李富春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
李富春
Li Fuchun.jpg
生年月日 1900年5月22日
出生地 清の旗 湖南省長沙市
没年月日 1975年1月9日
死没地 Flag of the People's Republic of China.svg 北京市
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党
配偶者 蔡暢

中華人民共和国の旗 国務院副総理
内閣 周恩来内閣
在任期間 1954年9月27日 - 1975年1月9日(病没)
国家主席 毛沢東
劉少奇
テンプレートを表示
李富春
職業: 政治家
各種表記
繁体字 李富春
簡体字 李富春
拼音 Lǐ Fùchūn
和名表記: り ふしゅん
発音転記: リー・フーチュン
テンプレートを表示

李富春(り ふしゅん、リー・フーチュン、1954年9月27日 - 1975年1月9日)は中華人民共和国の政治家。党務では中央書記処書記、中央政治局常務委員会委員を歴任。中央政府においては国務院副総理、国家計画委員会主任を歴任。夫人は、中華全国婦女連合会主席を務めた蔡暢である。

経歴[編集]

1900年5月22日、湖南省長沙に生まれる。長沙では幼少期と学生時代をすごし、長郡中学から1919年に毛沢東らが組織した留仏苦学生の一員としてフランスに渡る。1922年に中国共産党パリ支部にて中国共産党に加入し、1923年に蔡暢と結婚する。1925年にソビエト連邦に渡り学び、同年中国に帰国する。1926年、国民革命軍北伐に加わり第2軍党代表兼政治部主任を務めた。国共分裂後、江西省中国共産党根拠地に入り省委員会代理書記を務める。その後反包囲討伐戦争、長征日中戦争、第2次国共内戦に参加し、共産党が中国本土全体の権力奪取するのに重要な貢献をした。

1934年、長征に加わり紅軍総政治部副主任、紅軍第3軍団政治委員を務めた。延安に到達後は陝甘寧辺区党委員会書記となる。日中戦争期は、中国共産党中央秘書長、中国共産党中央組織部副部長、財政経済部部長、弁公庁主任を歴任する。第2次国共内戦期は、中国共産党中央西満分局書記、中国共産党中央東北局常務委員、副書記、東北人民政府副主席、東北軍区副政治委員を歴任する。

中華人民共和国成立後、政務院政務委員、政務院財政経済委員会副主任、中央人民政府重工業部部長、国家計画委員会副主任、主任を歴任する。1954年9月29日、国務院副総理に任命[1]。第2期から第4期まで全国人民代表大会代表に選ばれている。

党務では、1956年9月28日の第8期1中全会において中央政治局委員に選出され[2]、1958年には第8期中央書記処書記を兼務した。1966年から第8期中央政治局常務委員会委員を務めたが、第9期、第10期は、1960年に李が提案した経済の調整政策(八字方針)が批判され選ばれなかった。中央委員会委員だけは第7期から第10期まで務めた。

文化大革命では、李が提案した経済調整政策が実権派(走資派)と見なされ政治弾圧を受け迫害された。1975年1月9日北京にて病没する。75歳であった。

評価[編集]

建国初期において中央政府が経済開発計画(第一次五カ年計画)を立てる上で重要なポストを担った。第一次五カ年計画では急激な社会主義化(農業の集団化など)を進めた。高崗自殺後、国家計画委員会主任に昇格し、その後も計画経済の立案指導にあたったが、第二次五カ年計画は毛沢東が深く介在し農業・工業の大増産を企図し実施された。いわゆる大躍進政策である。その結果は大失敗に帰し、多くの餓死者を出すこととなり毛の失脚に繋がった。国民経済の大幅な後退からの復興を狙い、1960年8月、李富春は国民経済調整提案(八字方針)を提案した。しかし文化大革命期には左派からその経済政策が実権派(走資派)的であり反革命的であるとして、政治弾圧を受けた。

脚注[編集]

  1. ^ 歴任国務院主要領導人名単 (中国語)
  2. ^ 中共八届一中全会選出新的中央机构 (中国語)

参考文献[編集]

  • 中国研究所(編) 『新中国年鑑1964』 極東書店、1964年。