本村健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
もとむら けんたろう
本村 健太郎
生誕 (1966-12-17) 1966年12月17日(50歳)
日本の旗 日本 佐賀県佐賀郡川副町
出身校 東京大学法学部卒業
職業 弁護士俳優
配偶者 あり
公式サイト 浅井企画 - 所属タレントプロフィール:本村健太郎

本村 健太郎もとむら けんたろう1966年昭和41年)12月17日 - )は、弁護士(登録番号:23235、東京弁護士会)、俳優

佐賀県佐賀郡川副町(現・佐賀市)出身。久留米大学附設中学校・高等学校東京大学法学部卒業。浅井企画所属。血液型はAB型

来歴・人物[編集]

高校在学中は演劇に打ち込み、舞台『十二人の怒れる男』で全国高等学校演劇大会優秀賞を受賞する。

東京大学に入学した1985年からは「劇団麦の会 演技研究所」で監督の山本邦彦から演劇レッスンを受ける。同年、テレビドラマ『イッキ!イッキ!東大へ』の準主役オーディションに合格し、俳優デビューする。

演劇活動と並行して勉学にも励み、1990年司法試験に合格、翌1991年に大学を卒業する。その後司法修習を経て、1993年に弁護士登録。

1997年、「本村法律事務所」を設立。現在は「東京赤坂法律事務所」に所属し、企業法務を数多くこなす。また、数多くのテレビドラマに出演すると同時に、弁護士としてドラマの法律監修を担当するなど、俳優業と弁護士業を両立させた活動を行っている。

2007年7月より日本テレビ系バラエティ番組『行列のできる法律相談所』に、参議院議員となった丸山和也の代役として出演。2008年1月からは大阪府知事となった橋下徹の後任としてレギュラー出演している。

エピソード[編集]

  • 『行列のできる法律相談所』出演の際、当時の司会者であった島田紳助から「山崎邦正に似てる」と言われたことをきっかけに、山崎のものまねをすることが増え、それ以降はジャンルを問わず様々な番組に出演するようになった。また、山崎本人とも同番組で2回共演している(2007年9月16日と2008年1月13日)。最近では『名探偵コナン』の主人公、江戸川コナンなどのまねも披露するようになっている。また、まねを行う時には眼鏡を使い分けている(尚、本村の眼鏡は伊達眼鏡であり、普段は眼鏡をかけない)。
  • 柔道黒帯の有段者である。世界遺産検定マイスター。
  • 2009年石垣島で行われたトライアスロン大会に出場し、完走したが、2009年8月2日放送で「本村がカメラが回っていない時は軽快に走り、カメラが回ると疲れた様子をわざとする」猿芝居が発覚した[1]
  • 超タイムショックSPでは、第4回(2009年1月)と第15回(2012年4月)の優勝者であり、歴代の出演者では最多出場の12回の出演をしている。
  • 東進ハイスクール講師である林修は大学時代の先輩である(林は1984年入学、本村は1985年入学)。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビショッピング[編集]

バラエティ[編集]

情報番組[編集]

CM[編集]

ゲーム[編集]

PV[編集]

  • 「蒼き日々」(2012年)

その他の出演[編集]

  • 本村健太郎の消費者トラブル防止教室(サガテレビ
  • 趣味どきっ!「開け!世界遺産」(2015年12月 - 2016年1月、NHK Eテレ・全9回) - 旅の案内人

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 浅井企画 - 所属タレントプロフィール:本村健太郎