東京2歳優駿牝馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
東京2歳優駿牝馬
TOKYO 2SAI YUSHUN HINBA[1]
「第39回東京2歳優駿牝馬」でゴールする瞬間の勝利馬モダンウーマン(2015年12月31日).JPG
第39回の勝利馬モダンウーマン
開催国 日本の旗日本
主催者 特別区競馬組合南関東公営
競馬場 大井競馬場
創設 1977年12月20日
2016年の情報
距離 ダート1600m
格付け 南関東SI
賞金 1着賞金2000万円
出走条件 サラブレッド系2歳牝馬(地方全国交流)
負担重量 定量(54kg、南半球産3kg減)
出典 [2]
テンプレートを表示

東京2歳優駿牝馬(とうきょうにさいゆうしゅんひんば)は、特別区競馬組合大井競馬場で施行する地方競馬重賞競走(南関東SI)である。

副賞は、特別区競馬組合管理者賞、東京都馬主会理事長賞(2016年)[3]

概要[編集]

1977年に日本初の3歳(現2歳)牝馬による重賞競走「東京3歳優駿牝馬(とうきょうさんさいゆうしゅんひんば)」の名称で創設[4]。2001年より馬齢表記が国際基準へ変更されたのに伴い、現名称となった。施行距離はスタンド工事のため10m短縮された2001年と2002年を除き、1600mで定着している。施行時期は創設時より12月開催で定着しており、2007年以降は開催日も12月31日で固定された。

2010年から地方競馬全国交流競走として施行され、他地区地方競馬所属馬も出走が可能になったほか、GRANDAME-JAPAN(2歳シーズン)の最終戦に指定された[5]

歴代の優勝馬には大井記念のほか中央競馬でも重賞を2勝したパルブライトのほか、ツキメリー(メリーナイスの母)やラドンナリリー(リンデンリリーの母)など、繁殖馬として日本中央競馬会(JRA)GI優勝馬の母となった馬もいる。また、ホッカイドウ競馬でデビュー後に南関東へ移籍した馬が2007年から2012年まで6年連続優勝した[6]

条件・賞金(2016年)[編集]

出走資格
サラブレッド系2歳牝馬
  • 南関東地区所属馬
  • 他地区地方競馬所属馬(3頭以下[7]
ローレル賞で3着以内に入着した南関東地区所属馬には、本競走の優先出走権がある[2]
負担重量
定量(54kg、南半球産馬3kg減)[2]
賞金額
1着2000万円、2着700万円、3着400万円、4着200万円、5着100万円[2]、着外手当20万円[8]

歴史[編集]

  • 1977年 - 南関東所属の3歳牝馬限定競走「東京3歳優駿牝馬」の名称で創設、大井競馬場のダート1600mで施行。
  • 1995年 - 南関東グレード導入、(南関東)G1に格付け。
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、競走条件を「サラ系2歳牝馬(南関東所属馬)」に変更。
    • 名称を「東京2歳優駿牝馬」に変更。
    • 大井競馬場のスタンド工事により、施行距離を10m短縮(2002年まで)。
  • 2007年 - 重賞格付表記を(南関東)SIに変更。
  • 2010年
    • 地方競馬全国交流競走に指定。
    • 競走条件を「サラ系2歳牝馬(地方所属馬)」に変更。
    • GRANDAME-JAPAN(2歳シーズン)に指定。

歴代優勝馬[編集]

