李信恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

李信恵 1973年生まれ。 在日コリアン2.5世の女性フリーライター。 読みは「い・のぶえ」「リ・シネ」。愛称は「リンダ」。 厚かましい性格で取材先にことごとく嫌われ、 現在は韓国語ニュースの翻訳と自らが関与した「政治運動」の取材のみに特化。 毎日、ブログのメールやツイッターに100件近くのクレームが殺到し、 それに火に油を注ぐことで炎上マーケティングを展開。 在日イメージの悪化に寄与している。 日本生まれの日本育ちであるにも関わらず、 日本の文化・歴史・政府などを憎悪し、被害妄想が強い。 「悪いのは全て日本のせい」であり、「日本人は加害者」「在日は被害者」という独自の思想を展開。 ツイッターで論破されると相手を「ヘイトスピーチ」「レイシスト」と決めつけ、 侮辱的なリプライを送ってからブロックするので、相手から強く恨まれている。 (本人は「差別へのカウンター」だと信じている)。 自虐史観に対しては、冷静な反論で返してくる者には全て 「ネトウヨ」のレッテルを貼りつけることで精神の安寧を得ている。 http://twitter.com/rinda0818