村田渚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
村田 渚
本名 村田 渚
生年月日 (1971-07-29) 1971年7月29日
没年月日 (2006-11-11) 2006年11月11日(満35歳没)
出身地 日本の旗 三重県鈴鹿郡関町
(現亀山市
血液型 O型
身長 168cm
コンビ名 フォークダンスDE成子坂(1989年 - 1999年)
鼻エンジン(2005年 - 2006年)
相方 桶田敬太郎(フォークダンスDE成子坂)
松丘慎吾(鼻エンジン)
芸風 コント
事務所 ホリプロ→フリー→ホリプロコムソニー・ミュージックアーティスツ
活動時期 1989年 - 2006年
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
笑いの金メダル
など

村田 渚(むらた なぎさ、男性、1971年7月29日 - 2006年11月11日)は、日本お笑い芸人。血液型O型。身長168cm。三重県鈴鹿郡関町(現・亀山市)出身、三重県立上野高等学校卒業。関係者からは、「笑いを追求する」ことで知られた。

経歴[編集]

高校2年生の時に、中学校からの同級生である桶田敬太郎を誘い、コンビを結成する。二人で話し合いながら短時間でネタを作るという形で、三重のホリプロにネタ見せを行っていた。高校卒業後は、新幹線で東京まで毎月お笑いライブに通い、ホリプロお笑い班の研究生としてホリプロに入る。当初はコントと漫才をやっており、漫才をする時は「前三ツ」というコンビ名を使っていた。

1991年、「フォークダンスDE成子坂」(ツッコミ担当)としてデビュー。テレビ朝日系『GAHAHAキング 爆笑王決定戦』で第2代チャンピオンになり、当時若手としては珍しいほどのスピードで、全国区に名前を売る。その後、フジテレビ系のバラエティ番組『タモリのボキャブラ天国』に出演し、爆笑問題海砂利水魚(現くりぃむしちゅー)ネプチューンらと共に人気を博した。

1999年、「フォークダンスDE成子坂」解散後、ホリプロを離れ、2000年から元・ピテカンバブーの佐野忠宏(現・コトブキツカサ)と路上トークライブを行なうなどフリーのピン芸人として活動を開始。しばらくフリーで活動した後、ホリプロ系列会社・ホリプロコムに戻るも、2005年3月31日付で再び契約解消となる。

同年5月、元坂道コロンブス松丘慎吾と新コンビ「鼻エンジン」を結成し、ソニー・ミュージックアーティスツに所属。結成から程なくしてM-1グランプリ2005に出場し準決勝まで勝ち残った。翌年のM-1グランプリ2006でも3回戦まで勝ち進んだ。

突然の死[編集]

2006年11月12日東京都品川区の自宅マンションで倒れていた所を発見される。発見時、既に息を引き取っていた。所属事務所によると数日前より松丘など周囲に頭痛などの体調不良を訴えていたが、検死により11日未明にクモ膜下出血のため急逝していた事が判明。まだ35歳という若さだった。戒名、微笑一道居士。 当時の相方の松丘や元相方の桶田をはじめとした、多くのお笑い芸人や放送作家がその死を惜しんだ。

生涯最後の出演は2006年12月15日(16日午前0時より)の爆笑オンエアバトル。番組の最初と最後のテロップで「鼻エンジンの村田渚さんは11月11日に亡くなられました ご冥福をお祈りします」と表示された(収録時はオフエアだったため遺族との相談の結果、放送には至らなかった)。爆笑オンエアバトルのホームページにも訃報が表示された。

2007年とくダネ!の「温故知人」のコーナーで取り上げられ、母親や三村マサカズらのインタビューで構成された内容が放送される。

2007年に東京メトロ有楽町線千川駅近くにソニー・ミュージックアーティスツのお笑い部門常打ちライブハウスとしてオープンした『Beach V』は、「村田の遺志を継いでいこう」というコンセプトの元、村田の村=VILLAGEからV、渚=Beachと村田の名前を由来としている。

人物・エピソード[編集]

  • 歌手の平井堅、作家の伊藤たかみらとは高校の同級生。
  • 笑いを追求することで知られ、突っ込みの間の入れ方は、芸人仲間の間で「天才」と称されたほどである。かつての相方の桶田を太田光爆笑問題)は「あいつは天才過ぎて売れなかった」と評しているが、村田に対しても「渚のツッコミは本当に上手かった」と語っている。
  • 「いつかは自分の番組の司会をやりたい」と考える芸人が多いとされる中で、「いつまでも漫才(コント)をやっていたい」と考えていた。これは番組でヒロミB21スペシャル)が発言した。
  • フォークダンスDE成子坂時代に舞台上で白目をむいて倒れたことがある。2分ほどの出来事だったが、村田には記憶がなく、自分が倒れている間舞台上でどうしていたかを聞いた際に桶田が「もしかしたらウケ狙いなのかもしれないと思って(ただその様子を)見てた」と当然のように答えたため、「お前おかしいやろ!」というニュアンスの発言をしたことがある。
  • ファンに対しても優しく、出待ちをしていたファンから「握手をしてほしい」と言われたら手袋を外して握手をしたり、トークライブではファンを気遣うなどの逸話がある。この優しい性格は昔からのものであり、貧しい人の為に5000円のお小遣いの中から4000円を募金したこともあったという。
  • その暖かな人柄のため、芸人仲間からの信頼は非常に厚かった。彼の死後、たくさんの芸人たちのブログに、早すぎる死を惜しむ書き込みがあった。特に当時とかつての相方である、松丘と桶田の受けたショックは大きかった。松丘は芸能界引退を考えるほどまいってしまい、桶田は葬儀で号泣したという。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

生放送の番組で、2006年11月10日が最後の番組出演となった。

VHS/DVD[編集]

  • フォークダンスDE成子坂
フォークダンスDE成子坂LIVE 「自縛」全6巻(1~5巻と蔵出し)
ボキャブラ天国 公式ビデオ Vol.1〜3
ホリプロお笑いライブ芸腕グランプリ1・2
ギャグ・ウォーズ2
  • 村田 渚
ホリプロお笑い紅白ネタ合戦
  • 鼻エンジン
M-1グランプリ 2005 完全版 〜本命なきクリスマス決戦!“新時代の幕開け”〜
群雄割拠!SMAお笑いカーニバル