杜澤泰文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
とざわ たいぶん
杜澤 泰文
本名 杜澤 泰文(とざわ やすのり)
別名義 杜沢 泰文
杜澤たいぶん
生年月日 (1947-02-08) 1947年2月8日(70歳)
出生地 日本の旗 日本, 埼玉県
民族 日本人
ジャンル 俳優
活動期間 1970年代 - 現在

杜澤 泰文(とざわ たいぶん、本名:とざわ やすのり、1947年2月8日[1] - )は、日本の俳優1970年代までの表記は杜沢 泰文埼玉県出身[1]。オフィスBen所属。以前は宝映テレビプロダクションに所属していた。

来歴・人物[編集]

埼玉県立浦和高等学校卒。劇団青俳出身[1]。少年向けテレビドラマ走れ!ケー100』ではペテン師役でレギュラー出演し、ケー100の人気を利用して金儲けを企むが失敗を繰り返すコミックリリーフを演じた[1]

狂気を帯びた悪役も多く、1970年代から1980年代にかけては刑事ドラマチンピラ役・犯人役などでも活躍し、サスペンスドラマにも数多く出演した。近年は「杜澤たいぶん」の名義を用い、時代劇作品では悪家老悪奉行悪徳商人役などで貫禄のある演技を見せている。

絵画にも才能を発揮し、2009年には二科展千葉県より入選している[2][1]

エピソード[編集]

  • 1971年頃に銀座のクラブでアルバイトでシャンソン歌手として働いており、その時に俳優・殺陣師の上西弘次と知り合った[1]。上西の紹介で『スペクトルマン』『ワイルド7』『太陽にほえろ!』などに出演し、劇団青俳へ所属するに至った[1]
  • 『走れ!ケー100』では、ペテン師役であったためロケ先で子供たちから蹴られるなどしていた[1]。一方で、小さな少女からサインを求められたこともあり、これが杜澤にとって初めてのサインであったという[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 特撮秘宝3 2016.
  2. ^ 2009年度 第94回二科展入選者一覧”. 社団法人 二科会 公式ホームページ. 2010年3月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「INTERVIEW 杜澤たいぶん」、『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社2016年3月13日、 pp.69-71、 ISBN 978-4-8003-0865-8。

関連項目[編集]