本間千代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本間 千代子
出生名 本間 千代子
生誕 (1945-01-29) 1945年1月29日(71歳)
職業 歌手女優

本間 千代子(ほんま ちよこ、1945年1月29日 - )は、日本歌手女優。本名同じ。長野県上伊那郡伊那町(現・伊那市)生まれ、東京都杉並区育ち[1]音楽プロデューサーひのきしんじ

来歴[編集]

父は日本銀行勤務で二男二女の次女として、戦時疎開先の長野県上伊那郡伊那町(現・伊那市)で生まれる。本間家は佐渡本間氏の出で、現在の新潟県柏崎市で先祖代々地主を務めた[2]。また、酒田本間氏とも同族の関係になる[2]。終戦後の同年10月に東京都杉並区西荻窪に移り、近くの「かしの実幼稚園」に入る。そのころから歌に興味を持ち、NHKうたのおばさん」であった安西愛子(後参議院議員)から童謡を習う。

杉並区立高井戸第四小学校に通うようになってからは「みすず児童合唱団」で歌の勉強を続ける。先生はやがて姉の夫となる当時高校3年生であった冨田勲(後にシンセサイザーアーティストとして著名)であった。その後ポリドール児童合唱団に所属し、昭和26年(1951年)1月にはNHKから『けんけん小雉』『お菓子の汽車』が放送される(同合唱団には倍賞千恵子がいて、その後も友好を保つ)。

小学校4年のとき杉並の杉並区立松庵小学校に転校、この頃から神奈川県横浜市鶴見区にあった「ひばり児童合唱団」に往復4時間かけて通うようになる(同合唱団には松島トモ子がいて,その後も友好を保つ)。合唱団団長の皆川和子に認められ、洗足池近くの氏の家で個人レッスンを受けるようになり(この頃に吉永小百合も個人レッスンを受けており、その後も友好を保つ)、オペレッタ『みにくいあひるの子』に主演し松島トモ子主演『魔法の笛』にも出演する。この頃コロムビア専属の童謡歌手となる(コロムビアでは30数曲の童謡を吹き込む)。

昭和32年(1957年)、姉明子と同じ三鷹台にある立教女学院中等部に入学。東映映画の音楽を担当していた義兄の冨田勲の勧めで撮影所に出入りするようになり山崎所長の知遇を得て、昭和33年(1958年)8月東映児童研修所の第1期生となる。

すぐに堀内甲監督の児童向け映画『六人姉妹』に出演、この映画は翌年教育映画最優秀作品賞を受賞、同時に東映大川社長から顕彰される(教育映画は『くつした』『空をかける友情』など7本に出演)。研修所を卒業し東映児童劇団に進み、昭和36年(1961年)11月にクランクインした高倉健主演のアクション映画でのちにシリーズ化される『恋と太陽とギャング』に千葉真一の妹役・留美子で本格デビュー。その4か月後『歌う明星・青春がいっぱい』に渥美清の妹役・千代子として出演し、清純派としての映画スターの地位を確立する。昭和38年(1963年)9月タクシー乗車中に交通事故に合い額を切るなどで10日間入院するがその後復帰。

昭和38年(1963年)頃から清楚な容姿を生かして青春映画に出演。また透き通る清純な声で多くの青春歌謡を歌った。愛称は「チョコ[3]」。ビデオが普及する少し前だったため残された映像は少なく、幻の青春スターでもある。代表曲は『若草の丘』『愛しあうには早すぎて』『白いボール』などで、LP3枚、EP20数枚のレコードを出したが、今も人気が高く取引されている。代表主演青春映画は『君たちがいて僕がいた』『十七才のこの胸に』『あの雲に歌おう』など、一部はDVDで市販されている。

昭和39年(1964年)には日本映画製作者協会の第九回エランドール賞新人賞を市川染五郎松原智恵子などと共に受ける。この頃人気は過熱し,爆破狂草加次郎を名乗るものから脅迫文が届き警察沙汰になって世間を驚かせた(草加次郎事件は未解決)。当時雑誌の人気投票で吉永小百合を抜いて1位になることもあり[4]ブロマイド売上げでも高位をキープしていた[5]

昭和40年(1965年)度のNHKの大河ドラマ太閤記』で豊臣五奉行の一人浅野長政の妻ややとして出演する。この頃を中心に多くのレコードを吹き込み、青春映画に出演する(“主な出演”を参照の事)。

同年5月22日、急性盲腸炎により入院、手術、月末には退院するが再度入院し翌6月11日に退院の上、翌日には活動再開した[6]

昭和41年(1966年)、歌手の守屋浩と結婚するが、後に離婚。

昭和51年(1976年)、ひばり児童合唱団時代からの幼なじみであったひのきしんじと再婚して芸能界を引退している。また「あたらしかずよ」の名義で作詞を手掛け、その作品『熱愛』(歌・五木ひろし)は、昭和53年(1978年)の日本作詞大賞を受賞。

