朝倉小松崎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
朝倉小松崎
メンバー 朝倉隼人
小松崎和也
結成年 2007年
解散年 2011年
事務所 サンミュージックプロダクション→フリー
活動時期 2007年5月 - 2011年5月
2015年
出身 ヒューマンアカデミーお笑い芸人養成講座(小松崎)
出会い インターネット上での相方募集の呼びかけ
現在の活動状況 解散
(小松崎はコンビ「ハナイチゴ」で活動)
芸種 漫才コント
ネタ作成者 小松崎和也
過去の代表番組 オンバト+
爆笑レッドカーペット
爆笑オンエアバトル
エンタの天使
テンプレートを表示

朝倉小松崎(あさくらこまつざき)は、日本お笑いコンビである。サンミュージックプロダクションに所属していた。

メンバー[編集]

朝倉 隼人(あさくら はやと、 (1985-08-06) 1985年8月6日(31歳) - )
ギターネタではエレキギター演奏、ボケ担当。その他ではツッコミ担当。立ち位置は右。
身長170cm、体重55kg、血液型はB型。
洗足学園音楽大学ジャズ科出身。
お笑いの道を志す為、大学3年の時に中退[1]
洗足音楽大学時は梶原順に師事。
ドラムも特技となっている[1]
憧れていた芸人はくりぃむしちゅー[1]
本人曰く、風邪をひき易かったり、乗り物酔いし易い体質。ただ、剣道の運動歴がある[1]
現在は「朝倉プトン」の名で「怪盗戦隊ーAー」というバンドで活動を行っている。ギター担当。
小松崎 和也(こまつざき かずや、 (1986-02-14) 1986年2月14日(31歳) - )
身長170cm、体重61kg、血液型はO型。
ギターネタではツッコミ担当。その他ではボケ、ネタ作成(ギターネタ含めて)を担当。立ち位置は左。
千葉県立千葉南高等学校日本大学法学部卒業。大学生時代は 日本大学経商法落語研究会に所属[2]
ヒューマンアカデミー渋谷校にて、お笑い芸人養成講座を受講[3]
相方の朝倉同様に音楽大学出身である妹がいる[1]
養成所の時は「弾丸ライナー」というコンビを三ヶ月組んでおり、ボケ担当であった。
過去R-1ぐらんぷりで二回戦まで進出したことがある。
ツイッターでライブ終わりに必ず芸人あるあるを書いている[4]。クオリティ高いのから素人レベルまであり一定のレベルを安定しない。
芸人として交友関係が多いのでよくライブ終わりで飲みに行く。仲のいい先輩には銀河の夜小沢、後輩にはスーパーニュウニュウの大将(いずれも小松崎の卒業したヒューマンアカデミー出身の同士)らがいる[5]
ピンでの主なネタは、スラムダンク桃太郎、インディーズお笑いニュースなどがある。
「しっぷうどとう」というコンビも組んでいた。
趣味はバトミントン。高校三年間バトミントンをしており、バドミントンで関東大会に出場したこともあった[1]。学生時代、走幅跳も学年で1位だったこともあり、周りにジャンプ力がすごかったと良く言われたこともあった。この他、棒高跳の運動歴もある[1]
キュウリが食べられない。
憧れていた芸人はザ・ドリフターズ志村けんチャールズ・チャップリン[1]
その後、元リアルパンプキンの本間照と共に「ハッピーパンプキン」を結成。この時はワタナベエンターテインメント所属。
2015年秋ごろハッピーパンプキン解散。その後ピンで活動していたが、2015年9月に元コブラナッツの関谷友美とコンビ「花いちご」を結成。小松崎も関谷に合流する形で太田プロダクション所属となる[6]。花いちごは2016年11月22日(相方・関谷の誕生日)にコンビ名を片仮名書きのハナイチゴに変更[7]。そして、同年12月25日深夜放送の『冗談手帖』(BSフジ)に出演した際、同番組MC鈴木おさむに改名を勧められ、結果「コンプライアンス小松崎」に改名した[8]

来歴[編集]

