本田路津子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本田路津子
生誕 (1949-01-06) 1949年1月6日(68歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県大牟田市
学歴 桜美林大学文学部英文科卒業
ジャンル フォークソング
ゴスペル
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1970年 - 1975年
1988年 -
レーベル CBSソニー

本田 路津子(ほんだ るつこ、1949年(昭和24年)1月6日 - )は、日本の元フォークシンガー、現ゴスペルシンガー。

福岡県大牟田市出身。

経歴[編集]

福岡県大牟田市出身だが、その後、家族(当時両親、妹)と共に、新潟県に転居し、桜美林高等学校入学と同時に、東京都町田市に単身で転居。その後、桜美林大学に進学。

路津子の名前の由来は、両親がキリスト教徒であったので(本人は結婚するまでキリスト教徒ではなかった)、旧約聖書の「ルツ記(英語ではルース)」に出てくるボアズの誠実な嫁ルツからとったものと言われている。本来のキリスト教での表記は「路律」であるが、路律子ではあまりに難読となるため、路津子にした、とのことである。「路」の字は「路加(るか)(英語ではルーク)(ルカ記)」という読み方でも知られている。

桜美林大学文学部英文科卒業。在学時は聖歌隊に所属し、英字新聞編集活動にも参加。フランシス・ジェームズ・チャイルドチャイルド・バラッド英語版についての研究をしている。1970年9月1日ジョーン・バエズの『シルキー』を歌ってハルミラフォークコンテストに優勝し、CBSソニーから『秋でもないのに』でプロ歌手としてデビュー。

続いて『風がはこぶもの』、『ひとりの手』などのヒット曲を出し、森山良子と並んでカレッジフォークの第一人者として活躍した。『ひとりの手』は、アレックス・コンフォート英語版の詩“One Man's Hands”にピート・シーガーがメロディをつけたもので、当時の反戦や人種差別撤廃を訴える歌になっており、日本語の歌詞は本田路津子自身が訳したもの。1976年に刊行された日本キリスト教団出版局の『ともにうたおう-新しい讃美歌50曲-』では、末節に讃美歌らしい歌詞が付け加えられ、34番として所収されている。

当時はフォーク界でのジョーン・バエズの影響は大きく、本田路津子もその状況下で活動していた訳だが、普段控えめな彼女が、ジョーン・バエズから受けた影響について聞かれたときに、「いえ、私が尊敬するのは、ジュディー・コリンズ英語版です」と語ったと言われている。デビューのきっかけとなった曲が、ジュディー・コリンズのグレートシルキー英語版という説もあるが、オークニーに伝わる『スール・スケリー島の大アザラシ』という伝承歌を、フランシス・ジェームズ・チャイルドが自身のバラッド集に収めたもので、ジョーン・バエズの『シルキー』と同一である。

ハルミラフォークコンテストでは、たまたま優勝するのを見ていた六文銭小室等が、当時新進のレコード会社であったCBSソニーの社長に紹介し、彼女の歌うのを聴いて「全身が震えた」社長は、その場で契約したということである。この逸話は、英国ウェールズ出身のメリー・ホプキンがTVのタレント発掘番組「Opportunity Knocks」で優勝し、それを見ていたモデル歌手女優のツイギービートルズポール・マッカートニーに紹介した話を思い出させるものである。また、所属事務所のミュージカル・ステーションも、当時新しい姿の音楽事務所であった。

デビュー曲の『秋でもないのに』は、ハルミラフォークコンテストのときに審査員をしていたギタリストの石川鷹彦の持ち歌で、もともと男言葉で書かれていた詩を女性用に書き直したものである。石川は、コンテストのときに彼女にあまり良い点をつけなかったそうで、このことは後になっても、本人から「石川先生は、あのとき良い点をつけてはくださらなかったんですよね」と言われることとなった。

1972年連続テレビ小説藍より青く』の主題歌『耳をすましてごらん』でお茶の間にも親しまれ、NHK紅白歌合戦にも2回出場(第23回NHK紅白歌合戦で本曲を歌った)している。なお『耳をすましてごらん』は、1990年アイドル歌手南野陽子がシングル曲としてカヴァーし、ヒットさせている。1972年NHKみんなのうた」で『小犬のプルー』が、1974年には『今日の日はさようなら』が放送された。

一方、テレビCMでは、『三ツ矢サイダーシルバー(♪遠くへ行きたいな?)』、『HOYA眼鏡(♪あなたのことは?)』、『トワイニング紅茶(♪アイスティーを作るなら?)』を手がけている。

また、ラジオでは、せんだみつおの司会で『ポケットいっぱいフォーク』という番組に出演していた。

1975年に結婚を理由に引退し渡米した。その「さよならコンサート」では、アンコールなしで公で歌う最後の曲として、『至上の愛』(ジュディー・コリンズのアメイジング・グレイス)を熱唱。自ら、キリスト教に帰依する覚悟を明かした。1988年帰国して以来、国内外の教会のコンサートなどで神の愛を歌い、賛美歌の歌い手として活躍している。 2001年度には第4回ゴスペルCCM賞大賞のアーティスト部門・アルバム部門と国際ソロプチミスト賞(福岡-東)を受賞している[1]

