杉欣也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
すぎ きんや
杉 欣也
本名 杉 欣也
生年月日 (1956-01-12) 1956年1月12日(61歳)
出生地 日本の旗, 埼玉県所沢市
身長 179cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1978年 - 1988年
配偶者 あり
事務所 東映俳優センター( - 1988年
主な作品
映画
暴力戦士』『嵯峨野の宿』
テレビドラマ
太陽戦隊サンバルカン
『雪の蛍』『若大将天下ご免!

杉 欣也(すぎ きんや、1956年1月12日[1] - )は、日本の元俳優。本名同じ[1]

埼玉県出身[1]。身長179cm[1]桜美林大学中退[1]

来歴・人物[編集]

実父は俳優の杉義一、母は元女優の大野陽子[2]、祖父は俳優・歌手杉狂児。叔父3人(父の弟)も、それぞれ元俳優や映画関係者という役者一家に育つ。父がジャパンアクションクラブ(現・ジャパンアクションエンタープライズ)の重役を務めていた関係で、学生時代より東映のキャラクターによるアトラクションショーにアルバイトとして参加する。ショーに出演していた当時、父の友人でもある、俳優の潮健児に目をかけてもらい、ショーでは戦闘員役だったが、潮がショーで演じていた『仮面ライダー』の、「地獄大使」の前を箒で掃いて素通りするなど、目立つ役柄を与えてもらい、ほかの戦闘員役より待遇を良くしてもらっていた[3]

大学中退後、東映演技研修所を経て東映俳優センターに所属し、本格的に役者を目指す。

テレビドラマ端役を経て、1979年暴力戦士』(東映)で映画デビュー。1981年特撮番組『太陽戦隊サンバルカン』(テレビ朝日)にレギュラー出演し人気を博す。『サンバルカン』出演の経緯は彼の父親である杉義一が吉川進プロデューサーと知り合いだったことによる。35歳になる頃に俳優を引退し、建設関係の仕事に従事する[4]

『サンバルカン』放送開始当時に結婚。撮影当時は大鷲龍介 / 初代バルイーグル 役の川崎龍介の自宅によく泊まっていたという。2004年には川崎らと共にトークショーに参加し、東條昭平監督について「とてもおっかない人で子供にはとても厳しかった」と語っていた。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 新・好色一代男 あんぽんたん物語(1982年、明治座

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b c d e 日本タレント名鑑'83』 VIPタイムズ社、1982年、117頁。
  2. ^ 星を喰った男 1993, p. 281
  3. ^ 星を喰った男 1993, p. 320-321
  4. ^ 「杉欣也 スペシャルインタビュー」『東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJ・デンジマン・サンバルカンの世界』 双葉社2003年、233頁。ISBN 4575295205。

参考文献[編集]

関連項目[編集]