東京瓦斯電気工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

東京瓦斯電気工業(とうきょうがすでんきこうぎょう、Tokyo Gas Electric Engineering Co.,Ltd.TGE)は、大正昭和初期に鉄道車両自動車航空機、その他を手がけた機械製造会社航研機を組み立てた航空機メーカーでもある。いすゞ自動車日野自動車ハスクバーナ・ゼノアの前身で、小松製作所DMG森精機にも事業の一部が引き継がれている。略称瓦斯電(ガスデン)。日立航空機も参照のこと。

沿革[編集]

発足は1885年(明治18年)東京府から瓦斯局の払い下げを受けた「東京瓦斯会社(後の東京ガス)」の機械部門が1910年(明治43年)に独立してガス器具製造から始まり、砂型鋳物の技術から発展してエンジンなどの鋳鋼製品に進出した。関東大震災後の復旧に際して、横浜市電500形も製造した。

自動車関係[編集]

TGE-A型

航空機関係[編集]

鉄道車両[編集]

補足[編集]

  1. ^ 瓦斯電の取引銀行筋の異論が原因で合併タイミングにずれが生じた
  2. ^ 代表取締役社長に松方五郎、取締役に星子勇の名がある。
  3. ^ 代表取締役社長は陸軍中将林桂

参考文献[編集]

  • 国産トラックの歴史グランプリ出版 ISBN 4-87687-276-7
  • モータービークル
  • 軍用自動車入門 光人社 ISBN 4-7698-2267-7
  • 陸軍機械化兵器 銀河出版 ISBN 4-906436-62-5
  • 国産車100年の軌跡 三栄書房 1978年

関連項目[編集]