  • 二人とも千葉県出身である。出会いはインターネット上で「相方募集」と小松崎が呼びかけたことがきっかけだった。小松崎はこの時に募集に応じた20人ほど全員と会い、その中から朝倉を選んだが、当時自分の家と朝倉の家が近かったことも決め手だったという[1]
  • フリーのライブによく出演している。月10~20本のライブに出演し、4年間の活動で約800本のライブに出演。
  • 2007年5月結成。M-1グランプリでは、2007年2008年と3回戦まで進出。2009年は初の準決勝進出を果たした。2010年M-1グランプリは三回戦敗退。
  • 2007年12月15日12月16日の両日に行われた『全日本お笑い選手権・お笑い全日本カップ2007~学生芸人No.1決定戦~』に出場、第2位に選ばれた。
  • BURNあんぺあピーナッツパンS×Lぐりんぴーすとの6組合同のライブ『シックススキップ』を2009年8月26日から行っていた。
  • 2011年5月末、朝倉の休業により活動休止。同時に事務所も退社。[9]同年8月末、小松崎のTwitter上で解散を発表。[10]
  • 2015年歌ネタ王決定戦出場のためだけに、この二人で朝倉小松崎を再結成、準決勝進出[11]

芸風[編集]

音曲漫才においては、色々なテーマのコントに朝倉がギターを弾いて劇伴音楽を奏でるといったようなもの、または小松崎が喋っている横で朝倉が演奏しながらボケネタを繰り出すといったことなどに小松崎が突っ込むというもの。ネタの合間に朝倉が「物真似しまーす」「ショートコントします」と言ってミュージシャンのギターの弾き方などの物真似などを演じることも多い。コンピュータゲームを模した音(スーパーマリオブラザーズからなど)が出ることもある。また突然朝倉がギターを弾きながら歌いだし、その歌詞が最終的にボケるというネタも使われる。この他には、ヒット曲をランキング形式で並べ、それぞれの曲についてのネタを演じるといったものがあった。最初は普通に漫才をやっていたが、この時はそれほどウケず、あるライブでギターを使って漫才をしたところ、いきなり優勝したという[1]

ギターを使わないネタもあり、その時は小松崎がボケを、朝倉がツッコミを担当する。この時のネタには、二人で俳句を詠むもの(オチの下の句は小松崎が担当)などがあった。

小松崎が小島よしお似であり[12]、これをネタに取り入れることもあった。

出演番組[編集]

これ以降、ハナイチゴのメンバーとなってからの小松崎の出演については、ハナイチゴ (お笑いコンビ)#出演の節を参照。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j お笑いポポロ』(麻布台出版社)2009年5月号 p.104-105 より
  2. ^ 経商法落研 お笑い芸人OBらも出演 新入生歓迎ライブ”. nu press e-NEWS. 2015年9月29日閲覧。
  3. ^ 2006年4月30日 ついに出た!脅威の結果発表 事務所交渉権75%!”. ヒューマンアカデミー (2006年4月30日). 2015年9月29日閲覧。
  4. ^ コンプライアンス小松崎(ハナイチゴ)twitter 2011年1月20日(2016年12月26日閲覧)
  5. ^ おざおざtwitter 2016年12月8日 (2016年12月26日閲覧)
  6. ^ ※ご報告※”. 関谷あるみブログ「学生時代帰宅部だったけど、芸人女子野球チームはじめました!」 (2015年9月19日). 2015年9月28日閲覧。
  7. ^ 関谷(ハナイチゴ)twitter 2016年11月21日(2016年11月23日閲覧)
  8. ^ コンプライアンス小松崎(ハナイチゴ)twitter 2016年12月25日(2016年12月26日閲覧)
  9. ^ 公式ブログ 2011年6月3日
  10. ^ 小松崎のTwitter
  11. ^ 「歌ネタ王決定戦2015」75組が準決勝進出”. お笑いナタリー (2015年7月10日). 2015年9月28日閲覧。
  12. ^ AYAKO'S blog「2010年08月07日 サマソニの“お笑いステージ” SIDE SHOW’’」”. J-WAVE (2010年8月7日). 2015年9月28日閲覧。