激論! 生きのびよ、日本! 阿久津博康/勝谷誠彦/姜尚中/工藤雪枝/穀田恵二/小林よしのり/高橋和夫/武見敬三/原口一博/宮崎哲弥/村田晃嗣/森本敏/吉田康彦/福島瑞穂 [107]
2004年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月31日 激論! 今、なぜ“改憲”か? 山本一太/高木陽介/古川元久/小泉親司/姜尚中/草野厚/工藤雪枝/小林節/小林よしのり/小森陽一/ばばこういち/宮崎哲弥/村田晃嗣 [108]
2月28日 激論! 崩壊? 日本の年金制度 熊代昭彦/大村秀章/福島豊/古川元久/小池晃/荻原博子/金子勝/佐藤治彦/須田慎一郎/遙洋子/松原聡/山崎泰彦 [109]
3月27日 激論! オウム連合赤軍は終わらない?! 植垣康博/勝谷誠彦/香山リカ/喜入克/小阪修平/小林よしのり/島田裕巳/鈴木邦男/土本武司/遙洋子/宮崎哲弥/宮崎学/森達也 [110]
5月1日 激論! 憎悪と虐殺!! イラクの未来は?! アレズ・ファクレジャハニ/勝谷誠彦/川村晃司/木村三浩/小林よしのり/橋田信介/首藤信彦/高橋和夫/武見敬三/遠山清彦/宮崎哲弥/村田晃嗣/森本敏/安田純平 [111]
5月29日 激論! 日朝会談の真相と小泉外交 青山繁晴/勝谷誠彦/木村剛/小林よしのり/重村智計/原口一博/日垣隆/平沢勝栄/宮台真司/宮崎学/森本敏/山本一太/柳在順
司会:宮崎哲弥
[112]
6月26日
[113]
徹底討論! 皇室とニッポン! 猪瀬直樹/笠原英彦/工藤雪枝/小林よしのり/小宮山洋子/四宮正貴/高橋紘/遙洋子/宮崎哲弥/森岡正宏/八木秀次 [114]
7月31日 激論! 日本のプロ野球が滅亡する?! 録画 江本孟紀/栗山英樹/坂井保之/二宮清純/遙洋子/東尾修/広瀬一郎/古田敦也/堀江貴文/三宅久之/ヨネスケ [115]
9月4日 激論! 日米同盟は本当に必要か?! 沖縄ヘリ事故と日米同盟 糸数慶子/岡崎久彦/姜尚中/小林よしのり/下地幹郎/田岡俊次/中林美恵子/長島昭久/宮崎哲弥/村田晃嗣 [116]
9月25日 日本のプロ野球はどこへ行くのか? 伊藤修/小林至/坂井保之/坂本幸夫/玉木正之/テリー伊藤/野崎靖博/野村克也/広瀬一郎/村田佳寿子 [117]
11月6日 激論! 日本の命運を握る超大国の新戦略と小泉外交 どうする!? 日・中・米 新時代 枝野幸男/王曙光/姜尚中/勝谷誠彦/小林よしのり/ジェームズ・ワグナー/朱建栄/田畑光永/宮崎哲弥/村田晃嗣/森本敏/山田厚史/山本一太/呂英華 [118]
11月27日 激論! 小泉首相の決断と責任
〜中国・イラク・北朝鮮〜
青山繁晴/金子勝/姜尚中/小林よしのり/高橋和夫/中林美恵子/松原仁/村田晃嗣/森本敏/山本一太/吉田康彦 [119]
翌1月1日 激論! 拉致問題と北朝鮮・中国・アメリカ
〜“定年”を迎える戦後民主主義〜
青山繁晴/秋尾沙戸子/石高賢治/猪瀬直樹/枝野幸男/王曙光/勝谷誠彦/姜尚中/小林よしのり/小坂浩彰/平沢勝栄/福島瑞穂/宮崎哲弥/村田晃嗣/森本敏/山本一太 [120]
2005年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月29日 激論! こんな教育が日本を滅ぼす?! 長田百合子/喜入克/小林よしのり/高篠栄子/中井浩一/福島瑞穂/藤井誠二/水谷修/宮崎哲弥/森越康雄/吉田博彦/和田秀樹 [121]
2月26日 激論! 第2期ブッシュ政権はどこへ行く?
〜ブッシュは世界を幸福にできるか!?〜
青山繁晴/大野元裕/香山リカ/姜尚中/小林よしのり/重村智計/末延吉正/末松義規/田中宇/村田晃嗣/森本敏/山本一太/吉崎達彦 [122]
4月2日 激論! ホリエモン現象と日本社会 浅尾慶一郎/板倉雄一郎/大谷昭宏/小飼弾/小林興起/紺谷典子/辛淑玉/デーブ・スペクター/永沢徹/ベンジャミン・フルフォード/堀紘一/山田厚史 [123]
4月30日 激論! 反日デモと日中新時代 青山繁晴/王曙光/賈珊/姜尚中/金文学/小林よしのり/葉千栄/田畑光永/秦郁彦/福島瑞穂/森本敏/山本一太 [124]
5月28日 激論! 小泉外交の戦略と国益 勝谷誠彦/姜尚中/小林よしのり/穀田恵二/田岡俊次/田中宇/重村智計/宮崎哲弥/村田晃嗣/森本敏/山本一太/葉千栄/吉田康彦 [125]
7月2日 激論! 敗戦60年! 元帝国軍人があの戦争を斬る! 録画 阿部三郎(海軍中尉)/池部良(陸軍中尉、俳優)/大村富美夫(陸軍上等兵)/沖原紀夫(海軍大尉)/小澤一彦(海軍大尉)/加藤六月(陸軍士官候補生、元衆議院議員)/簡茂松(陸軍上等兵)/木下迪介(陸軍上等兵)/斉藤一好(海軍大尉)/太宰信明(海軍二等航空兵曹)/寺嶋芳彦(海軍兵曹長)/名越二荒之助(陸軍軍曹)/松浦喜一(陸軍少尉)/佐島直子/明珍美紀/遥洋子 [126]
8月6日 激論! 第2弾元帝国軍人が戦争の全てを語る! 録画 井上理二(海軍二等兵曹、駆逐艦磯風乗組員)/小板橋孝策(海軍上等兵曹、重巡愛宕乗組員)/小灘利春(海軍大尉、回天搭乗員)/鈴木英男(海軍中尉、神雷部隊桜花隊分隊士)/武井松太郎(海軍上等水兵、軍艦武蔵会会長)/斎藤邦雄(陸軍上等兵)/篠塚良雄(関東軍731部隊)/鈴木忠蔵(陸軍伍長)/高橋正二(陸軍参謀、大本営参謀)/土門周平(陸軍士官学校卒 陸軍戦車連隊中隊長)/佐島直子/明珍美紀/遙洋子 [127]
8月27日 激論! 小泉純一郎にこれからの日本を任せるのか? 山本一太/蓮舫/遠山清彦/大門実紀史/福島瑞穂/勝谷誠彦/金子勝/荻原博子/末延吉正/松原聡/宮崎哲弥/ほか [128]
10月1日 激論! 圧勝小泉の狙いとニッポン 河野太郎/原口一博/高木陽介/穀田恵二/福島瑞穂/荻原博子/姜尚中/小林節/松原聡/村尾信尚/宮崎哲弥/山本一太 [129]
11月5日 激論! 改憲の是非とニッポン 中谷元/武見敬三/高木陽介/枝野幸男/笠井亮/保坂展人/今井一/姜尚中/小林節/小森陽一/村田晃嗣/森本敏 [130]
11月26日 激論! 少子化の何が悪い?! 松島みどり/蓮舫/福島瑞穂/奥谷禮子/長田百合子/金美齢/遙洋子/ミュリエル・ジョリヴェ/勝谷誠彦/松原聡/森永卓郎/八木秀次 [131]
翌1月1日 恒例! 大晦日スペシャル「改革か変革か、どうなる小泉政権と日本」 平沢勝栄/山本一太/枝野幸男/小宮山洋子/小池晃/辻元清美/王曙光/勝谷誠彦/金子勝/姜尚中/宮崎哲弥/村尾信尚/村田晃嗣/森永卓郎/森本敏 [132]
2006年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月28日 激論! ホリエモン・ショックと日本 録画 平沢勝栄/菅直人/板倉雄一郎/奥村宏/小飼弾/スコット・ハーズ/須田慎一郎/永沢徹/樋口恵子/本間正明 [133]
2月25日 激論! 天皇 山本一太/小宮山洋子/小沢遼子/小池晃/小林節/清水建宇/鈴木邦男/高橋紘/高森明勅/中丸薫/宮崎哲弥/八木秀次 [134]
4月1日 激論! どーする?「格差拡大社会」ニッポン?! 勝谷誠彦/金子勝/鴨桃代/林信吾/平野岳史/松原聡/宮崎哲弥/森永卓郎/吉崎達也/世耕弘成/蓮舫/仁比聡平/辻元清美 [135]
4月29日 激論! テレビに明日はあるか?! 世耕弘成/蓮舫/池田信夫/川村晃司/坂本衛/土屋敏男/デーブ・スペクター/服部孝章/広瀬道貞/松原聡/宮崎哲弥/吉田望 [136]
5月27日 激論! 日本はアメリカの属国なのか?! 武見敬三/長島昭久/小池晃/福島瑞穂/下地幹郎/青山繁晴/姜尚中/金美齢/志方俊之/村田晃嗣/森本敏/湯浅一郎 [137]
7月8日 激論! 北朝鮮ミサイル発射と日本! 録画 阿部知子/天木直人/猪瀬直樹/片山さつき/金子勝/重村智計/田岡俊次/古川元久/村田晃嗣/森本敏/山本一太/葉千栄/平沢勝栄 [138]
7月29日 激論! 昭和天皇靖国神社 録画 武見敬三/山本一太/細野豪志/岡崎久彦/香山リカ/姜尚中/草野厚/小森陽一/鈴木邦男/高橋紘/宮崎哲弥/八木秀次 [139]
8月26日 激論! 戦後日本の終わりと“ナショナリズム” 録画 武見敬三/江田五月/岡崎久彦/姜尚中/下村満子/高野孟/田中均/富岡幸一郎/秦郁彦 [140]
9月30日 激論! 安倍政権と日本の命運 赤池誠章/片山さつき/平沢勝栄/山本一太/枝野幸男/辻元清美/江田憲司/荻原博子/金子勝/姜尚中/村田晃嗣/八木秀次 [141]
11月5日 激論! ニッポンの“核武装” 河野太郎/山本一太/原口一博/青山繁晴/潮匡人/姜尚中/櫛渕万里/高野孟/村田晃嗣/森本敏/吉田康彦/伊藤貫 [142]
11月25日 激論! “いじめ” “自殺”と日本の教育 葉梨康弘/蓮舫/福島瑞穂/伊藤玲子/喜入克/鈴木義昭/寺脇研/中嶋博行/長谷川潤/宮崎哲弥/森越康雄/八木秀次 [143]
翌1月1日 激論! “北朝鮮” “激変する世界”日本外交はナニができるのか? 平沢勝栄/山口壯/高木陽介/穀田恵二/福島瑞穂/大野元裕/勝谷誠彦/姜尚中/重村智計/西岡力/宮崎哲弥/村田晃嗣/森本敏/山田厚史/葉千栄/劉江永 [144]
2007年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月27日 激論! 格差拡大! 雇用崩壊! アナタは生き残れるか? 大村秀章/片山さつき/小沢鋭仁/辻元清美/板倉雄一郎/荻原博子/設楽清嗣/城繁幸/堀紘一/松原聡/森永卓郎/薬師院仁志 [145]
2月24日 激論! “女”が変える日本! 片山さつき/古屋範子/小宮山洋子/福島瑞穂/雨宮処凛/アレズ・ファクレジャハニ/大高未貴/荻原博子/小沢遼子/櫛渕万里/坪谷郁子/遙洋子 [146]
3月31日 徹底討論! 日中 真の隣国への道
〜ドーする日中新時代〜
石井明/森本敏/宮崎哲弥/下村満子/劉江永/湯重南/邱震海/石齊平
日中同時放送。音声多重放送で、副音声では中国語の通訳を放送。
[147]
4月28日 激論! “官僚国家”ニッポンのゆくえ 片山さつき/山際大志郎/馬淵澄夫/江田憲司/須田慎一郎/郷原信郎/齋藤健/寺脇研/二木啓孝/ジョン・ムウェテ・ムルアカ/山田厚史/若林亜紀 [148]
5月26日 激論! 日本国憲法 平沢勝栄/高木陽介/細野豪志/仁比聡平/辻元清美/伊藤真/今井一/潮匡人/香山リカ/姜尚中/小林節/竹花光範/田村重信/森本敏 [149]
6月30日 激論! 天下分け目の参院選! だから選挙に行こう! 河野太郎/片山さつき/高木陽介/細野豪志/蓮舫/穀田恵二/保坂展人/江田憲司/荻原博子/金子勝/金美齢/村田晃嗣 [150]
7月28日 激論! 天下分け目の参院選! その一票と日本の行方 西村康稔/高木陽介/枝野幸男/穀田恵二/阿部知子/亀井静香/田中康夫/江田憲司/荻原博子/岸井成格/村田晃嗣/渡部恒雄 [151]
9月1日 激論! 安倍改造内閣 vs 民主党 三原朝彦/山本一太/片山さつき/高木陽介/枝野幸男/細野豪志/蓮舫/江田憲司/姜尚中/森永卓郎/森本敏/渡部恒雄 [152]
9月29日 激論! 福田新政権誕生! ド〜なる?! ねじれ国会 世耕弘成/片山さつき/高木陽介/細野豪志/福山哲郎/穀田恵二/辻元清美/江田憲司/村田晃嗣/荻原博子/山口二郎/草野厚 [153]
10月20日 激論! “国技 大相撲”に未来はあるか?! 松浪健四郎/龍虎孝宗/琴乃富士宗義/維新力浩司/国東始/ガッツ石松/ソガル・エルデネ/どす恋花子/戸塚宏/中澤潔/二木啓孝/北斗晶 [154]
12月1日 激論! “検察の正義”とは何か?! 大谷昭宏/小沢遼子/郷原信郎/鈴木宗男/土本武司/永野義一/中山信一/平沢勝栄/宮崎学/村岡兼造/鷲見一雄 [155]
翌1月1日 激論! “偽”の国? ニッポンの行方! 世耕弘成/山本一太/高木陽介/長妻昭/浅尾慶一郎/穀田恵二/辻元清美/江田憲司/猪瀬直樹/荻原博子/姜尚中/手嶋龍一/歳川隆雄/水野和夫/村田晃嗣/森本敏 [156]
2008年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月26日 激論! ド〜する?! “地球温暖化” 浅岡美恵/伊藤公紀/江田憲司/江守正多/王曙光/小池百合子/崎田裕子/野口健/福山哲郎/薬師院仁志/山地憲治 [157]
3月1日 激論! ド〜なる?! 日本経済
〜没落?! 復活のカギは?!〜
片山さつき/中川雅治/古川元久/大塚耕平/辻元清美/荻原博子/堀紘一/本間正明/町田徹/水野和夫/森永卓郎/菊池英博 [158]
3月29日 激論! 地方分権が日本を救う?! 相川俊英/浅尾慶一郎/浅野史郎/猪瀬直樹/片山さつき/片山虎之助/佐々木恵美子/神野直彦/根本良一/東国原英夫/松沢成文 [159]
4月26日 激論! “新しい貧困”とニッポン 世耕弘成/山井和則/雨宮処凛/奥谷禮子/河添誠/龍井葉二/堀紘一/松原聡/森永卓郎/湯浅誠/渡邉正裕 [160]
