朝霞駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
朝霞駅
東口(2011年9月)
東口(2011年9月)
あさか
Asaka
TJ 11 和光市 (1.5km)
(2.4km) 朝霞台 TJ 13
所在地 埼玉県朝霞市本町二丁目13-52
駅番号 TJ 12
所属事業者 Tōbu Tetsudō Logo.svg 東武鉄道
所属路線 TJ 東上本線
キロ程 14.0km(池袋起点)
電報略号 アカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
66,102人/日
-2015年-
開業年月日 1914年大正3年)5月1日
備考 1932年昭和7年)に膝折駅から改称
業務委託駅
テンプレートを表示

朝霞駅(あさかえき)は、埼玉県朝霞市本町二丁目にある、東武鉄道東上本線である。駅番号はTJ 12

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。2008年3月18日より発車メロディの使用を開始した。

商業施設として「エキア朝霞」[2]が2010年4月28日にオープンした。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 発着種別
1 TJ 東上線 下り 志木川越坂戸小川町方面 準急
2 下り 志木・川越・坂戸・小川町方面 普通
3 上り 和光市成増池袋方面
Y 有楽町線 新木場F 副都心線 渋谷TY 東急東横線 横浜MM みなとみらい線 元町・中華街方面
普通
4 上り 和光市・成増・池袋方面 準急

※2016年3月26日のダイヤ改正で副都心線直通電車の東上線内急行運転(土日祝日の朝夕のみ副都心線直通電車の東上線内快速急行運転)が開始されるのに伴い、当駅の2番線・3番線を通過する電車もある。なお池袋発着の急行以上の種別は従来通り1番線・4番線を通過する。

備考[編集]

武蔵野線との乗換駅は、当駅ではなく、一つ川越寄りの「朝霞台駅」である。しかし、武蔵野線の駅名は「北朝霞駅」であり、乗り慣れない乗客には紛らわしくなっている。このため、各ホームの階段上に「武蔵野線乗り換えは当駅ではありません。1つ先の朝霞台駅です。」という趣旨の注意書きが表記された看板が掲出されている。

東上線及び直通先の有楽町線・副都心線・東急東横線・みなとみらい線・西武有楽町線で運行上のトラブルが発生し直通運転を中止した場合、上り電車は朝霞台駅同様、内側の線路を地下鉄直通電車の運転が再開されるまで留置線として利用される。そのため、4番線から普通電車が発車することがある。

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗降人員66,102人である[3]。東上線の駅では第6位で、急行通過駅としては最も多い。2005年度からは増加傾向に転じ、2010年度に急行停車駅の成増駅、2015年にはふじみ野駅を上回った。

近年の1日平均乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[4]
年度 1日平均
乗降人員[5]
1日平均
乗車人員[6]
1978年(昭和53年) 42,436
1994年(平成06年) 57,452
1997年(平成09年) 60,435 29,421
1998年(平成10年) 59,779 29,089
1999年(平成11年) 59,060 28,716
2000年(平成12年) 59,129 28,749
2001年(平成13年) 56,989 28,852
2002年(平成14年) 56,797 28,757
2003年(平成15年) 57,107 28,919
2004年(平成16年) 56,686 28,659
2005年(平成17年) 56,540 28,533
2006年(平成18年) 57,068 28,808
2007年(平成19年) 59,089 29,777
2008年(平成20年) 59,606 29,945
2009年(平成21年) 59,505 29,848
2010年(平成22年) 61,358 30,734
2011年(平成23年) 61,386 30,725
2012年(平成24年) 62,346 31,185
2013年(平成25年) 63,936 31,976
2014年(平成26年) 64,163 32,045
2015年(平成27年) 66,102 33,013

駅構内(EQUIA朝霞)[編集]

駅構内にはEQUIA朝霞があり、南口店舗・南口構内・改札前・東口を合わせ計22店舗が出店している。全店でPASMOSuicaの利用が可能。出店店舗の詳細情報は東武鉄道公式サイト「朝霞駅 店舗のご案内」を参照。

駅周辺[編集]

南口[編集]

