村松英子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
むらまつ えいこ
村松 英子
本名 南日 英子(旧姓:村松)
生年月日 (1938-03-31) 1938年3月31日(79歳)
出生地 日本の旗 日本東京市淀橋区西大久保(現・東京都新宿区大久保
身長 162㎝
血液型 B型
職業 女優詩人
ジャンル 舞台・テレビドラマ映画
活動期間 1955年 -
配偶者 南日恒夫
著名な家族 村松常雄(父)、田部隆次(祖父)
村松剛(兄)、村松えり(娘)
所属劇団 文学座(1955年-1963年)
劇団雲(1963年-1964年)
劇団NLT(1964年-1968年)
浪曼劇場(1968年-1972年)
サロン劇場(1995年-)
主な作品
テレビドラマ
あかつき』(1963年)
舞台
班女』(1965年)

村松 英子(むらまつ えいこ、1938年(昭和13年)3月31日[1] - )は、日本女優詩人東京都出身。身長162cm、体重50kg。父は精神医学者の村松常雄、母方の祖父は田部隆次。実兄は文芸評論家の村松剛。兄の友人三島由紀夫の弟子で演劇活動を引き継いでいる[2]再従兄弟に当たる夫の南日恒夫(日本テレビ勤務の技師)は南日恒太郎の孫。本名は南日英子[1]

来歴・人物[編集]

東京市淀橋区西大久保(現・東京都新宿区大久保)で誕生[3]学者一家の家庭に生れ、父・村松常雄の書斎で『マザーグース』『ペロー童話集』などを読み聞かされて育つ[2]。芝居好きの祖母は英子を歌舞伎に連れていくこともあった[2]

日本女子大学附属豊明小学校の10歳の頃、兄・村松剛の影響でに親しみ、毎年夏に避暑に行く信濃追分で兄から『立原道造詩集』を買ってもらったのをきっかけに、自身も詩を書いたりするようになる[2]

日本女子大学附属中学校・高等学校日本女子大学英文科を卒業後に、慶應義塾大学大学院英文学科修了[1][2][4]。大学院ではエリオットを研究した[2]

日本女子大学在学中に文学座に入団し、その後、座員に昇格。1956年(昭和31年)に初舞台『女の一生』に出演した[1]1961年(昭和36年)に再従兄弟の南日恒夫と結婚[2]。同年11月に楽屋当番をしている時、杉村春子に『十日の菊』公演初日の花束を持って来た三島由紀夫と初対面した[2][5]

1963年(昭和38年)の「喜びの琴事件」で、三島、中村伸郎らと共に文学座を脱退し、劇団雲を経てグループNLTに所属[5][2]。英子の資質を認めていた三島に指導を受け、『班女』など三島戯曲の舞台に多数出演した[5][2]。1968年(昭和43年)には再び三島らと共にNLTを脱退し、劇団浪曼劇場の旗揚げに参加した[5][2]

1966年(昭和41年)、第一回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した。1971年(昭和46年)1月24日の三島の葬儀に際しては、(本人は初め辞退したが遺族の強い希望で)演劇界代表で弔辞を読んだが嗚咽を抑えきれなかった[6][2][7]。英子は三島没後にカトリックの洗礼をうけ信者となった[2]

夫(日本テレビ社員だったがすでに物故している)との間に高齢で出来た2人の子の育児や主婦業などでしばらく演劇活動は休止していたが、1995年(平成7年)から再開。演劇ユニット「サロン劇場」を主宰し演出家でもあり、『近代能楽集』、『鹿鳴館』、『薔薇と海賊』など多くの三島戯曲を公演している[6][2][8]。娘・村松えりも「サロン劇場」の舞台女優である[9]

学生時代より詩作をしており、詩集をはじめ、育児や人生論に関する書籍を数冊出版している[2][4]

1983年(昭和58年)より長年、鳥取女子短期大学北海学園大学、慶應義塾大学での客員講師(鳥取女子短期大学では、1993年に英文科教授に昇格)を歴任し、1993年(平成5年)開館の倉敷市劇場「芸文館」の初代館長を務めた[4][1]