5月31日 激論! “官僚国家”ニッポンの行方 片山さつき/細野豪志/辻元清美/江田憲司/猪瀬直樹/太田述正/片山虎之助/河辺啓二/高橋洋一/寺脇研/中野雅至/若林亜紀 [161]
6月28日 激論! ド〜なる?! 裁判員制度
〜あなたは人を裁けますか〜
丸山和也/福島瑞穂/伊藤和子/江川紹子/姜尚中/小池振一郎/郷原信郎/小林節/高井康行/高島章/森達也 [162]
7月26日 激論! 拉致・核…ド〜なる?! 日朝関係 録画 平沢勝栄/山本一太/岩國哲人/森ゆうこ/荒木和博/金慶珠/重村智計/朱建栄/手嶋龍一/増元照明/森本敏/吉田康彦 [163]
8月30日 激論! これからの“皇室”と日本 猪瀬直樹/上杉隆/小沢遼子/香山リカ/斎藤環/高橋紘/高森明勅/西尾幹二/平田文昭/森暢平/矢崎泰久 [164]
9月27日 激論! 天下分け目?! 日本の政治 片山さつき/世耕弘成/高木陽介/枝野幸男/蓮舫/大門実紀史/辻元清美/江田憲司/上杉隆/片山虎之助/高橋洋一/水野和夫/森永卓郎 [165]
10月25日 激論! 世界金融危機とニッポン 伊藤達也/大村秀章/高木陽介/枝野幸男/大塚耕平/大門実紀史/荻原博子/勝間和代/堀紘一/水野和夫/森永卓郎/ヤスパー・コール [166]
11月29日 激論! 田母神問題と自衛隊 平沢勝栄/浅尾慶一郎/井上哲士/辻元清美/潮匡人/姜尚中/小森陽一/沙音里/田岡俊次/西尾幹二/花岡信昭/水島総/森本敏 [167]
翌1月1日 激論! 2009年“崖っぷち”ニッポン
〜脱・貧困! ドーする?! 経済・雇用危機〜
大村秀章/高木陽介/枝野幸男/辻元清美/穀田恵二/青木信明/雨宮処凛/猪瀬直樹/小川仁志/河添誠/建入ひとみ/龍井葉二/水野和夫/堀紘一/山口素明/湯浅誠/渡邉美樹 [168]
2009年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月31日 激論! オバマ新大統領とニッポン 茂木敏充/浅尾慶一郎/潮匡人/勝間和代/姜尚中/手嶋龍一/森永卓郎/森本敏/葉千栄/冷泉彰彦/ロバート・グロンディン/渡部恒雄 [169]
2月28日 激論! ドーする?! 医療崩壊 大村秀章/小池晃/青木正美/石井苗子/小野崎耕平/河辺啓二/下村満子/菅沼定憲/本田宏/村上正泰/堀口貞夫/宮脇正和/ほか [170]
3月28日 激論! ドーなる?! 小沢民主党 山本一太/高木陽介/枝野幸男/細野豪志/蓮舫/山下芳生/保坂展人/上杉隆/荻原博子/片山虎之助/郷原信郎/山口二郎 [171]
4月25日 激論! 日本の安全保障と外交 山本一太/浅尾慶一郎/穀田恵二/青木理/天木直人/井上和彦/潮匡人/金慶珠/田母神俊雄/手嶋龍一/村田晃嗣/森本敏/吉田康彦 [172]
5月30日 激論! “自民vs民主”激突! ドーなる?! 日本の政治 茂木敏充/河野太郎/枝野幸男/浅尾慶一郎/高木陽介/小池晃/辻元清美/上杉隆/潮匡人/高野孟/森本敏/渡部恒雄 [173]
6月27日 激論! ド〜する?! 新たな貧困 大村秀章/片山さつき/福山哲郎/山井和則/小池晃/雨宮処凛/板倉雄一郎/勝間和代/金美齢/堀紘一/松原聡/森永卓郎/湯浅誠 [174]
7月25日 激論! 政権選択選挙と日本の命運! 茂木敏充/細野豪志/高木陽介/穀田恵二/保坂展人/下地幹郎/荻原博子/歳川隆雄/孫崎享/森本敏/森永卓郎/山際澄夫 [175]
8月29日 激論! ド〜する?! 地球温暖化 明日香壽川/枝廣淳子/江守正多/亀山康子/澤昭裕/末吉竹二郎/武田邦彦/桝本晃章/丸山茂徳/吉崎達彦 [176]
9月26日 激論! 鳩山新政権の理想と現実 大塚耕平/福山哲郎/簗瀬進/近藤正道/下地幹郎/茂木敏充/世耕弘成/上杉隆/香山リカ/澤昭裕/村田晃嗣/本間正明/湯浅誠 [177]
10月24日 激論! 若者に未来はあるか?! 赤木智弘/東浩紀/雨宮処凛/小黒一正/城繁幸/高橋亮平/辻川泰史/藤田志穂/猪瀬直樹/小沢遼子/堀紘一/森永卓郎 [178]
11月28日 激論! “官僚”がホントに悪いのか?! 大塚耕平/細野豪志/山本一太/小池晃/石川和男/猪瀬直樹/木村盛世/高橋洋一/中野雅至/長谷川幸洋/山田厚史/若林亜紀 [179]
翌1月1日 激論! 大丈夫か?! 鳩山政権2010…〜与野党激突 ドーする?! 景気対策&ドーなる?! 日米関係〜 大塚耕平/蓮舫/保坂展人/下地幹郎/茂木敏充/高木陽介/穀田恵二/浅尾慶一郎/勝間和代/香山リカ/高橋洋一/長谷川幸洋/村田晃嗣/森永卓郎/森本敏/渡邉美樹 [180]
2010年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月30日 激論! 小沢幹事長 vs 検察! ド〜なる?! 日本の政治 細野豪志/辻惠/平沢勝栄/穀田恵二/青木理/大谷昭宏/郷原信郎/小林節/高井康行/平野貞夫/山際澄夫/若狭勝 [181]
2月27日 激論! 凋落日本と若手起業家の“成長戦略” 大塚耕平/齋藤健/東浩紀/姜尚中/水野和夫/井戸実/猪子寿之/加藤優次/川崎貴子/堀江貴文/松谷卓也/横田響子 [182]
3月27日 激論! 第3次世界大戦?! ド〜なる?! 日・米・中 福山哲郎/山本一太/笠井亮/保坂展人/河添恵子/ジェイムズ・フォスター/田岡俊次/高野孟/手嶋龍一/森本敏/冷泉彰彦/葉千栄 [183]
5月1日 激論! 出でよ! 平成の龍馬
〜平成鎖国・日本を打破するのは誰か〜
藤末健三/今井雅人/山本一太/浅尾慶一郎/斎藤弘/荒パスカル/猪子寿之/勝間和代/高橋洋一/歳川隆雄/堀江貴文/渡部恒雄 [184]
5月29日 激論! 土壇場?! 鳩山政権の行方 大塚耕平/川内博史/茂木敏充/小池百合子/糸数慶子/上杉隆/香山リカ/勝間和代/高野孟/高橋洋一/森本敏/山際澄夫/吉崎達彦 [185]
6月26日 激論! 天下分け目! 参院選と日本の未来 細野豪志/石原伸晃/高木陽介/穀田恵二/辻元清美/森田高/浅尾慶一郎/中山恭子/舛添要一(VTR出演)/上杉隆/勝間和代/歳川隆雄 [186]
7月24日 激論! “若者不幸社会” 東浩紀/猪子寿之/河添誠/勝間和代/清水康之/城繁幸/高橋亮平/橋本浩/福嶋麻衣子/堀紘一/増田悦佐/水無田気流/山野車輪 [187]
8月28日 激論! 米中“新冷戦”時代と日本 生方幸夫/下地幹郎/片山さつき/浅尾慶一郎/井上哲士/潮匡人/宋文洲/高野孟/富坂聰/村田晃嗣/山口昇/渡部恒雄 [188]
9月25日 激論! 「日本を元気にする薬」はあるのか?! 大塚耕平/齋藤健/中西健治/辻元清美/飯田泰之/石黒不二代/勝間和代/宋文洲/高橋洋一/橋本浩/松田一敬/森永卓郎 [189]
10月23日 激論! ド〜する?! 日本の検察 辻恵/平沢勝栄/福島瑞穂/青木理/アレクサンドラ・ハーニー/上杉隆/小沢遼子/郷原信郎/小林節/小堀隆恒/山際澄夫/若狭勝 [190]
11月27日 緊急激論! 日中関係と朝鮮有事!! 潮匡人/加藤嘉一/櫻井よしこ/高野孟/富坂聰/森本敏 [191]
翌1月1日 激論! 萎縮する日本!
〜行き詰まりからの脱却〜
細野豪志/片山さつき/辻元清美/東浩紀/池田信夫/猪子寿之/上杉隆/勝間和代/加藤嘉一/長谷川幸洋/森永卓郎/森本敏/湯浅誠
Twitterを導入。
[192]
2011年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
2月5日 激論! 日本は本当にダメな国なのか?! 大塚耕平/齋藤健/松田公太/辻元清美/東浩紀/飯田泰之/猪瀬直樹/金美齢/竹田恒泰/津田大介/堀江貴文/夏野剛 [193]
2月26日 激論! 国民に“国を守る義務”が有るのか?! 長島昭久/佐藤正久/笠井亮/糸数慶子/アレズ・ファクレジャハニ/アレクサンドラ・ハーニー/潮匡人/大西健丞/木村三浩/高田健/孫崎享/森本敏/葉千栄 [194]
3月26日 緊急討論! この危機をド〜乗り越えるか!? 大塚耕平/片山さつき/池田信夫/猪瀬直樹/荻原博子/勝間和代/島田保之/宋文洲/高橋洋一/藤城俊夫/堀江貴文/松本義久/ほか [195]
4月30日 激論! 東日本大震災から50日!
〜今、何をすべきなのか?〜
大塚耕平/平野達男/小野寺五典/齋藤健/飯田哲也/石川正純/石川迪夫/荻原博子/香山リカ/高橋洋一/長谷川幸洋 [196]
5月28日 激論! “脱原発”と日本の未来 大塚耕平/片山さつき/福島瑞穂/青山繁晴/飯田哲也/荻原博子/岸博幸/澤昭裕/松本義久/パスカル・グードルフ/宮崎慶次/渡部恒雄 [197]
6月25日 激論! 脱原発?! 政権の行方 渡辺周/松原仁/茂木敏充/山本一太/斉藤鉄夫/下地幹郎/猪瀬直樹/上杉隆/小沢遼子/古賀茂明/長谷川幸洋/三橋貴明 [198]
7月23日 徹底討論! 原発 飯田哲也/石川迪夫/小川順子/後藤政志/高田純/奈良林直/西尾正道/ピオ・デミリア/吉岡斉 [199]
8月27日 激論! 新総理は日本を救えるか?! 東祥三/大塚耕平/齋藤健/片山さつき/高木陽介/小池晃/上杉隆/荻原博子/小黒一正/岸博幸/長谷川幸洋/吉崎達彦 [200]
10月1日 激論! 決断できない?! 日本外交 福山哲郎/山本一太/糸数慶子/潮匡人/ケビン・メア/宋文洲/手嶋龍一/長谷川幸洋/孫崎享/森本敏 [201]
10月22日 激論! 「国民に総理大臣を選ばせろ!」 大塚耕平/猪口邦子/浅尾慶一郎/東浩紀/猪瀬直樹/今井一/上杉隆/河村たかし/金慶珠/小林節/野中ともよ/長谷川幸洋/山口二郎 [202]
11月26日 激論! 暴力団排除条例と社会の安全 録画 平沢勝栄/青木理/石原伸司/江川紹子/小沢遼子/小野義雄/木村三浩/古賀一馬/原田宏二/三井義廣/宮崎学 [203]
翌1月1日 激論! 福島発・原発事故からの復興 石原洋三郎/森まさこ/飯田哲也/石川正純/上杉隆/木元教子/高妻孝光/澤昭裕/鐸木能光/奈良林直/蓮池透/藤田浩志(地元農業経営者)/山本太郎/他、県内一般人出演者約30名
テレビ朝日での収録ではなく、系列の福島放送での収録
[204]
2012年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月28日 激論! 大阪市長“独裁・橋下徹”は日本を救う!? 録画 山下芳生/橋下徹/東浩紀/池田知隆/香山リカ/薬師院仁志/柳本顕/吉富有治
テレビ朝日での収録ではなく、系列の朝日放送での収録
[205]
2月25日 激論! 絶望の国の若者の幸福と夢 東浩紀/井戸実/猪子寿之/荻上チキ/熊谷俊人/宋文洲/高橋麻帆(ピースボート災害ボランティアセンター)/千葉麗子/夏野剛/古市憲寿 [206]
3月11日 激論! 原発事故から1年・教訓と課題 番組300回記念 細野豪志/河野太郎/香山リカ/木元教子/澤昭裕/田坂広志/奈良林直/長谷川幸洋 [207]
4月28日 沖縄で激論! 日本安全保障とアジアの平和 福山哲郎/小池百合子/糸数慶子/大田昌秀/ケビン・メア/謝花尚(琉球朝日放送報道制作部長)/手嶋龍一/前泊博盛沖縄国際大教授)/森本敏/葉千栄
テレビ朝日での収録ではなく、系列の琉球朝日放送での収録[注釈 4]
[208]
5月26日 激論! ド〜する?! 日本漂流政治 原口一博/大塚耕平/齋藤健/佐藤ゆかり/斉藤鉄夫/江田憲司/穀田恵二/福島瑞穂/上杉隆/荻上チキ [209]
6月30日 激論! ド〜する?! 消費増税政局と日本政治 長妻昭/松野頼久/森裕子/山本一太/西田実仁/浅尾慶一郎/笠井亮/福島瑞穂/上杉隆/荻上チキ/長谷川幸洋 [210]
7月28日 激論! 護憲・改憲・新憲法 辻元清美/西田昌司/東浩紀/荻上チキ/金慶珠/小林節/小森陽一/宋文洲/西田亮介/八木秀次 [211]
9月1日 激論! 領土外交とナショナリズム 福山哲郎/山本一太/潮匡人/小沢遼子/萱野稔人/金慶珠/木村三浩/孔健/富坂聰/孫崎享/渡部恒雄 [212]
9月29日 激論! 原発ゼロ社会の検証 福山哲郎/柴山昌彦/飯田哲也/池田信夫/澤昭裕/澤田哲生/須黒奈緒(緑の党グリーンズジャパン共同代表・杉並区議)/田坂広志/野村修也/原田裕史(首都圏反原発連合)/Misao Redwolf/吉岡斉 [213]
10月20日 激論! 瀬戸際の日本外交 辻元清美/山本一太/小池晃/鈴木宗男/東浩紀/金慶珠/宋文洲/中西輝政/福島香織/孫崎享/宮家邦彦/山田厚史 [214]
12月1日 激論! 総選挙・そこが聞きたい! 長妻昭/下地幹郎/世耕弘成/松崎哲久/高木陽介/山田宏/大門実紀史/浅尾慶一郎/吉田忠智/長谷川幸洋/香山リカ/VTR出演:鈴木宗男/舛添要一 [215]
翌1月1日 激論! 日本復興のシナリオ 伊藤達也/片山さつき/大塚耕平/勝間和代/宋文洲/竹中平蔵/新浪剛史/藻谷浩介/森永卓郎 [216]
2013年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月26日 激論! 脅かされる安全保障 〜テロ・尖閣・日米同盟〜 佐藤正久/辻元清美/手嶋龍一/中西輝政/長谷川幸洋/孫崎享 [217]
