李信恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

李信恵(Lee Sinhae り しね、1971年8月18日[1] - )とは東大阪市出身[1]の韓国籍在日朝鮮人ジャーナリスト

人物[編集]

大阪芸術大学卒。大学在学中より女性誌や地域情報誌で記者としての活動を行ってきた。社会人となってからはインターネットのニュースサイトではアジアプレスサーチナガジェット通信で、新聞では日刊ゲンダイをはじめとした様々なメディアにおいてライターとして活動を行ってきている。日本国内においての差別問題慰安婦問題教育問題などにも取り組んできている。2014年12月にはやよりジャーナリスト賞を受賞[1][2]

2014年8月18日、民族差別的な発言で名誉を傷つけられたなどとして、在特会桜井誠元会長および在特会に550万円、保守速報の運営者に2200万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした[3][4][5][6]。李の訴えによれば、桜井誠は神戸市での街宣活動で「朝鮮人のババア」と発言し短文投稿サイトに「不逞鮮人」と書き込み、保守速報は「朝鮮半島に帰れ」などの書き込みをまとめ記事に掲載した、という[4]。550万円の提訴を受けた桜井誠は「(李信恵による)ネット上でのでたらめな記事について反訴を予定している」とコメントした[7]

2015年1月には自身の初の著書である『#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル』が影書房より出版された[8]。この書籍は通信販売サイトであるAmazonでも発売されているが、Amazonのレビューに問題とする投稿がされたと李信恵自身は発言している。これは著者や書籍に関する明らかな嘘であり、嘘を基とした著者への誹謗中傷であると李信恵自身は発言している[9]

2013年11月16日、日本文化チャンネル桜の番組「【討論!】決定版!在日問題を考える」に出演し、「在日は国籍です」[要検証 ]との発言をした[10]

著書[編集]

  • 『#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル』 影書房、2015年。ISBN 978-4877144531。

脚注[編集]

関連事項[編集]