木下ほうか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
きのした ほうか
木下 ほうか
本名 木下鳳華
生年月日 (1964-01-24) 1964年1月24日(53歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大東市
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビドラマ
活動期間 1980年代 -
配偶者 未婚
事務所 キャストパワー
主な作品
映画・Vシネマ
ガキ帝国
岸和田少年愚連隊
『SWinG maN』
寝ずの番
次郎長三国志
テレビドラマ
京都殺人案内
昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜
バラエティ
痛快TV スカッとジャパン

木下 ほうか(きのした ほうか、1964年1月24日 - )は、日本俳優男性。株式会社キャストパワーに所属、かつては吉本新喜劇座員を経て、マツ・カンパニーに在籍していた。

大阪府大東市出身。大阪府立野崎高等学校大阪芸術大学舞台芸術学科卒業。

来歴・人物[編集]

父は一級建築士で、プールのある豪邸に住み、裕福な家庭に育った。子供時代は丘の上にある自宅から優越感に浸りながら下を見下ろして暮らしていた。高校時代は剃り込みを入れたいわゆるヤンキーファッションであったが、不良であったというよりは当時の流行のファッションに倣っていただけだという。1980年、16歳のときに映画『ガキ帝国』のオーディションの新聞広告を見て、同オーディションに応募し合格をきっかけに、同作品で俳優デビューする。その後、大阪芸術大学を卒業後、吉本興業大阪本社に入社し、吉本新喜劇に入団した。しかし新喜劇の舞台では目立つ存在になれず、加えて1980年代の新喜劇低迷期時代と重なり3年で退団した。この時期の座員(浅香あき恵未知やすえ等)とは現在も交流があり、来阪時の飲み仲間となっている[1]。吉本新喜劇出演当時、先輩役者から「目立つな」と言われ、池乃めだかから「受け続ければ良い、上に上がれる」と励まされていた。

1989年井筒和幸を頼って上京。マツ・カンパニーを経て、2011年にキャストパワーに所属している。当初はVシネマを中心に活動していたが、近年はテレビドラマやバラエティ番組への出演も増えており、人気バイプレイヤーの一人として活躍している。

上京後は、業界関係者やプロデューサーなどの飲み会に積極的に参加し、女性を同伴してプロデューサーに気に入られる作戦をとったり、名刺を配るなどして人脈を広げた。また、あえて才能のある後輩を紹介することで関係者の信頼を徐々に獲得していった。『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』は、配布した名刺がきっかけで出演することとなった。

吉本時代から島田紳助と親しくしており、上京を決めたのも「ほうか、役者をやりたいんやったらやっぱ東京行かなあかんやろ?」という島田からの助言によるもので、上京後の下積み時代も頻繁に手料理を振る舞ってもらっていた[2]

趣味は献血バイク、特技はキックボクシング空手正道会館空手初段)。

本人曰く、「来る役が『悪党』『いじわる』『いけず』」な役ばかりらしく、本当はビールや家族と仲良くドライブするのCMがやりたいと思っている。ビールのCMが来た時のために飲む練習をしたが、マイペースな性格が故に動きがゆっくり過ぎて美味しそうには見えたが「尺に収まらない」と言われてしまった。

痛快TV スカッとジャパン』のイヤミ課長に代表される個性的な役柄(ネチネチと部下をイビる・温厚そうに見せて突如豹変する・粘着質な役・オネエなど)を担当している一方、バラエティー番組に出演するとゆったりとした柔らかい大阪弁で話す。育ちが良く、喧嘩とも無縁に育ったため、あまりにも口調が柔らかく、悠然とした態度なため「ベテランのおかまバーのママ」と言われた事があるが、一方で会見で冗談を飛ばして共演者をドギマギさせることもある[3]

天皇(『陰陽師』)と内閣総理大臣(『電人ザボーガー』)の両方を映画で演じた数少ない俳優である[4]

独身。本人は結婚したいと思っているが、クセの強い役柄のせいで木下本人を知らずにドラマや映画放送後にネットで酷い中傷を受けた事(「主人公をネチネチといじめるのは普段から性格が悪いから出来る」や、会った事もないのに「会った時に印象が悪かった」など)をきっかけで「いけずな役ばかりしているから、頃合いの良い方が寄ってきてくれない」と思う様になったとの事。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

バラエティ[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ほうかが来たよ\(^o^)/ (浅香あき恵公式ブログ)
  2. ^ 島田紳助氏について。
  3. ^ “武田梨奈、「追い込まれた」過酷撮影を回顧 顔を“ベチョベチョ”になめられ…”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年10月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2060191/full/ 2016年3月5日閲覧。 
  4. ^ 他には石坂浩二が該当する。
  5. ^ ふなっしー、探偵役でドラマ初主演 相棒はアンジャッシュ児嶋”. ORICON STYLE (2015年12月10日). 2015年12月15日閲覧。
  6. ^ 小出恵介、つんく♂モデルのアイドルP役「カリスマ性出したい」 ドラマ『武道館』”. ORICON STYLE (2015年11月24日). 2015年11月24日閲覧。
  7. ^ 米倉涼子、松本清張原作の歴史サスペンスに主演”. ORICON STYLE (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  8. ^ 黒島結菜、ドS女子高生役でEXILE NAOTOを翻ろう”. ORICON STYLE (2016年2月21日). 2016年2月21日閲覧。
  9. ^ “カラテカ・矢部太郎、ミスキャストと監督に言われる”. シネマトゥデイ. (2014年10月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067709 2014年11月4日閲覧。 
  10. ^ IZAM、紗綾の袋とじグラビアに悩殺される「思わず袋切りました」”. シネマトゥデイ (2016年1月31日). 2016年2月1日閲覧。
  11. ^ ワンピース特番アニメ、フォクシー海賊団声優に市川猿之助ら”. コミックナタリー (2015年12月7日). 2015年12月7日閲覧。
  12. ^ “ウッチャン、『サザエさん』本人役で出演 27時間テレビで『スカッとジャパン』とコラボ”. ORICON STYLE. (2016年7月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2075280/full/ 2016年7月19日閲覧。