南口駅前広場再開発は、東上線の複々線供用開始以来、何度か計画や整備結果の変遷を辿りながらも完成の目処が立たない状況であったが、2000年代に入ってから整備が進行し、2007年4月1日から新しいロータリーの部分供用を開始し、同年7月31日に整備工事が完了した。同日に朝霞市出身の歌手・本田美奈子.の功績を称える記念碑が駅前広場に建てられた。

周辺には各種飲食チェーン店が出店している。

東口[編集]

  • 朝霞市役所 朝霞駅前出張所

東口駅前広場のすぐ南にはUR都市機構東朝霞団地が存在し、1960年4月の入居開始以来大きな変化もなく歴史を重ねたが、2002年より南側の「先工区」4棟と北側の「後工区」2棟に分かれて建て替え工事が始まり、2004年5月に先工区が完成、「コンフォール東朝霞」と名称を改めて入居を開始した。後工区は、後述する旧北口駅前広場の再開発と連動して工事が進められ、2007年3月23日から入居を開始した。

東口は複々線供用開始時点ですでに駅前ロータリーが整備されていたが、敷地が狭小で、交通事故の危険性もあった。東朝霞団地の建て替え工事に伴い再度駅前広場を整備し、2008年3月末に完成、同時に北口から東口に改称された。周辺には飲食店・弁当店があり、また学習塾も多く立地する。

路線バス[編集]

当駅を発着する路線バスは、国際興業バス西武バス東武バスウエストにより運行されている。かつては南口より西武池袋線新宿線中央線方面への路線が多数発着していたが、朝霞台駅の開業に伴い、系統分割・移設された。

運行路線の詳細は国際興業バス西浦和営業所西武バス新座営業所東武バスウエスト新座営業事務所を参照。

南口[編集]

1番のりば

  • 国際興業バス
    • [朝11] 末無川経由 志木駅東口行き
    • [朝12] 末無川経由 朝霞台駅行き(平日朝6:05発のみ)
    • [朝13] 緑ヶ丘先回り(13時台まで)/末無川先回り(14時台から) 朝霞南口循環

2番のりば

  • 西武バス
    • [泉32] 緑ヶ丘・都民農園セコニック経由 大泉学園駅北口行き
    • [朝81] 第四中学校入口経由 新座栄行き(本数少)
    • [朝82] 緑ヶ丘経由 新座栄行き(本数少)
    • [朝82-1] 緑ヶ丘・新座栄経由 新座営業所行き(数本のみ)
    • [朝83] 緑ヶ丘経由 都民農園セコニック行き(本数少)

3番のりば

深夜急行バス(降車専用)

  • 池袋駅西口 → 朝霞駅南口 → 朝霞台駅/池袋駅西口 → 朝霞駅南口 → 朝霞台駅 → 新座駅

東口[編集]

1番のりば

  • 国際興業バス
    • [朝50] 内間木行き

2番のりば

  • 東武バスウエスト
    • [朝02] 宮台経由 北朝霞駅行き
    • [志23] 宮台経由北朝霞駅経由 志木駅東口行き

3番のりば

  • 東武バスウエスト
    • [朝04] 溝沼坂下・朝霞台駅・志木駅南口経由 新座車庫行き
    • [朝05] 溝沼坂下経由 朝霞台駅行き

4番のりば

  • 朝霞市内循環バス
    • 図書館経由 朝霞市役所行き
    • 根岸台四丁目・北朝霞駅経由 わくわくどーむ行き

隣の駅[編集]

Tōbu Tetsudō Logo.svg 東武鉄道
TJ 東上本線
TJライナー・快速急行・快速・急行
通過
準急・普通
和光市駅 (TJ 11) - 朝霞駅 (TJ 12) - 朝霞台駅 (TJ 13)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第13号、鉄道ジャーナル社、1987年11月、 96頁。
  2. ^ 4月28日(水)、「EQUIA 朝霞」誕生! 駅ナカショップ22店舗がオープン! (PDF) - 東武鉄道ニュースリリース 2010年4月16日
  3. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道
  4. ^ 統計情報 - 朝霞市
  5. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  6. ^ 埼玉県統計年鑑

関連項目[編集]