2月23日 激論! 体罰・いじめ 戦後教育を問う! 馳浩/鈴木寛/東浩紀/乙武洋匡/香山リカ/坂根シルック(東京農工大大学院特任助教)/高橋史朗/玉木正之/寺脇研/藤原和博/八木秀次 [218]
3月30日 激論! アベノミクスは日本を救うか?! 録画 齋藤健/大塚耕平/飯田泰之/池田信夫/石黒不二代/荻原博子/小幡績/岸博幸/高橋洋一/吉崎達彦 [219]
4月27日 激論! ネット世代が日本を変える?! 飯田泰之/荻上チキ/乙武洋匡/駒崎弘樹/慎泰俊(NPO法人Living in Peace代表理事)/津田大介/経沢香保子/古市憲寿/堀江貴文/堀潤/TOKYO PANDA [220]
6月1日 激論! 大丈夫か?! 日本の防衛 火箱芳文/古庄幸一/森本敏/伊波洋一/小沢遼子/香山リカ/ケビン・メア/鈴木邦男/田岡俊次/山際澄夫/山口二郎 [221]
6月29日 激論! 参院選と日本の選択 平沢勝栄/高木陽介/長妻昭/中田宏/浅尾慶一郎/村上史好/宮本岳志/福島瑞穂/阿部知子/荻上チキ/津田大介 [222]
8月10日 激論! 日本の戦争 今、何を伝え、学ぶか?! 録画 東浩紀/石川好/糸数慶子/金慶珠/ケビン・メア/古市憲寿/孫崎享/舛添要一/森本敏/山際澄夫 [223]
8月31日 激論! ド〜する?! 消費増税「断行」「先送り」「1%刻み」… 齋藤健/斉藤鉄夫/大塚耕平/浅尾慶一郎/飯田泰之/荻原博子/小幡績/勝間和代/五味廣文/高橋洋一/竹中平蔵/吉崎達彦 [224]
9月28日 激論! 雇用と若者 佐藤ゆかり/辻元清美/荻上チキ/奥谷禮子/勝間和代/今野晴貴/宋文洲/永沢徹/堀紘一/松田元(武蔵野学院大学SMB研究所所長、アズグループホールディングス社長) [225]
10月26日 激論! 止まらない汚染水 ド〜する?! 原発 録画 塩崎恭久/東浩紀/飯田哲也/池田信夫/石川和男(社会保障経済研究所代表)澤昭裕/野村修也/長谷川幸洋/松井康真/森園和重(「原発いらない福島の女たち」メンバー) [226]
11月30日 激論! 特定秘密保護法案の意義と懸念 録画 礒崎陽輔/中谷元/階猛/小池晃/青木理/江川紹子/手嶋龍一/長谷川幸洋/孫崎享/三木由希子(NPO情報公開クリアリングハウス理事長)/森本敏 [227]
翌1月1日 激論! 中国・韓国、米国とニッポン 武見敬三/金慶珠/宋文洲/土井香苗/富坂聰/辺真一/藤野彰/古市憲寿/孫崎享/森本敏/山際澄夫/ルース・ジャーマン・白石(ジャーマン・インターナショナルCEO)/渡部恒雄 [228]
2014年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
2月1日 激論! 東京都知事選 一部
録画
宇都宮健児/ドクター・中松/田母神俊雄/舛添要一/細川護熙/家入一真
前半の2時間は、上記6名の都知事選候補者への1対1のインタビューVTRを放送(インタビュアーは田原総一朗)。後半の1時間は下記4名のパネリストで生討論。
荻原博子/長谷川幸洋/ハリス鈴木絵美/古市憲寿
[229]
3月1日 激論! 福島再興と原発再稼働 東浩紀/飯田哲也/池田信夫/上國料竜太(NPO法人移動保育プロジェクト理事長)/木元教子/木幡ますみ(大熊町の明日を考える女性の会代表)/森園和重(「原発いらない福島の女たち」メンバー)/澤田哲生/清水修二/田坂広志/津田大介/松井康真 [230]
3月29日 激論! 安倍教育改革 下村博文/辻元清美/荒井文昭(首都大学東京教授)/乙武洋匡/竹田恒泰/春香クリスティーン/藤原和博/古市憲寿/冷泉彰彦/八木秀次 [231]
4月26日 激論! 集団的自衛権で日本は戦争に巻き込まれるか?! 礒崎陽輔/斉藤鉄夫/辻元清美/小池晃/荻上チキ/金慶珠/小林節/長谷川幸洋/孫崎享/森本敏/山際澄夫 [232]
5月31日 激論! 反日嫌韓、ド~する?! 日韓関係 武見敬三/江田五月/趙世暎(東西大学特任教授、元韓国外交通商部東北アジア局長)/玄大松(国民大学日本学研究所教授)/金慶珠/黒田勝弘/下村満子/武貞秀士/竹田恒泰/堀潤/八木秀次 [233]
6月28日 激論! ド~する?! ド~なる?!日中関係 大塚拓/辻元清美/ケビン・メア/瀬口清之(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)/宋文洲/富坂聰/春香クリスティーン/孫崎享/森本敏/吉木誉絵/凌星光(日中科学技術文化センター理事長) [234]
7月26日 激論! 集団的自衛権と平和国家ニッポン 中谷元/大塚耕平/香山リカ/ケビン・メア/小池清彦/小林節/桜林美佐/谷口真由美/堀潤/森本敏/山際澄夫 [235]
8月30日 激論! アベノミクスと日本人の幸せ 佐藤ゆかり/桜井充/雨宮処凛/勝間和代/白河桃子/宋文洲/竹中平蔵/長谷川幸洋/古市憲寿/森永卓郎/山口義行 [236]
9月27日 激論! “慰安婦問題”とメディアの責任 平沢勝栄/大塚耕平/青木理/池田信夫/下村満子/津田大介/長谷川幸洋/秦郁彦/早野透/山際澄夫/山田厚史/吉木誉絵 [237]
11月8日 激論! 女性が輝く社会とは?! 赤沢亮正/辻元清美/荻上チキ/荻原博子/勝間和代/越直美/竹田恒泰/辻村ともこ(狛江市議)/ドラ・トーザン(国際ジャーナリスト)/遙洋子/森井じゅん(公認会計士・税理士) [238]
11月29日 激論! 総選挙直前!これでいいのか?! 日本の政治 武見敬三/西田実仁/大塚耕平/藤巻健史/松沢成文/大門実紀史/松崎哲久/福島みずほ/川村晃司 [239]
翌1月1日 激論! 日本はどんな国を目指すのか?! 山本一太/辻元清美/荻原博子/駒崎弘樹/宋文洲/竹中平蔵/長谷川幸洋/古市憲寿/森井じゅん(公認会計士・税理士)/森永卓郎/森本敏/八木秀次 [240]
2015年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
1月31日 激論! 「イスラム国」と日本外交 山本一太/福山哲郎/香山リカ/川村晃司/坂本卓/高橋和夫/パトリック・ハーラン/フマユン・A・ムガール/三浦瑠麗/森本敏/冷泉彰彦 [241]
2月28日 激論! 原発再稼働と日本のエネルギー 山本一太/阿部知子/飯田泰之/池田信夫/嘉田由紀子/後藤政志/澤田哲生/吉岡斉/徳田勝章(元九州電力社員)/西本由美子(NPO法人「ハッピーロードネット」理事長)/藍原寛子/吉野実(テレビ朝日報道局原発担当) [242]
3月28日 激論! ピケティ旋風と日本の格差 佐藤ゆかり/大塚耕平/飯田泰之/荻原博子/小幡績/岸博幸/高橋洋一/堀江貴文/水無田気流/森永卓郎 [243]
4月25日 激論! 憲法9条と日本の平和 平沢勝栄/小西洋之/柿沢未途/岩田温/小林節/谷口真由美/田村重信/孫崎享/三浦瑠麗/森本敏/渡部恒雄 [244]
5月30日 激論! “沖縄基地問題”と日本 山本一太/糸数慶子/樋口耕太郎(トリニティ(株)社長、沖縄大学准教授)/惠隆之介/屋良朝博(ジャーナリスト、新外交イニシアティブ評議員)/小林よしのり/津田大介/三浦瑠麗/森本敏/謝花尚(琉球朝日放送報道制作部長) [245]
6月27日 激論! 若手政治家が日本を変える?! 小西洋之/宮崎岳志/安井美沙子/川田龍平/重徳和彦/宮本徹/松田公太/猪瀬直樹/荻上チキ/荻原博子/杉村太蔵
出演予定だった自民党と公明党の議員は出演しなかった[246][247]
[248]
7月25日 激論! 広島で問う! 日本の戦争と平和 片山さつき/福山哲郎/亀井静香/青山繁晴/川崎哲(ピースボート共同代表、核兵器廃絶国際キャンペーン国際運営委員)/高橋博子(広島市立大学広島平和研究所研究員)/原田浩(広島平和記念資料館元館長)/三浦瑠麗/宮家邦彦/冷泉彰彦 [249]
8月15日 激論! 戦後70年の総括と日本の未来 山本一太/辻元清美/小池晃/猪瀬直樹/岩田温/金慶珠/小林よしのり/古市憲寿/孫崎享/三浦瑠麗/森本敏/凌星光(日中科学技術文化センター理事長) [250]
9月26日 激論! 安保国会・若者デモ・日本の民主主義 片山さつき/大塚耕平/伊藤真/今井一/潮匡人/江川紹子/奥田愛基/ケント・ギルバート/小林よしのり/諏訪原健(SEALDs)/津田大介/三浦瑠麗 [251]
11月7日 激論! 「一億総活躍社会」って何だ?! 片山さつき/山井和則/荻原博子/香山リカ/駒崎弘樹/白河桃子/高橋洋一/左敬真(日本介護協会理事長、株 いきいきらいふ代表)/古市憲寿/三浦瑠麗 [252]
11月28日 激論! テロ戦争と安倍外交 山本一太/大塚耕平/太田千晶(NPO法人JENイラク担当プログラムオフィサー)/ケント・ギルバート/小林よしのり/鈴木宗男/首藤信彦/瀬口清之(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)/高橋和夫/三浦瑠麗/森本敏 [253]
翌1月1日 激論! 安倍政治 国民の選択と覚悟 山本一太/辻元清美/小池晃/猪瀬直樹/小林よしのり/瀬口清之(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)/高橋和夫/竹中平蔵/長谷川幸洋/孫崎享/三浦瑠麗/森永卓郎/森本敏 [254]
2016年 前年へ / 翌年へ / 目次へ
2月5日 激論! 女性論客大集合 “女性が輝く社会”とは?! 片山さつき/辻元清美/荻原博子/嘉田由紀子/河添恵子/春香クリスティーン/三浦瑠麗/水無田気流/横田響子(コラボラボ代表取締役)/吉木誉絵 [255]
2月26日 激論! “憲法改正”是か?非か? 柴山昌彦/國重徹/小西洋之/井上哲士/青木理/岩田温/太田啓子(明日の自由を守る若手弁護士の会メンバー)/小林節/想田和弘/百地章/森本敏/吉木誉絵 [256]
3月11日 激論! ド~する?!原発 ~再稼働・核のゴミ・住民は…~ 山本一太/福山哲郎/飯田哲也/池田信夫/嘉田由紀子/小林よしのり/桜井勝延/澤田哲生/田坂広志/西本由美子(NPO法人「ハッピーロードネット」理事長)/三浦瑠麗/吉野実(テレビ朝日報道局原発担当) [257]
4月29日 激論! 女性が変える?!ニッポン 高階恵美子/山尾志桜里/赤尾由美(アカオアルミ代表取締役)/江川紹子/荻原博子/河添恵子/堤未果/中野円佳(女性活用ジャーナリスト)/三浦瑠麗/吉木誉絵 [258]
5月27日 激論! オバマトランプ ド〜する?! 日本 山本一太/大塚耕平/青木理/池田信夫/ケビン・メア/小西克哉/堤未果/孫崎享/三浦瑠麗/村田晃嗣/森本敏 [259]
6月24日 激論! ド~する?!ド~なる?!参院選 田村憲久/玉木雄一郎/矢倉克夫/宮本徹/足立康史/吉川元[要曖昧さ回避]/和田政宗/津田大介/豊島逸夫/三浦瑠麗/荒井広幸(VTR出演)/山本太郎(VTR出演) [260]
8月5日 激論! 改憲と日本の未来 片山さつき/國重徹/辻元清美/井上哲士/足立康史/青木理/伊藤真/潮匡人/三浦瑠麗/百地章/吉木誉絵 [261]
8月26日 激論! 象徴天皇と“生前退位” 平沢勝栄/大塚耕平/荻原博子/小林節/小林よしのり/高森明勅/竹田恒泰/萩谷麻衣子/三浦瑠麗/百地章 [262]
9月30日 激論! 象徴天皇と日本の未来 平沢勝栄/大塚耕平/青木理/小林よしのり/杉田水脈/高森明勅/竹田恒泰/萩谷麻衣子/三浦瑠麗/八木秀次 [263]
11月4日 激論! 小池都政3カ月~豊洲・五輪・都議会・都庁~ 松本文明/若狭勝/大山とも子(日本共産党・都議会議員)/音喜多駿/生田與克/猪瀬直樹/宇都宮健児/春日良一/津田大介/中澤誠(東京中央市場労働組合執行委員長)/三浦瑠麗/森山高至 [264]
11月25日 激論! トランプ次期大統領とニッポン 山本一太/大塚耕平/勝間和代/ケント・ギルバート/小西克哉/小林よしのり/鈴木宗男/宋文洲/中林美恵子/孫崎享/三浦瑠麗/森本敏 [265]
12月31日 激論!2017 ド〜する?!ド~なる?!ニッポン 山本一太/細野豪志/小池晃/青木理/井上達夫/荻原博子/小林よしのり/竹田恒泰/津田大介/中林美恵子/三浦瑠麗/森本敏/吉崎達彦
インターネットテレビAbemaTVとの連動。また、AbemaTVでの同時配信も実施
[266]
2017年 前年へ / 目次へ
1月27日 激論!トランプ大統領と安倍政権 片山さつき/大塚耕平/飯田泰之/岩本沙弓(金融コンサルタント)/荻原博子/乙武洋匡/堀江貴文/堀紘一/三浦瑠麗/森永卓郎 [267]
2月24日 激論!安倍政権と日本の未来 山本一太/遠山清彦/福山哲郎/辰巳孝太郎/青木理/飯田泰之/井上達夫/岩田温/萩谷麻衣子/三浦瑠麗/百地章 [268]
3月31日 激論!原発事故から6年・教訓と課題 河野太郎/片山さつき/福山哲郎/飯田哲也/石川和男(社会保障経済研究所代表)/後藤政志/木幡ますみ(福島県大熊町議会議員)/竹内純子/奈良林直/三浦瑠麗/吉野実(テレビ朝日報道局原発担当) [269]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年4月放送分より実施。それまでモノラル制作(モノステレオ放送)を実施。