シングル[編集]

  • 秋でもないのに/小さな丘の小さな家 [SONA 86141](1970年9月)
  • 風がはこぶもの/野に咲く花 [SONA 86169](1971年2月)
  • 家路/金色の時間 [SONA 86184](1971年7月)
  • ぼくのアバラー(1971年10月~1973年3月)NHKテレビドラマ『わんぱく天使』主題歌
  • 一人の手/出発のある人生 [SONA 86199](1971年11月)
  • 子犬のプルー (1972年2月)NHKみんなのうた
  • だれかを愛したい/声のする向こうに [SOLA 6](1972年3月)
  • 耳をすましてごらん/藍より青く [SOLA 34](1972年7月)NHK朝の連続テレビ小説『藍より青く』主題歌
  • めぐりあうためには/くちぐせ [SOLA 58](1972年12月)
  • この空の下で/時はとどめられない [SOLB 18](1973年4月)
  • 白い花/歩きなれた道 [SOLB 61](1973年8月)NHK朝の連続テレビ小説『北の家族』主題歌
  • 空と話そう/日だまりのうた [SOLB 74](1973年10月)TBS系ドラマ『薩摩おごじょ』主題歌
  • 郊外電車で/果樹園 [SOLB 95](1974年2月)
  • エレス・トゥー“あなたなしでは”/それぞれの愛 [SOLB 134](1974年6月)
  • 三井造船の歌(この手でつくろう)/秋でもないのに/小さな丘の小さな家 [-](1974〜75年頃)プロモーションEP
  • 手紙/幼ない子供のように [SOLB 292](1975年8月)

アルバム[編集]

  1. 秋でもないのに[SOND-66050](1970年)
    秋でもないのに/一人の手/野に咲く花/小さな丘の小さな家/死んだ少女/風がはこぶもの/誰もいない海/遠い世界に/白い色は恋人の色/おはなし/小さな日記/今日の日はさようなら
  2. 家路[SOND-66060](1971年)
    ある朝うまれて/ままごとの世界/春が来ると/希望の国/孤独な少女/陽は昇る/家路/恋する瞬間/どうしているの/あの想い出の道/一年たちました/出発のある人生
  3. 耳をすましてごらん[SOLJ-32](1972年)
    耳をすましてごらん/愛するハーモニー/さよならをするために/ひとりごと/太陽がくれた季節/藍より青く/サルビアの花/美しい星/ケ サラ/声のする向こうに/ママに捧げる時/だれかを愛したい
  4. ニューミュージックを歌う[SOLJ-59](1974年2月)
    雨が空から降れば(小室等)/結婚しようよ(吉田拓郎)/もみの木(麻田浩)/インドの街を象にのって(六文銭)/赤色エレジー(あがた森魚)/私の家(六文銭)/春夏秋冬(泉谷しげる)/私の小さな人生(チューリップ)/マリエ(ブレッド&バター)/ひとりきり(南こうせつ)/タンポポ(GARO)/どうしてこんなに悲しいんだろう(吉田拓郎)
  5. 本田路津子デラックス[SOLI-46~47](1974年)
    秋でもないのに/風がはこぶもの/一人の手/耳をすましてごらん/めぐりあうためには/郊外電車で/ケ・サラ/ママに捧げる時/美しい星/死んだ少女/愛するハーモニー/エレス・トゥー“あなたなしでは”/誰もいない海/白い色は恋人の色/サルビアの花/遠い世界に/一年たちました/今日の日はさようなら/春夏秋冬/どうしてこんなに悲しいんだろう/雨が空から降れば/結婚しようよ/マリエ/私の小さな人生
  6. 路津子オン・ステージ[SOLJ-78](1974年)1973年6月9日 中野サンプラザホール
    オープニング(シング)シェルブールの雨傘/ソング・サング・ブルー/私はイエスがわからない/行かないで/トップオブ・ザ・ワールド〜シング/一人の手/人生のメロディー/私の小さな人生
  7. 愛のおくりもの[SOLL-153](1975年8月)
    愛のおくりもの/幼ない子供のように/赤いローソクと人魚/九月の朝/旅立つ想い/手紙/心の中を流れる河/めぐり逢う季節/私の子供たちへ/愛のテーマ
  8. 友よ フォーク・スタンダード・ヒット[FCLA-207](197?年)オムニバス盤
    友よ(本田路津子)/死んだ男の残したものは(本田路津子)/風(Kとブルンネン)/かもめ(カルメン・マキ)/さよならだけが人生ならば(カルメン・マキ)/希望(ザ・シャデラックス)/きみの祖国を(ザ・シャデラックス)/春夏秋冬(本田路津子)/赤色エレジー(本田路津子)/チューリップのアップリケ(カルメン・マキ)

主なテレビ出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1971年(昭和46年)/第22回 一人の手 17/25 フランク永井
1972年(昭和47年)/第23回 2 耳をすましてごらん 12/23 西郷輝彦
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゴスペル・インフォメーション・データ