木戸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
木戸駅
東北地方太平洋沖地震後の駅舎(2012.03.22)
東北地方太平洋沖地震後の駅舎(2012.03.22)
きど
Kido
広野 (5.4km)
(3.1km) 竜田
福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字一升平[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 常磐線
キロ程 237.8km(日暮里起点)
電報略号 キト
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
145人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1898年明治31年)8月23日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示

木戸駅(きどえき)は、福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字一升平(いっしょうたいら)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線である[1]

年表[編集]

駅構造[編集]

東北地方太平洋沖地震前の駅舎

相対式ホーム2面2線の地上駅である。東日本大震災発生前までは富岡駅管理の簡易委託駅[4]だったが、2014年6月1日の営業再開後は無人駅となっている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 常磐線 下り 竜田行き
2 常磐線 上り いわき水戸方面

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員は以下のとおり。

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員 備考
2001 205
2002 204
2003 207
2004 188
2005 175
2006 176
2007 166
2008 174
2009 160 [5]
2010 145 [6]

2011年3月11日から2014年5月31日まで前述の通り営業休止となり、同年6月1日の営業再開以降は無人駅となったため、2011年以降の統計値は公表されていない。

駅周辺[編集]

なお、福島第一原子力発電所事故による当駅を含む楢葉町全域への避難指示は、2015年9月5日に解除された。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
常磐線
広野駅 - 木戸駅 - 竜田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『週刊 JR全駅・全車両基地』50号 郡山駅・会津若松駅・三春駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年8月4日、21頁。
  2. ^ “JR常磐線:広野−竜田の復旧着工へ 来春再開目指す”. 毎日新聞. (2013年7月30日). http://mainichi.jp/select/news/20130730k0000e040137000c.html 2013年8月1日閲覧。 
  3. ^ 常磐線(広野〜竜田間)の運転再開について (PDF) 東日本旅客鉄道水戸支社 (2014年5月30日) 2014年6月1日閲覧。
  4. ^ 国鉄OBで2番線にあるお城を製作した人が受託していた
  5. ^ 第125回 福島県統計年鑑2011、福島県企画調整部統計分析課編、2011年
  6. ^ 第126回 福島県統計年鑑2012、福島県企画調整部統計分析課編、2011年

関連項目[編集]