  2. ^ 2014年12月(2014年11月分)まではテレビ朝日アナウンサー。
  3. ^ 2015年6月まではテレビ朝日アナウンサー。
  4. ^ 正確には琉球放送会館内にある琉球放送(TBS系列)・琉球朝日放送共用の汎用テレビスタジオからの放送。
  5. ^ 司会は野原しんのすけ扮する「たはらしんのすけ」。また、『クレヨンしんちゃん』も当番組と同じテレビ朝日系列である。

出典[編集]

  1. ^ 『AERA』2015年8月10日号15頁「リベラル」は漂流し自壊した
  2. ^ [1]朝まで生テレビ!バックナンバー
  3. ^ スマホで朝生!. “スマホで朝生! 今回のテーマ(2016年4月)”. 2017年1月17日閲覧。
  4. ^ スマホで朝生!. “スマホで朝生! 今回のテーマ(2016年9月)”. 2017年1月17日閲覧。
  5. ^ スマホで朝生!. “スマホで朝生! 今回のテーマ(2016年12月)”. 2017年1月17日閲覧。
  6. ^ スマホで朝生!. “スマホで朝生! 今回のテーマ(2017年3月)”. 2017年3月22日閲覧。
  7. ^ テレ朝:「朝生」で評論家の荻上チキ氏出演中止 毎日新聞 2014年11月29日
  8. ^ “BPO、田原氏の発言で審理入り/拉致被害者めぐり”. 四国新聞. (2009年8月7日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/culture_entertainment/20090807000186 2017年2月12日閲覧。 
  9. ^ “田原総一朗氏の発言「問題あり」/拉致被害者めぐりBPO”. 四国新聞. (2010年3月10日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/culture_entertainment/20100310000300 2017年2月12日閲覧。 
  10. ^ 朝まで生テレビ、議員の肩書伏せ意見紹介 田原氏知らず朝日新聞デジタル 1月4日
  11. ^ 「朝生」で自民区議と明かさず発言 テレ朝が謝罪産経新聞 1月4日
  12. ^ 田原総一朗氏、テレ朝スタッフ叱った!区議肩書明かさず「朝生」出演にスポーツ報知 1月5日
  13. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1996年)5月のパネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  14. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1996年)5月のテーマ”. 2012年6月6日閲覧。
  15. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1996年)6月のパネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  16. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1996年)6月のテーマ”. 2012年6月6日閲覧。
  17. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1996年)7月のパネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  18. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1996年)7月のテーマ”. 2012年6月6日閲覧。
  19. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1996年)8月のパネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  20. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1996年)9月のテーマ”. 2012年6月6日閲覧。
  21. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1996年)10月のパネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  22. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1996年)11月のパネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  23. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1996年)12月のパネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  24. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1997年)1月のパネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  25. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1997年)2月のパネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  26. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1997年)3月のパネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  27. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1997年)4月のパネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  28. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1997年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  29. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1997年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  30. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1997年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  31. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1997年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  32. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1997年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  33. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1997年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  34. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1997年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  35. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1997年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  36. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1998年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  37. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1998年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  38. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1998年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  39. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1998年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  40. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1998年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  41. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1998年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  42. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1998年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  43. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1998年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  44. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1998年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  45. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1998年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  46. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1998年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  47. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1998年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  48. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1999年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  49. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1999年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  50. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1999年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  51. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1999年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  52. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1999年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  53. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1999年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  54. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1999年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  55. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1999年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  56. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1999年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  57. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1999年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  58. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1999年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  59. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(1999年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  60. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2000年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  61. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2000年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  62. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2000年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  63. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2000年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  64. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2000年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  65. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2000年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  66. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2000年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  67. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2000年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  68. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2000年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  69. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2000年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  70. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2000年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  71. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2000年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  72. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2001年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  73. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2001年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  74. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2001年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  75. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2001年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  76. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2001年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  77. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2001年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  78. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2001年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  79. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2001年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  80. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2001年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  81. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2001年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  82. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2001年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  83. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2001年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月6日閲覧。
  84. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  85. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  86. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  87. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  88. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  89. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  90. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  91. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  92. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  93. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  94. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  95. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  96. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2003年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  97. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2003年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  98. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2003年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  99. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2003年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  100. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2003年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  101. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2003年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  102. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2003年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  103. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2003年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  104. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2003年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  105. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2003年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  106. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2003年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  107. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2003年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  108. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  109. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  110. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  111. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  112. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  113. ^ 四宮正貴 (2004年). “四宮政治文化研究所/朝まで生テレビ出演(平成16年6月25日)”. 2012年6月5日閲覧。
  114. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  115. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  116. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  117. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  118. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  119. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  120. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  121. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2005年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  122. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2005年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  123. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2005年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  124. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2005年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  125. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2005年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  126. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2005年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  127. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2005年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  128. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2005年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  129. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2005年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  130. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2005年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  131. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2005年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  132. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2005年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  133. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2006年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  134. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2006年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  135. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2006年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  136. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2006年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  137. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2006年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  138. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2006年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  139. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2006年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  140. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2006年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  141. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2006年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  142. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2006年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  143. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2006年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  144. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2006年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  145. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2007年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  146. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2007年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  147. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2007年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  148. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2007年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  149. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2007年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  150. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2007年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  151. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2007年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  152. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2007年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  153. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2007年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  154. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2007年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  155. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2007年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  156. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2007年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  157. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2008年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  158. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2008年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  159. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2008年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  160. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2008年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  161. