木原光知子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
木原 光知子 Swimming pictogram white.svg
Michiko Kihara 1964.jpg
木原 光知子, 1964
生年月日 (1948-04-05) 1948年4月5日
生誕地 兵庫県明石市
没年月日 (2007-10-18) 2007年10月18日(満59歳没)
死没地 神奈川県平塚市
身長 167cm
体重 59kg
 
獲得メダル
日本の旗 日本
アジア競技大会
1966年アジア競技大会 100m自由形
1966年アジア競技大会 200m自由形
1966年アジア競技大会 4×100m自由形
1966年アジア競技大会 4×100mメドレー
ユニバーシアード
1967年夏季ユニバーシアード 100m自由形
1967年夏季ユニバーシアード 400m自由形
テンプレートを表示

木原 光知子(きはら みちこ、1948年4月5日 - 2007年10月18日)は元水泳選手で、タレント実業家・スイミングアドバイザー、「ミミスイミングクラブ」創立者。競技の現役時代、タレント時代前期、実業家として名前は本名の「木原美知子」となっている。実兄はJU岡山理事長・JU中四国会長を歴任し現在はミミスイミングクラブを経営するK&Mインターナショナル代表取締役の木原信良。

来歴・生涯[編集]

兵庫県明石市生まれ、岡山県岡山市で育ち、岡山市立南方小学校、岡山市立旭中学校、岡山山陽女子高等学校日本大学文理学部卒業。

中学時代から田中聡子のあとの日本水泳界を背負う最大のホープと騒がれる[1]。100m自由形が主であったが、400m自由形や背泳ぎバタフライ個人メドレーなどでもトップクラスのオールラウンダーであった[1]。進学した山陽女子高には水泳部がなく、また岡山には冬の間泳げる温水プールはなく、和歌山県白浜広島県呉市海上自衛隊の室内プールに通う[2]

高校在学時に1964年東京オリンピックに出場し「ミミ」の愛称で一躍アイドル選手となった[1]。競技を引退後は東レ水着モデルを務めるなどタレントに転向。その後、東レ関連会社の役員や自らの水着ブランドや水泳教室を運営するなどビジネス界に進出。40歳を超えてからマスターズ競技に復活し日本記録を樹立している。また各種スポーツ団体や岡山県関連の理事・委員や日本水泳連盟女性初の理事(2005年 - )を務めるなどの多方面で活躍していた。

2007年10月13日、神奈川県平塚市内のプールで親子水泳教室の指導中に倒れ、意識不明のまま、平塚市民病院に搬送された。一時は意識を回復したものの、同18日午前1時25分、クモ膜下出血のため死去[3]。59歳没。戒名は寶珠院秀泳智照大姉。葬儀は築地本願寺にて社葬で執り行われ、喪主は兄の木原信良が務めた。

死去した10月18日に遡って、日本政府より旭日小綬章が贈られた。

2009年10月、岡山県総合グラウンド内に顕彰碑が建立された。

主な競技歴[編集]

  • 1962年
  • 1963年
    • 第3回全国中学校選抜水泳競技大会 100m自由形、100m背泳ぎ、200m個人メドレーの3種目を制覇
  • 1964年
    • 7月19日 全日本水泳選手権 100m自由形 優勝(1分3秒8 日本新記録)
    • 10月 東京オリンピックに出場。400mメドレーリレー 4位入賞、100m背泳ぎ 落選、400mリレー 落選[5]
  • 1965年
    • 9月 第20回岐阜国体 100m自由形(日本新記録樹立)
  • 1966年
    • 7月 全国高校水泳競技大会(青森) 100m・200m自由形 優勝
    • 8月 全日本水泳選手権 100m124・200m自由形 優勝
    • 12月 第5回アジア大会バンコク) 100m・200m自由形 優勝、400mリレー、メドレーリレー 優勝
  • 1967年
    • メキシコプレオリンピック 100m自由形 金メダル、200m自由形 銀メダル
    • 7月 全国大学女子大会 100m・400m自由形 優勝
    • 8月 全日本水泳選手権 200m・400m自由形 優勝

マスターズ[編集]

  • 1986年 第1回世界マスターズ水泳大会(東京) 50m背泳ぎ 優勝(マスターズ世界記録)
  • 1997年 ウーマンズ・スイム・フェスティバル'97 50m自由形 優勝(マスターズ日本記録)
  • 2000年 第8回世界マスターズ水泳競技大会(ドイツミュンヘン) 50m背泳ぎ 優勝
  • 2003年 ウーマンズ・スイム・フェスティバル2003 50m自由形(マスターズ日本記録)
  • 2004年 第10回世界マスターズ水泳競技大会(イタリア・リッチオーネ) 50m自由形 3位(マスターズ日本新記録)、50m背泳ぎ 優勝

主な出演歴[編集]

モデル[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

<ドラマ>
<バラエティ・クイズ>
テレビ東京で放送されていたトーク番組で、池畑慎之介(ピーター)と共に司会を務めた。
<その他>
  • ミミの体当たりレポート(提供・防衛庁、1973年10月 - 1974年)
フジテレビ系列で全国ネットの予定が、自衛隊宣伝番組だったため各地の反対運動により、青森テレビのみで放送された。

ラジオ[編集]

コマーシャル[編集]

  • 日清製油(現:日清オイリオ)(日清サラダ油セット) - 1977年以降長期出演。

シングル[編集]

  • センチメンタル渚/最後のマッチ(1977年)発売
  • みじかい爪/画家とモデル(1982年)発売

その他の略歴[編集]

  • 1976年5月 東レエンタープライズ株式会社取締役に就任
  • 1990年10月 日本スポーツ産業学会理事に就任
  • 1991年 笹川スポーツ財団評議員に就任
  • 1992年9月 社団法人日本プールアメニティ施設協会理事に就任
  • 1993年 財団法人橋田文化財団評議員に就任
  • 1996年4月 ダブルダッチ協会会長に就任
  • 1999年7月 社団法人日本マスターズ水泳協会理事に就任
  • 2003年
  • 2005年
    • 4月 財団法人日本水泳連盟理事(特命事項担当)に就任
    • 6月 トータル・オリンピック・レディース会(略称:TOL会)会長に就任

その他[編集]

  • 低音でハスキーな独特の声が特徴。
  • ニックネームは「ミミ」。このニックネームは母親が子供の頃に付けたもの。
  • 1994年、友人である美川憲一との結婚の噂が週刊誌を中心に飛び交ったが、全くの誤報であった。
  • 美川の他にも中尾ミエとはプライベートでもたいへん親交が深い親友であった。徹子の部屋で木原の追悼特集時には中尾が親友として出演した。
  • 交友関係は広く、橋田壽賀子、中尾ミエ、石井好子など多くの芸能関係者へ水泳を奨め自ら指導を行った。
  • 石井好子と年齢の差を超えて公私ともに親しく、奇しくも木原が倒れた日は石井と会食の予定が入っていた。最期も親族と共に看取った。葬儀の際、弔辞を読んだ。

脚注[編集]

参考文献[編集]