李信恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

李信恵(Lee Sinhae り しね、1971年8月18日[1] - )とは東大阪市出身[1]の韓国籍在日朝鮮人ジャーナリスト

人物[編集]

大阪芸術大学卒。大学在学中より女性誌や地域情報誌でライターとして活動する。卒業後は、フリーライターとして、インターネットのニュースサイト(アジアプレスサーチナガジェット通信)や、日刊ゲンダイに執筆している。日本国内においての差別問題慰安婦問題教育問題などに関する分野の執筆を主に行う。2014年12月にはやよりジャーナリスト賞を受賞[1][2]

2014年8月18日、民族差別的な発言で名誉を傷つけられたなどとして、在特会桜井誠元会長および在特会に550万円、保守速報の運営者に2200万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした[3][4][5][6]。李の訴えによれば、桜井誠は神戸市での街宣活動および短文投稿サイトにて、民族・性別・年齢を侮辱する発言・書き込みを行い、保守速報も民族性を侮辱する書き込みをまとめ記事に掲載した、という[4]。550万円の提訴を受けた桜井誠は「(李信恵による)ネット上でのでたらめな記事について反訴を予定している」とコメントした[7]

2015年1月には自身の初の著書として『#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル』を影書房より出版した[8]。この書のAmazonレビューに、李に対する誹謗中傷が書き込まれる事態となり、影書房からAmazonに対し、削除の要請を行っている[9]

2016年4月、週刊実話誌上に「2015年12月、反差別活動に関わっていた仲間の一人に言い掛かりを付け、全治3週間の重傷を負わせた。その後、周辺が当事件の隠蔽工作を図ったものの、事件に関わった2名は罰金刑に処せられた」旨の記事が掲載されたが、即日「李信恵氏が『加害者でかかわって』いたという事実はなく誤りでした」との訂正・謝罪メッセージが出版元のWebサイト上に掲載された[10]。李がこの事件の被害者に宛てた直筆の謝罪文が公表されており、李は自筆であると認めた上で、自身の公式ツイッターで、「友人同士だった人がトラブルとなり、暴力を振るわれた人に対して、止めることが出来なかったから謝罪文を書いた」旨の記載理由を明かしている[11][12]

著書[編集]

  • 『#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル』 影書房、2015年。ISBN 978-4877144531。

脚注[編集]

  1. ^ a b c やより賞・やよりジャーナリスト賞決定〜ユン・チエンリーさん・李信恵さん
  2. ^ 週刊金曜日ニュース» ブログアーカイブ » 第10回やより賞に運建立さん選ばれる
  3. ^ 「李信恵さん、在特会と保守速報を提訴 ヘイトスピーチめぐり計2750万円の損害賠償求める」ハフィントンポスト、2014年08月19日。
  4. ^ a b “「ヘイトスピーチ、在特会など提訴 在日朝鮮人女性」”. 朝日新聞デジタル. (2014年8月18日). オリジナル2014年8月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140818123146/http://www.asahi.com/articles/ASG8L4RH7G8LPTIL00V.html 
  5. ^ 『ヘイトスピーチ:大阪の女性が提訴…「歯止めにしたい」』、毎日新聞、2014年8月18日。
  6. ^ “<ヘイトスピーチ>ネット発言で在特会提訴へ 在日女性”. Yahoo!Japan. 毎日新聞電子版. (2014年8月15日). オリジナル2014年8月15日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/PEzEV 2015年4月1日閲覧。 
  7. ^ http://www.sankei.com/west/news/140818/wst1408180017-n1.html
  8. ^ 影書房 書籍紹介
  9. ^ アマゾン「カスタマーレビュー」に問題書き込み 出版社が「デマ記載と誹謗中傷」だとして削除要請 : J-CASTニュース
  10. ^ 週刊実話(2016年5月12・19日合併号(56~57ページ))NEWS SCRAMBLE「政治『暴力事件を増加させそうな自公提出ヘイトスピーチ規制法案のザルっぷり』」
  11. ^ 公式ツイッター - 2016年4月29日(6時52分)発信分
  12. ^ https://twitter.com/niraikanai07/status/726033232345493506