走路はすべてダートコース。

競走名は第24回まで「東京3歳優駿牝馬」、第25回以降は「東京2歳優駿牝馬」。

施行日 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
1 1977年12月20日 1600m リマンドタイコウ 牝2 大井 1:41.1 高橋三郎 鈴木冨士雄 (合)太興
2 1978年12月19日 1600m ユウコークイン 牝2 船橋 1:43.2 石崎隆之 斉藤速人 亀山友次
3 1979年12月13日 1600m ツキメリー 牝2 船橋 1:41.8 古市修二 武井喜和十 浦房子
4 1980年12月10日 1600m テスコフアイヤー 牝2 船橋 1:41.5 高橋三郎 安藤栄作 (有)大野商事
5 1981年12月21日 1600m ラドンナリリー 牝2 川崎 1:42.9 篠原久雄 佐藤鉄次 五十嵐登
6 1982年12月14日 1600m サーペンスール 牝2 大井 1:41.7 山口勲 鶴田憲吉 市川清一
7 1983年12月6日 1600m グレイスタイザン 牝2 川崎 1:43.8 森下博 佐々木國廣 船橋泰三
8 1984年12月5日 1600m スービツクマギー 牝2 大井 1:43.0 佐々木竹見 福永二三男 鈴木隆
9 1985年12月9日 1600m トミアルコ 牝2 大井 1:42.5 宮浦正行 田中康弘 富岡喜平
10 1986年12月8日 1600m スタードール 牝2 大井 1:46.1 山崎尋美 佐野誠三 門別弘一
11 1987年12月9日 1600m シナノエンペリー 牝2 大井 1:44.6 宮浦正行 荒井勝弘 河田信保
12 1988年12月14日 1600m エスエスレデイー 牝2 大井 1:44.5 的場文男 長沼正義 根岸茂
13 1989年12月6日 1600m ホクトフローラ 牝2 船橋 1:45.2 秋田実 成田清輔 森滋
14 1990年12月11日 1600m フジノリニアー 牝2 川崎 1:44.6 山崎尋美 山崎三郎 野武芳夫
15 1991年12月4日 1600m カシワズプリンセス 牝2 川崎 1:42.5 野口睦三 高橋正豪 柏木善治郎
16 1992年12月16日 1600m アーデルエルザ 牝2 大井 1:43.7 鈴木啓之 小筆昌 芹田鶴子
17 1993年12月8日 1600m ニイタカローズ 牝2 川崎 1:42.8 佐々木竹見 新貝一雄 藤本富士子
18 1994年12月21日 1600m パルブライト 牝2 大井 1:44.1 藤江昭徳 荒居貴美夫 木浪巖
19 1995年12月19日 1600m ハイフレンドムーン 牝2 大井 1:43.8 石崎隆之 竹原眞一 髙橋顕輔
20 1996年12月11日 1600m セイントサブリナ 牝2 大井 1:42.3 張田京 荒井勝弘 内海正章
21 1997年12月10日 1600m ダイアモンドコア 牝2 川崎 1:44.1 森下博 井上宥蔵 (株)システムコア
22 1998年12月2日 1600m テーケーレディー 牝2 川崎 1:44.8 森下博 福島幸三郎 加藤富保
23 1999年12月9日 1600m トミケンブライト 牝2 大井 1:43.0 的場文男 寺田新太郎 (有)トミケン
24 2000年12月6日 1600m ベルモントデーンズ 牝2 大井 1:42.6 的場文男 長沼正義 (有)ベルモントファーム
25 2001年12月28日 1590m ラヴァリーフリッグ 牝2 船橋 1:41.2 石崎隆之 出川克己 村中徳広
26 2002年12月30日 1590m パレガルニエ 牝2 川崎 1:42.0 今野忠成 池田孝 加藤信之
27 2003年12月30日 1600m ビービーバーニング 牝2 川崎 1:41.7 甲斐年光 武井榮一 (有)坂東牧場
28 2004年12月30日 1600m アサティスジョオー 牝2 大井 1:42.7 張田京 庄子連兵 池上重徳
29 2005年12月30日 1600m ダガーズアラベスク 牝2 船橋 1:42.8 内田博幸 川島正行 ダーレー・ジャパン・レーシング(有)
30 2006年12月30日 1600m ブラックムーン 牝2 大井 1:41.8 的場文男 寺田新太郎 中村好太郎
31 2007年12月31日 1600m マダムルコント 牝2 川崎 1:42.5 町田直希 田邊陽一 栗山正
32 2008年12月31日 1600m ネフェルメモリー 牝2 船橋 1:41.8 戸崎圭太 川島正行 木谷ツヤ
33 2009年12月31日 1600m プリマビスティー 牝2 船橋 1:43.4 左海誠二 岡林光浩 備前島敏子
34 2010年12月31日 1600m クラーベセクレタ 牝2 船橋 1:40.1 戸崎圭太 川島正行 (有)サンデーレーシング
35 2011年12月31日 1600m エンジェルツイート 牝2 大井 1:40.8 森泰斗 森下淳平 (株)オリオンファーム
36 2012年12月31日 1600m カイカヨソウ 牝2 船橋 1:43.2 戸崎圭太 川島正行 (有)キャロットファーム
37 2013年12月31日 1600m ブルーセレブ 牝2 川崎 1:44.0 森泰斗 武井和実 黛大介
38 2014年12月31日 1600m ララベル 牝2 大井 1:41.7 真島大輔 荒山勝徳 吉田照哉
39 2015年12月31日 1600m モダンウーマン 牝2 川崎 1:42.4 阿部龍 佐々木仁 (有)グランド牧場
40 2016年12月31日 1600m ピンクドッグウッド 牝2 愛知 1:42.6 戸部尚実 川西毅 尾崎智大

ほかに行われるGRANDAME-JAPAN(2歳シーズン)の構成競走[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

注釈[編集]


出典[編集]

  1. ^ Racing fixture 2015 (PDF)”. 東京シティ競馬:英語版. 2016年3月12日閲覧。
  2. ^ a b c d 平成28年度第15回大井競馬競走番組表(決定) (PDF)”. 東京シティ競馬 : TOKYO CITY KEIBA. 2016年12月29日閲覧。
  3. ^ 大井競馬出走馬一覧表平成28年度第15回大井競馬第6日12月31日(土) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2016年12月29日閲覧。
  4. ^ 東京シティ競馬 レースと日程 第38回 東京2歳優駿牝馬(SI) 2014年11月15日閲覧
  5. ^ web Furlong 2010【グランダム・ジャパン特集】第34回東京2歳優駿牝馬 - 地方競馬全国協会、2014年12月19日閲覧
  6. ^ web Furlong 2012【グランダム・ジャパン特集】第36回東京2歳優駿牝馬 - 地方競馬全国協会、2014年12月19日閲覧
  7. ^ GRANDAME-JAPAN 2016 【出走予定馬】”. 地方競馬全国協会. 2016年12月29日閲覧。
  8. ^ 平成28年度大井競馬競走番組 (PDF)”. 特別区競馬組合. p. 28. 2016年12月29日閲覧。

歴代優勝馬の出典[編集]

Wikinews-logo.svg ウィキニュースに関連記事があります。モダンウーマンが「第39回東京2歳優駿牝馬(SI)選定馬重賞」を勝利、GRANDAME-JAPANの2歳シーズンをも制覇する【2016年1月30日】