東京佼成ウインドオーケストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

東京佼成ウインドオーケストラとうきょうこうせいウインドオーケストラ、Tokyo Kosei Wind Orchestra)とは立正佼成会を母体とした日本のプロ吹奏楽団である[1]

概要[編集]

『鑑賞する吹奏楽』の普及をめざし、室内楽のような小編成の楽曲から、大編成の楽曲まで様々な規模で演奏している。

1960年5月、宗教法人立正佼成会式典行事のための楽団「東京佼成吹奏楽団」の名称、20数名の団員で発足した。当時、日本国内における吹奏楽団の指揮者の多くは軍楽隊出身者であったが、当楽団はいち早くクラシック界から指揮者を招き、活動の幅を広げた。

1970年代に入り、真のプロ吹奏楽団の道を歩むために新しい組織作りを模索する。これをきっかけとして常任指揮者を迎えると共に、1973年に名称を東京佼成ウインドオーケストラと改称した。

1980年以降、海外から積極的に指揮者を招き、コンサートレコーディングを行っている。これまでにレコーディングしたLP及びCDは300タイトルを超えている。[要出典] 一時、レコーディングの大部分を担っていた関連会社佼成出版社が音楽事業を廃止したためにCDの発売が滞っていたが、近年、積極的なCDリリースを再開している。[要出典]

全日本吹奏楽コンクール向け課題曲参考音源のCD録音は、1977年から1998年までは東京佼成ウインドオーケストラが単独で行っていたが、1999年以降は大阪市音楽団(現在のOsaka Shion Wind Orchestra)と2年おきに行っている。

2013年には、文化庁が主催する『文化芸術による子どもの育成事業』に、プロの吹奏楽団として初登場。吹奏楽を通しての教育事業を熱心に展開、サポートしている。(2014年、2016年にも参加している)

歴史[編集]

指揮者[編集]

定期演奏会(東京)[編集]

定期演奏会(大阪)[編集]

これまでの委嘱作品一覧[編集]

  • 2015年 中橋愛生 陽炎(かぎろひ)の樹-吹奏楽のための
  • 2013年 伊藤康英 ラ・フォリア~吹奏楽のための小協奏曲
  • 2013年 村田陽一 Falcon for Solo Bass Trombone
  • 2013年 植松伸夫 組曲「妖精の森」
  • 2012年 藤倉大 “my butterflies” for wind orchestra
  • 2012年 山内雅弘 主題のないパッサカリア
  • 2012年 山口尚人 Four Inspirations
  • 2012年 (佐村河内守) 祈り
  • 2012年 P.スパーク 希望の彼方へ -LOOKING UP, MOVING ON-
  • 2011年 長生淳 Paganini Lost in Wind
  • 2011年 真島俊夫 “地球” –美しき惑星-
  • 2008年 北爪道夫 雲の変容
  • 2007年 松下功 飛天の祈り
  • 2004年 D.グランサム 舞楽
  • 2002年 A.ゴーブ ニルヴァーナ
  • 2002年 松下功 飛天の舞
  • 2001年 真島俊夫 三つのジャポニスム
  • 1997年 兼田敏 バラードⅣ
  • 1995年 磯崎敦博 予祝歌
  • 1995年 稲垣卓三 チューバのための小品
  • 1995年 伊藤康英 吹奏楽のための「メロディ」
  • 1992年 J.アンドリーセン サクソフォン四重奏のためのコンチェルト・グロッソ
  • 1991年 P.スパーク セレブレイション
  • 1991年 真島俊夫 クワイアット・コール
  • 1990年 上岡洋一 普門バンドフェスティバルマーチ「光る風」
  • 1990年 兼田敏 30周年記念ファンファーレ
  • 1990年 木村政巳 アラ・マルチア
  • 1990年 伊藤康英 交響曲
  • 1989年 森田一浩 普門バンドフェスティバルマーチ
  • 1988年 A.リード サリュテーションズ!
  • 1988年 宮澤一人 普門バンドフェスティバルマーチ
  • 1986年 光田健一 ザ・カラフル・デイドリーム
  • 1986年 平井哲三郎 普門バンドフェスティバルマーチ「躍進」
  • 1983年 A.リード ロータス・スートラ(法華経)からの3つの啓示
  • 1979年 R.ジェイガー セレモニーズ
  • 1977年 兼田敏 シンフォニック・ヴァリエーション
  • 1976年 R.ジェイガー 交響曲第2番「三法印」
  • 1972年 伊福部昭 ブーレスク風ロンド

著名なメンバー[編集]

テレビ出演[編集]

ラジオ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「東京佼成ウィンドオーケストラ」と表記されることもあるが、正式には「イ」を小さくしない。