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2008年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  162. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2008年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  163. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2008年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  164. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2008年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  165. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2008年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  166. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2008年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  167. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2008年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  168. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2008年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  169. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2009年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  170. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2009年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  171. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2009年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  172. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2009年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。
  173. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2009年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  174. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2009年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  175. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2009年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  176. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2009年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  177. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2009年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  178. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2009年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  179. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2009年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  180. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2009年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  181. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2010年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  182. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2010年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  183. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2010年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  184. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2010年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  185. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2010年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  186. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2010年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  187. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2010年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  188. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2010年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  189. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2010年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  190. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2010年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  191. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2010年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  192. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2010年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  193. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2011年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  194. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2011年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  195. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2011年)3月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  196. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2011年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  197. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2011年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  198. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2011年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  199. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2011年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  200. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2011年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  201. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2011年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  202. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2011年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  203. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2011年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  204. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2011年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  205. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2012年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  206. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2012年)2月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  207. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2012年)3月10日のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  208. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2012年)4月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  209. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2012年)5月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月5日閲覧。
  210. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2012年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月29日閲覧。
  211. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2012年)7月のテーマ・パネリスト”. 2012年7月28日閲覧。
  212. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2012年)8月のテーマ・パネリスト”. 2012年9月1日閲覧。
  213. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2012年)9月のテーマ・パネリスト”. 2012年9月28日閲覧。
  214. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2012年)10月のテーマ・パネリスト”. 2012年10月19日閲覧。
  215. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2012年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年12月1日閲覧。
  216. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2012年)12月のテーマ・パネリスト”. 2012年12月31日閲覧。
  217. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2013年)1月のテーマ・パネリスト”. 2012年1月31日閲覧。
  218. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2013年)2月のテーマ・パネリスト”. 2013年2月23日閲覧。
  219. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2013年3月)”. 2013年3月29日閲覧。
  220. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2013年4月)”. 2013年4月26日閲覧。
  221. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2013年5月)”. 2013年6月9日閲覧。
  222. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2013年6月)”. 2013年6月29日閲覧。
  223. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2013年7月)”. 2013年8月9日閲覧。
  224. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2013年8月)”. 2013年9月28日閲覧。
  225. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2013年9月)”. 2013年9月28日閲覧。
  226. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2013年10月)”. 2013年10月26日閲覧。
  227. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2013年11月)”. 2013年12月7日閲覧。
  228. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2013年12月)”. 2014年1月1日閲覧。
  229. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2014年1月)”. 2014年2月1日閲覧。
  230. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2014年2月)”. 2014年3月1日閲覧。
  231. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2014年3月)”. 2014年3月29日閲覧。
  232. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2014年4月)”. 2014年4月26日閲覧。
  233. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2014年5月)”. 2014年5月30日閲覧。
  234. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2014年6月)”. 2014年7月26日閲覧。
  235. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2014年7月)”. 2014年7月26日閲覧。
  236. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2014年8月)”. 2014年8月30日閲覧。
  237. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2014年9月)”. 2014年10月4日閲覧。
  238. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2014年10月)”. 2014年11月6日閲覧。
  239. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2014年11月)”. 2014年12月2日閲覧。
  240. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2014年12月)”. 2014年12月30日閲覧。
  241. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2015年1月)”. 2015年1月30日閲覧。
  242. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2015年2月)”. 2015年2月28日閲覧。
  243. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2015年3月)”. 2015年4月1日閲覧。
  244. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2015年4月)”. 2015年8月16日閲覧。
  245. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2015年5月)”. 2015年8月16日閲覧。
  246. ^ “自民若手議員「朝生」ドタキャン!「百田発言」追及回避か!?田原氏怒り「敵前逃亡」”. スポーツ報知. (2015年6月28日). http://www.hochi.co.jp/topics/20150627-OHT1T50252.html 2015年8月16日閲覧。 
  247. ^ “自民若手議員「朝生」出演ドタキャン 勉強会発言影響か”. 朝日新聞. (2015年6月27日). http://www.asahi.com/articles/ASH6W3SH9H6WUTFK001.html 2015年8月16日閲覧。 
  248. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2015年6月)”. 2015年8月16日閲覧。
  249. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2015年7月)”. 2015年8月16日閲覧。
  250. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2015年8月)”. 2015年8月16日閲覧。
  251. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2015年9月)”. 2015年9月27日閲覧。
  252. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2015年10月)”. 2015年11月8日閲覧。
  253. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2015年11月)”. 2015年12月8日閲覧。
  254. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2015年12月)”. 2016年1月5日閲覧。
  255. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2016年1月)”. 2016年2月11日閲覧。
  256. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2016年2月)”. 2016年2月27日閲覧。
  257. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2016年3月)”. 2016年3月12日閲覧。
  258. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2016年4月)”. 2016年4月29日閲覧。
  259. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2016年5月)”. 2016年5月28日閲覧。
  260. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2016年6月)”. 2016年5月28日閲覧。
  261. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2016年7月)”. 2016年8月6日閲覧。
  262. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2016年8月)”. 2016年8月27日閲覧。
  263. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2016年9月)”. 2016年10月1日閲覧。
  264. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2016年10月)”. 2016年11月5日閲覧。
  265. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2016年11月)”. 2016年11月26日閲覧。
  266. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2016年12月)”. 2017年1月3日閲覧。
  267. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2017年1月)”. 2017年1月28日閲覧。
  268. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝まで生テレビ 今回のテーマ(2017年2月)”. 2017年2月28日閲覧。
  269. ^ Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 title は必須です。テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “今回のテーマ(2017年3月) {{{title}}}”. 2017年4月1日閲覧。