木村由貴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

木村由貴子(きむら ゆきこ、1952年4月28日- )は、映画テレビ女優茨城県水戸市出身。

略歴・人物[編集]

三人姉妹の真ん中で中学三年生の時に父と姉が密かに東宝のニュータレント第8期に応募し合格。東横学園高校(現・東京都市大学等々力高等学校)入学と同時に東宝の養成所に入る。同期生は、梅田智子、牧とし子、徳永礼子、鈴木ひとみ、成川哲夫、関口昭子。デビューは1969年の映画『水戸黄門漫遊記』。1973年のNHK朝の連続テレビ小説『北の家族』の主役候補を最後まで文学座の高橋洋子と争う。青春ドラマでの女子高校生役を経て、加藤剛主演のテレビ時代劇『剣客商売』で唖娘という難しい役としてレギュラー出演した。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

関連項目[編集]