学生時代から石原裕次郎の熱烈なファンとしても知られ、子育てが一段落し48歳になった平成5年(1993年)に裕次郎の母校に憧れ、慶應義塾大学文学部(通信教育課程)に入学。6年かけて、平成11年(1999年)3月に卒業を果たしている。そして、平成20年(2008年)、日本大学大学院博士課程前期課程に入学、人間科学を専攻。

全国の地域FM局(コミュニティFM)ネットで放送されている「おはようサタデー~思いのままに~ミュージックサンキュー~」(毎週土曜日7:00~9:00)のDJを、夫のひのきしんじとレギュラーで担当している。

2010年9月17日に日本コロムビアから、「青春スター ~ときめきのヒロイン~ 本間千代子・高石かつ枝・高田美和」が発売された。本間千代子の作品は41曲[7]が収録されており、彼女初の本格CD-BOXといえる。

レコード[編集]

(「発売年」「A面」「B面」「コメント」)

  1. 1957年以前、「おうま」(義兄冨田勲作曲)「お人形の病気」「じてんしゃ」「遊園地のうた」「ぽっぽの郵便やさん」「まつりばやし」「サリーとハンスのクリスマスケーキ」「黒ん坊さんのお洗濯」「ちょんちょん田植」「ほうずきちょうちん」「とんがらし畑のぼうしやさん」など36曲 ※SP盤
  2. 1963年1月、「男一匹生きるなら」「白い夜」 ※A面は千葉真一、歌謡コダマ、ソノシート、規格番号:KX1001[8]
  3. 1963年、「幸せになろうよ」※『歌う東映スター』の2曲目A面。ほかは1.「東京紳士」(千葉真一)、2のB面「女の心も知らないで」(小林裕子)、3.「下町野郎」(小川守)、4.「夜の口笛」(三田佳子)を収録。コダマプレス社、ソノシート[9]
  4. 1963年、「若草の丘」「この心ある限り」 ※明星募集歌、東映映画「若草の丘」主題歌(映画は製作されなかったようである)、復刻盤が有る
  5. 1963年、「純愛の白い砂」「私はついてない」 ※復刻盤が有る
  6. 1963年、「―」「蛍の光」 ※A面は舟木一夫、「蛍の光」は小学唱歌
  7. 1964年、「はじめて愛する」「愛しき雲よ」 ※B面は東映映画「あの雲に歌おう」主題歌
  8. 1964年、「―」「さあさ踊ろよ」 ※A面は他歌手、B面は舟木一夫等と一緒
  9. 1964年、「愛しあうには早すぎて」「海ほうずきの頃」 ※A面は東映映画「君たちがいて僕がいた」挿入歌、復刻盤が有る
  10. 1964年、「湖畔の乙女」[10]「小舟で逢ってくださいな」 ※A面の作詞は詩人佐藤春夫
  11. 1964年、「夢のハワイで盆踊り」「わかもの行進曲」 ※A面は舟木一夫などと一緒、B面は高橋元太郎と一緒
  12. 1964年、「からたちの町」「誰かのマンドリン」
  13. 1964年、「―」「ごきげんハイウェイ」 ※A面は他歌手
  14. 1964年、「星のように花のように」「たださびしかっただけ」
  15. 1964年、「夕月の歌」「―」 ※コダマプレス社、ソノシート、昭和27年発表の伊藤久男のカバー曲,B面は他歌手
  16. 1964年、「白い夜」「―」 ※コダマプレス社、ソノシート、B面は他歌手
  17. 1965年、「しあわせな涙」「あなたといっしょに」
  18. 1965年、「チコと一緒に」「東京のためいき」 ※NTVドラマ「チコと一緒に」主題歌
  19. 1965年、「うそでもいいから」「娘たちの季節」 ※フジテレビドラマ「娘たちの季節」主題歌
  20. 1965年、「白いボール」「―」 ※A面は王貞治と一緒
  21. 1965年、「心のキャンパス十二号」「また逢えるわね」
  22. 1965年、「ガラスの靴で踊りたい」「哀愁のシャンデリア」
  23. 1966年、「また逢う日まで」「星につれていって」
  24. 1966年、「月の浜辺で逢ったひと」「悲しい記念日」
  25. 1966年、「山ゆり峠」「私に云わせてさよならは」
  26. 1966年、「若い海」「白いサキソフォン」
  27. 1969年、「三百六十五夜」[11]「恋の曼珠沙華」 ※原曲は新東宝映画「三百六十五夜」主題歌、競作曲
  28. 1964年、LP盤「本間千代子の花のステージ」 ※「私はついていない」を収録
  29. 1964年、10インチ盤「本間千代子のヒット・ショー」
  30. 1964年、LP盤「本間千代子の花のステージ」 ※「来る・こない・来る・こない」を収録
  31. 1964年、EPサイズ、「本間千代子愛唱集」 ※4曲入り
  32. 1964年、コロシートブック、「コロムビアスター特集 本間千代子」[12]、 「若草の丘」「純愛の白い砂」等8曲収録

*本間千代子の曲は,オムニバス方式の懐かしのCDなどに収録されているが,彼女単独のCDは2010年9月に発売された上記がある。

出演[編集]

