東京太・ゆめ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

東京太・ゆめ子(あずまきょうた・ゆめこ)は漫才協会落語芸術協会所属の夫婦漫才コンビ。1976年結婚、1993年結成。2010年文化庁芸術祭大衆芸能部門で大賞受賞。

メンバー[編集]

東 京太(あずま きょうた、1943年7月21日 - 、本名:菅谷利雄 )

東京都台東区出身。疎開のため栃木県真岡市で育った。ボケ担当。
デビュー当初に瀬川伸のショーの司会をしたことがあった。
1961年松鶴家千代若・千代菊に入門。翌年『鶴田松夫・竹夫』というコンビを結成したが、2年で解散。
1963年 - 1985年東京二・京太として活動。解散後、漫談や司会業をしばらくしたのち、漫才に復帰。
競輪評論家としてピンでも活動。

東 ゆめ子(あずま ゆめこ、1950年1月22日 - 、本名:菅谷アサエ)

福岡県北九州市出身。ツッコミ担当。

芸風[編集]

栃木弁の抜けない京太が、ゆめ子に押され気味で進んでいく夫婦漫才。

  • 京太が言い返そうとするが「そうなんですよ」としか言い返さない。
  • 京太が何かを言おうとするが「あれだよ、あれだよ…あれだよ」と言って出てこない。
  • なれそめを話し合うが、ゆめ子が「〇〇の場所で〇〇したじゃない」と言うと、京太は「母ちゃん、それオレじゃないよ」と言う。
  • 京太が渾身のオチを披露するもゆめ子が軽くスルー。「家(うち)でノせといて舞台で裏切るなんてあんまりだよ。」と京太が怒る。
  • 京太がふてくされて「もう茶碗洗わない」と言う。ゆめ子に「じゃあ、ごはん作らないよ」と言われると「オレ、茶碗洗うよ」と折れる。
  • 二人で顔を見合って「んー…ねっ!」
  • ネタ終わりのフレーズは「母ちゃん、もう帰ろうよ!」。師匠の松鶴家千代若・千代菊の漫才を継承したもの。

出演番組[編集]

参考文献[編集]

  • 「東京漫才列伝」(東京新聞出版局)