なお、日本会議代表委員を務めている[10]

主な出演[編集]

出典は[2][4][11][12][1][8][13][3][14][15][16]

舞台[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

著書[編集]

出典は[2][4][1][17][18]

詩集[編集]

  • 『ひとつの魔法』 ユリイカ、1960
  • 『一角獣』 サンリオ出版、1973 (現代女性詩人叢書)

随筆等[編集]

  • 『天使とのたたかい 詩人女優の母としての記』 主婦の友社、1979
  • 『愛はわが家から 村松英子の子育て奮戦記』 講談社、1983
  • 『私のたったひとつの望いに 女・詩・演劇』 文化出版局、1985
  • 『貴女への贈りもの 人生で一番大切なこと』 中央書院、1999
  • 『こころの花 あなたと共に』 講談社、2003
  • 『三島由紀夫追想のうた 女優として育てられて』 阪急コミュニケーションズ、2007

訳書[編集]

  • 『世界の愛の詩集』 ルック社、1966
  • 『わが子を抱きしめ、さとす「一分間のしつけ」』(ジェラルド・E.ネルソン著)三笠書房、1985

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 広瀬正浩「村松英子」(事典 2000, pp. 612-613)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 「第四章 新劇女優 村松英子」(岡山 2016, pp. 135-174)
  3. ^ a b 村松英子 - KINENOTE
  4. ^ a b c d e 著者略歴(英子 2007, p. 200)
  5. ^ a b c d 「出逢いから傍に落ち着くまで」「先生のお傍で」(英子 2007, pp. 12-34)
  6. ^ a b 「三島先生の葬儀」「付記として」(英子 2007, pp. 131-145)
  7. ^ 「第八章」(年表 1990, pp. 229-245)
  8. ^ a b 鈴木靖子「村松英子」(旧事典 1976, p. 413)
  9. ^ “移動しながら謎解き劇 村松英子の「サロン劇場」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年11月25日). オリジナル2016年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161201145415/http://www.asahi.com/articles/photo/AS20151125002535.html 
  10. ^ 遠藤悠樹(編)、日本会議の人脈、三才ブックス、2016年。
  11. ^ 「三島先生の言葉から」(英子 2007, pp. 11-146)
  12. ^ 「戯曲編」(英子 2007, pp. 147-193)
  13. ^ 85回史 2012
  14. ^ 村松英子 - allcinema
  15. ^ テレビドラマデータベース「村松英子」
  16. ^ Drill Spin データベース「村松英子」
  17. ^ CiNii Books「村松英子」
  18. ^ 国会図書館リサーチ「村松英子」

参考文献[編集]

  • 井上隆史; 佐藤秀明; 松本徹編 『三島由紀夫事典』 勉誠出版2000年11月ISBN 978-4585060185。 
  • 井上隆史; 佐藤秀明; 松本徹編 『同時代の証言 三島由紀夫』 鼎書房、2011年5月ISBN 978-4907846770。 
  • 岡山典弘 『三島由紀夫が愛した美女たち』 啓文社書房、2016年10月ISBN 978-4899920205。 
  • 長谷川泉; 武田勝彦編 『三島由紀夫事典』 明治書院1976年1月NCID BN01686605 
  • 松本徹 『三島由紀夫――年表作家読本』 河出書房新社1990年4月ISBN 978-4309700526。 
  • 松本徹監修編 『別冊太陽 日本のこころ175――三島由紀夫』 平凡社2010年10月ISBN 978-4582921755。 
  • 村松英子 『三島由紀夫 追想のうた ――女優として育てられて』 阪急コミュニケーションズ2007年10月ISBN 978-4484072050。 
  • 村松剛 『三島由紀夫の世界』 新潮社1990年9月ISBN 978-4103214021。  - 文庫版は1996年10月 ISBN 978-4101497112
  • 『決定版 三島由紀夫全集42巻 年譜・書誌』 新潮社、2005年8月ISBN 978-4106425820。 
  • 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』 キネマ旬報社キネマ旬報ムック〉、2012年5月ISBN 978-4873767550。 

関連項目[編集]