※太字は主演

映画[編集]

  • 恋と太陽とギャング (1961年) - 留美子
  • 歌う明星 青春がいっぱい (1962年) - 千代子
  • 地獄の裁きは俺がする (1962年) - 藤田リカ
  • アイ・ジョージ物語 太陽の子 (1962年) - 人形の少女
  • 事件記者シリーズ - 雪子
  • 九ちゃんの大当りさかさま仁義 (1963年) - 浦島まゆみ
  • 十一人のギャング (1963年) - 路子
  • 暴力街 (1963年) - 根本真紀
  • 人生劇場 飛車角 (1963年) - お千代
  • 忍者秘帖 梟の城 (1963年) - 木さる
  • 東海一の鬼紳士 (1963年) - 川上ミチ子
  • 最後の顔役 (1963年) - 桜井律子
  • 真田風雲録 (1963年) - 千姫
  • 暴力団 (映画) (1963年) - 宮田澄子
  • 雲切獄門帳 (1963年) - ゆき
  • やくざの歌 (1963年) - 北見紀子
  • わんわん忠臣蔵 (1963年) - カルーの娘時代(声の出演)
  • 東京ギャング対香港ギャング (1964年) - 千代
  • 地獄命令 (1964年) - 足立礼子
  • 警視庁物語 自供 (1964年) - 川井久美子
  • 柔道一代 講道館の鬼 (1964年) - 和子
  • 君たちがいて僕がいた (1964年) - 久保知恵子
  • 夢のハワイで盆踊り (1964年) - 風間美代子
  • 十七才のこの胸に (1964年) - 本田喜代子
  • あの雲に歌おう (1965年) - 主演・原美千
  • ガリバーの宇宙旅行 (1965年) - 紫の星の王女 声優
  • 可愛いあの娘 (1965年) - 主演・三崎智子
  • おゝい、雲! (1965年) - 三島雪子
  • 大忍術映画 ワタリ (1965年) - ツユキ
  • 思い出の指輪 (1968年) - 千代子
  • やくざ非情史 刑務所兄弟 (1969年) - 由紀子

テレビドラマ[編集]

バラエティー番組[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『日本映画人名事典・女優編』キネマ旬報社
  2. ^ a b 女学生の友』 1966年8月号(小学館)188-193ページ
  3. ^ 「チコと一緒に」という主演ドラマは当初「チョコと一緒に」で企画されたが、番組のスポンサーだったヤクルトが反対したという。当時本間が不二家のチョコレートのCMに出演していたため、不二家を利すると考えられたのだろう。また、「“チョコっと一緒に”と聞えてイヤ」という本間自身の要望もあったとか。
  4. ^ 雑誌『明星』、『近代映画』の「映画スター人気投票・女優部門」では、1964年(昭和39年)度・1965年(昭和40年度)と2年連続で吉永小百合に次いで2位にランクインしていた。中間発表の段階では、吉永を押さえて1位になるケースもあった。(当時の『明星』、『近代映画』の記事による)
  5. ^ 1964年(昭和39年)の女性タレントのプロマイド売上枚数は、月間ベースでは吉永小百合を抜いて1位になる事もあったが、年間ベースでは、やはり吉永が1位、本間は2位であった。翌1965年(昭和40年)、1966年(昭和41年)にもベストテンに名を連ねていたが、1967年(昭和42年)以降は上位ランキングから姿を消している。(マルベル堂資料、雑誌「近代映画」の記事による)
  6. ^ 日劇での舞台「チコとボーイフレンド」のリハーサルで彼女の初のワンマンショーである。牟田悌三鈴木やすし等と共演。(1965年6月20日付朝日新聞芸能面)
  7. ^ 本間自身の言葉によれば、今回収録分が彼女のリリースした作品の全てではないという。(FMラジオ2010年10月16日放送分「おはようサタデー~」にて語る。)
  8. ^ 歌謡コダマ”. ソノシート発売状況 / コダマプレス. なつかしのメディア / ソノシート. 2014年11月26日閲覧。
  9. ^ 千葉真一; 本間千代子・小林裕子・小川守・三田佳子. “歌う東映スター”. 別冊歌謡コダマ ; KY-1001. コダマプレス社. 2014年11月26日閲覧。
  10. ^ 当初は高石かつ枝で吹込予定であったが、彼女が1964年2月にクラウンへ移籍した為、急遽本間千代子によってレコーディングされ同年5月に発売されている。尚、1942年(昭和17年)菊池章子の「湖畔の乙女」とは全くの別物である。
  11. ^ この曲は古賀政男邸でレコーディングされたが、僅か1時間で完了したという。(FMラジオ2010年5月8日放送「おはようサタデー~」での本間千代子談。)
  12. ^ 同冊子には、彼女の住所、最寄り駅からの経路、家の特徴などが、写真入で詳細に記載されている。(現在は居住していない)

関連書籍[編集]

  • 藤井淑禎 『御三家歌謡映画の黄金時代 - 橋・舟木・西郷の「青春」- 』 平凡社、2001年11月